格安SIMに乗り換える時に今と同じ携帯番号のままで移行したい場合は、「申請」をします。

「番号そのままの移行」って、やる前は難しく感じるかもしれませんが、簡単です。

MNPってのをやる事になります。

MNPとは?

携帯番号を移すには「MNP」って言う制度を利用し、手続きの申請をします。

実際の引っ越しとかと同じで、携帯番号の「MNP転出」 → 「MNP転入」って事をします。

転出申請は「キャリア(docomo、au、softbank)」に、転入申請は「MVNO(格安SIM会社)」にします。

MNPとは、ただ単に、「その電話番号を扱ってるのは、今はここです」ってするための作業です。

ちなみに、MNPは、モバイル・ナンバー・ポータビリティーの略です。

MNP転出の手続きは「MNP予約番号」を発行してもらうだけ

MNP転出の手続きは、今使用中のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)にて、MNP予約番号を発行してもらうだけです。(発行方法は後述)

MNP転入は「MNP予約番号」を入力するだけ

その後のMNP転入のためにやる事は、その「MNP予約番号」を乗り換える格安SIM会社に伝えるだけです。

と言っても、格安SIMの音声プランを申し込む際にMNP予約番号を入力する項目があるので、そこに入力するだけです。

そうすると、格安SIMで今の電話番号がそのまま使えます。=MNP転入完了

他の人も知ってる「携帯電話番号」で、第三者の物になっちゃったら困るので、MNP転入する際には本人確認書類の提出が必要になります。(MNP転出の際は、キャリアで本人確認しています。)

よくある本人確認書類の提出の仕方の他にも、スマホで撮った本人確認書類の写真をWEB上で提出する事も可能になってます。

なので、楽です。

MNP予約番号の取得方法

MNP予約番号の取得方法は、電話、ネット、ショップ(実店舗)のいずれかでできます。

電話が速くてやりやすいと思います。

また、複数回線の支払いがある代表番号や主回線はショップでしかできない事があります。


MNP予約番号を電話で発行

スマホの電話番号を打つ画面

MNP予約番号を電話で発行する場合のそれぞれのキャリアのやり方は、番号に電話して、音声ガイダンスに従って、携帯番号ポータビリティー等の案内に進むだけです。

ドコモ

「151(携帯からのみ)」「0120-800-000」(どちらも通話料は無料)
受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

関連:ドコモに電話してMNP予約番号を発行する時の手続きの内容

au

携帯・一般共通「0077-75470」(無料)
受付時間:9:00-20:00

ソフトバンク

携帯電話「*5533(米印と5533)」一般「0800-100-5533」(どちらも無料)
AM 9:00~PM 8:00(無休)

MNP予約番号をネットから取得

MNP予約番号をネットから取得する場合は、以下の流れでできます。

ドコモ

スマホ:My docomoログイン→ドコモオンライン手続き
ガラケー:iモード i-menu → お客様サポート → お申込・お手続き

関連:【ドコモ】電話が繋がらない時はパソコンでMNP予約番号を発行!

au

ガラケー:EZボタン→トップメニューまたはauポータルトップ→お客様サポート→申し込む/変更する→ au携帯電話番号ポータビリティー
「スマートフォン、iPhoneではお申し込みいただけません。」との記載

ソフトバンク

ガラケー:My SoftBank → 各種変更手続き → MNP予約関連手続き
「iPhone、スマートフォン、AQUOS ケータイではお申し込みいただけません。」との記載

MNP予約番号はショップでも発行できる

MNP予約番号はショップでも発行できます。

ショップの場合は、どこでも「MNPっていうのをしたいんですけど」、「番号そのまま乗り換えたいんですけど」って伝えればOKです。

ショップの場合は、本人確認書類の持参を忘れない様にして下さい。

MNP予約番号はメールや口頭

MNP予約番号は、電話の場合は口頭で、ネットでやった場合は今の携帯にメールが届きます。

SMS(携帯の番号自体が宛先になってるメール)で。

発行もすぐです。

MNPの注意点

今と同じ電話番号で移行(MNP)をする時に注意しておきたい事は、

  1. 転出・転入は費用がかかる。
  2. 15日以内に転入までやらないと失効する

という事です。

MNPは料金・費用がかかる。

MNPの転出・転入ともに料金・費用がかかります。(転入は契約手数料に含まれていたりもします。)

  • ドコモは2,000円(携帯電話・PHS番号ポータビリティ手数料)
  • auは3,000円(MNP転出予約手数料)
  • ソフトバンクは3,000円(MNP転出手数料)

