ドコモの151に電話してMNP予約番号をもらおうと思っても、「ただいま大変混み合っています。もうしばらくお待ち下さい。」ってのが何回も続く事があります。

その際には、電話でも機械音声が誘導してくれますが、MNP予約番号はパソコンから発行すればOKです。

が、どうやってやるのか?って疑問が出て来る事があると思うので、この記事ではパソコンでMNP予約番号を発行する時の流れ等を記載します。

必要な物

パソコンでドコモからMNP予約番号を発行するにはdアカウントが必要になります。

どっからできるの?→My docomoから。

パソコンでのMNP予約番号の発行はMy docomo(サイト名)でできます。

流れ

パソコンでのMNP予約番号の発行の流れは以下です。

1.My docomo」に行く(「マイドコモ」とかでネット検索してもOKです。以下、画像はMy docomoの物です。)
マイドコモとネット検索した画面
dアカウントの新規登録もMy docomoからできます。

2.中盤の「d ログインして表示」を押す
My docomoのdログインして表示の箇所

3.dアカウントのIDを入力。パスワードを入力。2段階認証を設定しているならセキュリティコードを入力して、ログインする
(dアカウントのIDを入力して次へを押した段階で、今使ってるドコモの番号宛にSMSが届いています。ショートメール。アプリのメッセージから見れます。)
dアカウントにログインする画面

4.「契約内容・手続き」に進む
My docomoの契約内容・手続きの箇所

5.めっちゃ下行って「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」を押す
My docomoの携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)の箇所

もしくはページ中盤にある検索窓に「MNP」と入力して「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」を押す
My docomoの手続きの検索結果で携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)と出て来た画面

6.「お手続きする」に進む
My docomoの携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)のお手続きの箇所

7.ドコモの今のサービスが出るので読む&下に行く

8.MNP予約番号を発行するなら「解約お手続き」を押す
MNP予約番号を発行するには下の方の解約お手続きに進む

9.MNPのお手続きによる注意事項を読み、下の「上記注意事項を確認しました。」にチェックをつける×3
My docomoでのMNP予約番号発行時に注意事項を確認して、上記注意事項を確認しました。にチェックを付ける画面
パソコンでやってる場合はdアカウントを発行しているって事なのでdポイントは引き続き使えます。

次へ、に進む

10.携帯電話番号ポータビリティを予約するにチェックが入ってるのでそのまま、下に行き、次へ、に進む
My docomoで携帯電話番号ポータビリティ(MNP)をする時の携帯電話番号ポータビリティを予約するにチェックがついている画面
この画面で受付確認メールの送信先も指定できます。

ここがまだ@docomo.ne.jpになってる場合はdアカウントで登録しているアドレスが@docomo.ne.jpのみの可能性があるので注意して下さい。

@gmail.comとか、@icloud.comとかに変更しておく方が良いです。

変更も、My docomoログイン→上部の「設定(メール等)」→「dアカウントメニュー」→「連絡先メールアドレスの確認・変更」、で新しくメアドを登録できますし、@docomo.ne.jpの登録を削除って事ができます。

11.下行って、手続きを完了する、を押す
My docomoでMNP予約番号を発行する時の手続きを完了する

12.完了!パソコンからのドコモでのMNP予約番号の発行手続きが完了した画面

かなり長い事使ってたので、この文言にちょい来ました。
ドコモでのMNP予約番号を発行した後の画面の長い間NTTドコモをご利用いただきありがとうございました。って出てる画面

MNP予約番号と有効期限はメモしておいて下さい。(My docomoにログインすればまた見れます。)

あとは、ここで発行したMNP予約番号と有効期限を格安SIM等の音声SIMのMNP申し込みの時に入力すればOKです!!