全て税別です。

転出費用は、解約時に今のキャリアに月額合算で支払います。

転入費用(契約手数料に含まれている)は、格安SIMの初回に請求されます。

契約手数料はどこの格安SIM会社でも3000円+税の所が多いです。

MNP予約番号の有効期限はドコモ・au・ソフトバンク全て15日

MNP予約番号には有効期限があります。ドコモ・au・ソフトバンク全て予約当日を含めて15日が有効期限です。

発行してもらった日が予約当日、です。

また、どこの格安SIMでも転入申請(音声プランに申し込み)した時に、有効期限が大概7日以上残ってないとMNP転入ができないので注意して下さい。(8日の所もあります。)

有効期限の15日以上経って予約番号が失効したら、MNP転出が完了してないって事になるので、今のキャリアのままになってます。
(再度、予約番号の発行申請はできます。)

失効しても再発行はできますが、もう一度やる事になるのは面倒なので、MNP予約番号を発行してもらったら、即、格安SIMに申し込んだ方が良いと思います。

というより、即格安SIMに申し込めるタイミングでMNP予約番号の発行申請をした方が良いです。

MNP転出してMNP転入が完了すると解約

MNP転出して、MNP転入が完了すると(格安SIMとの契約が完了すると)、キャリアの回線は解約になります。

キャリアの解約なので、時期によって解約金がかかります。

解約月の月額はデータプラン分(パケット定額代等の方)は、ちょっとでもパケットを使ったならばどのタイミングでも一ヶ月分まるまる請求され、基本料金の方は日割りで請求されます。

それと同時に解約金や、上述したMNP転出費用も支払う事になります。

キャリアの公式HPで解約前の注意事項も確認しておいて下さい。


「解約金が発生しない月」の確認ももちろん必要ですが、以前のプランの人は、2年に一回しかその期間がないので、それよりもスマホ代を分割で払っている場合は端末代金の割引が残っていないかはホントに確認する様にして下さい。

解約したら、その月からは、割引が消えた「スマホ本体の残りの分割代金」の支払いになるので。
(MNP転出が完了=MNP転入が完了ってなったらキャリアは自動で解約になります。)

残ったスマホの端末代は、解約した後も今までと同じ支払い方法で分割で払っていく事になります。
(分割で購入していた場合。一括に変更する事も可能です。)

ただ、キャリアの月額を考えると、その「割引分が消えたスマホ本体代」を払っていく事になったとしても、格安SIMに乗り換えた場合の方が総額は安くなる事がほとんどです。

関連:「ドコモから格安SIMに乗り換えるタイミングはいつ?解約金関係は家族割と月々サポートを確認!

MNPで格安SIMに乗り換える時の流れ

MNPで格安SIMに乗り換える時の流れは以下です。

MNP予約番号には15日の有効期限があり、7日以上の有効期限がないとMNP転入できないので、やる事の流れ的には、

  1. どの格安SIMのどの容量の音声通話プランに入るか決める
  2. MNP予約番号発行申請をする
  3. 早めに、決めておいた音声通話プランに申し込む(→契約時の流れ

という事になります。

上述しましたが、格安SIMにMNP転入するには(番号そのままで格安SIMの音声プランに申し込むには)、本人確認書類の提出が必要です。

上述した様に方法はいくつかあります。カメラで写真撮ってその申し込み画面で提出とかも可能です。

二台持ち等でデータ用プランの場合は、本人確認書類の提出はありません。番号そのままの移行はしないので。

という事で、番号そのまま格安SIMに乗り換えるには、MNP申請して予約番号を発行してもらい、それを格安SIMの入力項目に打ち込むだけなので、難しくなく、簡単です。

格安SIMに乗り換えるにあたってMNP予約番号を発行するまでに何をしておけば良いのかについては、格安SIMへの移行手続きまでにやる事の流れをご覧下さい。

格安SIM各社の使用回線と3GBの月額は以下の様な状態になってます。

回線 格安SIM会社 音声3GBの月額
au UQモバイル 1980円
WiMAXと併用すると1680円
2回線目以降は1480円
ドコモまたはau

※au回線はSIMフリーVoLTE対応端末のみ
BIGLOBEモバイルを見る 1,600円
ソフトバンクまたはドコモまたはau LINEモバイル 1690円
auまたはドコモまたはソフトバンク mineo 1,510円(au)、1,600円(ドコモ)、1,950円(ソフトバンク)
ドコモ OCN モバイル ONE 1,600円(110MB/日コース≒3GB/月)
ワイモバイル Y!mobileを見る 半年間:1980円
それ以降:2680円
(10分かけ放題付き)
おうち割(光回線と併用)で月500円割引
2回線目以降は、
半年間:1480円
それ以降:2180円
(10分かけ放題付き)
ドコモまたはau

※au回線はSIMフリーVoLTE対応端末のみ
IIJmioを見る 1,600円
ドコモまたはau 楽天モバイル 1,600円(3.1GB)
または
1年目:1480円/月
2年目:2980円/月
(10分かけ放題付)
のスーパーホーダイ
(2GB)

スポンサーリンク