私はLINEモバイルのソフトバンク回線にしました。

各社の3GBの月額は以下の様な状態です。

回線 格安SIM会社 音声3GBの月額
au UQモバイル 1980円
WiMAXと併用すると1680円
2回線目以降は1480円
ドコモまたはau

※au回線はSIMフリーVoLTE対応端末のみ
BIGLOBEモバイルを見る 1,600円
ソフトバンクまたはドコモまたはau LINEモバイル 1690円
auまたはドコモまたはソフトバンク mineo 1,510円(au)、1,600円(ドコモ)、1,950円(ソフトバンク)
ドコモ OCN モバイル ONE 1,600円(110MB/日コース≒3GB/月)
ワイモバイル Y!mobileを見る 半年間:1980円
それ以降:2680円
(10分かけ放題付き)
おうち割(光回線と併用)で月500円割引
2回線目以降は、
半年間:1480円
それ以降:2180円
(10分かけ放題付き)
ドコモまたはau

※au回線はSIMフリーVoLTE対応端末のみ
IIJmioを見る 1,600円
ドコモまたはau 楽天モバイル 1,600円(3.1GB)
または
1年目:1480円/月
2年目:2980円/月
(10分かけ放題付)
のスーパーホーダイ
(2GB)

かかった時間

MNP予約番号の発行にかかった時間は、5分弱でした。

dアカウントをもう既に持ってる&MNPの注意事項などを前もって調べてるって場合は時間かからないかと思います。

なので、151に電話しても繋がらないって時は、パソコンでやるのが楽かと思います。dアカウント持ってるならば。

毎週火曜の夜10時30分~翌日午前7時はシステムメンテナンスなので注意

My docomoからやるドコモオンライン手続きは、毎週火曜の夜10時30分~翌日午前7時はシステムメンテナンスなので注意しておいて下さい。
ドコモオンライン手続きは毎週火曜の夜中はメンテナンス

夜~深夜なのであんま問題ないとは思いますが。

スマホからは予約の取り消しのみ可能

スマホからは予約の取り消しのみ可能です。なので、MNP予約番号の発行はパソコンからって事になってます。

複数回線の代表回線はMNPはパソコンからはできない事に注意

また、複数回線の代表回線はMNP予約番号の発行はパソコンからはできない事に注意しておいて下さい。

電話だったり、ドコモショップでやる事になります。

具体的には、一括請求/一括送付サービスの代表番号、3回線以上でファミリー割引を契約している代表回線はパソコンからはできないって事になってます。↓
ドコモのMNP予約番号の発行はパソコンの場合は一括請求、一括送付サービスの代表番号、3回線以上でファミリー割引を契約している代表回線は発行できない

MNPの費用は2000円+税

MNPを完了した場合には、その翌月に2000円+税の「携帯電話番号ポータビリティ費用」がかかります。
ドコモのMNP転出は2000円+税がかかる

これはドコモからの月額請求と合わせて支払う事になります。(自分でやる事は何もないです。)

MNP予約番号を発行しただけでかかるわけではなく、あくまでもMNP転出が完了(ドコモを自動で解約)した場合に、かかるって費用です。

予約の解除や予約の有効期限を超えた場合等々、MNP転出が完了しない場合にはこの手数料はかからないです。
MNP予約番号を発行後に予約の解除をしたり、予約の有効期限を超えた場合にはMNP転出の手数料はかからない事が記載されている画面

この場合には、再度MNP予約番号を発行すればOKです。同じ流れで。

って事で、パソコンでのドコモのMNP予約番号の発行方法についてでした。

151にかけても電話が繋がらない時はパソコンからやればOKです。

dアカウントが必要なので、持ってるなら楽ですし、ないなら新規作成って手間は一応はかかります。

面倒なのかな?って思う事があるかも知れませんが、5分くらいなのですぐ発行できます。

私が今から格安SIMに申し込むならば、以下のいずれかの格安SIMを契約します。

▲シェアなし

◎ピーク時の速度!
WiMAXと併用すると毎月300円割引でずっと月1680円!
家族割で2回線目以降はずっと月1480円!
縛りなし!
UQモバイル
▲繰り越し分がシェアの対象外
ピーク時の速度
3GBの値段がちょっとだけ高い

◎ソフトバンク回線の音声SIM!
1GBプランでLINEのGB減らず値段も安い!
3GBプランで主要SNSのGBが減らない!
LINEでID検索可能
LINEモバイル