格安SIMを検討中に申し込み画面を見てみると、「SIMカードのサイズ」を選択する項目があり、一見すると申し込みの敷居が高いって感じる事があると思うので、SIMカードのサイズの確認の仕方を記載します。

といっても簡単です。

SIMカードのサイズは各社の「動作確認済み端末」で確認できます。

各社のHPで「動作確認済み端末」の表を確認

SIMカードのサイズは目当ての格安SIM会社のHPに行って「動作確認済み端末」の表を見れば確認できます。

使用している端末の型番(機種名)の項目を見つけて、SIMカードのサイズを確認して下さい。

どの格安SIM会社もメーカーや機種名で検索でき、一覧から絞れるのですぐ見つけられます。

SIMカードのサイズは、nanoSIM、microSIM、SIMと三種類あります。
三種類あるSIMカードのサイズの内のnanoSIM
au回線の所でau VoLTE対応の機種にする場合は、au VoLTEのマルチSIM=複数のサイズに対応したSIMもあります。

nanoSIMとmicroSIMが多いです。

以下の様な格安SIM会社のHPに行き、「動作確認済み端末」のページに進むとSIMカードのサイズが確認できます。

回線 格安SIM会社 音声3GBの月額
au UQモバイル 1980円
WiMAXと併用すると1680円
2回線目以降は1480円
ドコモまたはau

※au回線はSIMフリーVoLTE対応端末のみ
BIGLOBEモバイルを見る 1,600円
ソフトバンクまたはドコモまたはau LINEモバイル 1690円
auまたはドコモまたはソフトバンク mineo 1,510円(au)、1,600円(ドコモ)、1,950円(ソフトバンク)
ドコモ OCN モバイル ONE 1,600円(110MB/日コース≒3GB/月)
ワイモバイル Y!mobileを見る 半年間:1980円
それ以降:2680円
(10分かけ放題付き)
おうち割(光回線と併用)で月500円割引
2回線目以降は、
半年間:1480円
それ以降:2180円
(10分かけ放題付き)
ドコモまたはau

※au回線はSIMフリーVoLTE対応端末のみ
IIJmioを見る 1,600円
ドコモまたはau 楽天モバイル 1,600円(3.1GB)
または
1年目:1480円/月
2年目:2980円/月
(10分かけ放題付)
のスーパーホーダイ
(2GB)

ここを確認しておかないと、申込んでSIMカードが届いても、サイズが合わないって事になり、サイズ変更で手数料がかかったりって事があるので注意しておいて下さい。

今のiPhoneはどれも基本nanoSIMです。なので後にiPhoneを新機種にしてもそのままSIMカードを入れ替えるだけで済みます。

使ってるスマホの型番(機種名)の調べ方

使用している端末の型番(機種名)が分からない場合には以下の様にして確認できます。

Androidの場合

使用しているスマホがAndroidの場合(≒iPhoneじゃない場合)は、以下の2通りで型番を確認できます。

  1. スマホ本体の前面や裏面に型番が記載されている
  2. 「設定」アプリを開く→「端末情報」→「モデル番号」を確認。
    ※モデル番号が使ってるスマホの型番です。

型番を確認したら、動作確認済み端末で型番で絞り込んでSIMカードのサイズを確認するのが楽です。

他には、型番でネット検索すると、そのスマホのメーカーのHPが出て来るので仕様表にてSIMカードのサイズを確認できます。

iPhoneの場合

iPhoneの場合は、本体裏面の「Model」の横の英数字を確認すると型番(機種名)が分かります。
iPhoneの型番は裏面にあるModelの横の英数字を確認する

本体裏面の「Model」の横の英数字 iPhoneのモデル SIMカードのサイズ
A1902
(FeliCa対応のみ記載)
iPhone X nano-SIMカード
A1906
(FeliCa対応のみ記載)
iPhone 8 nano-SIMカード
A1898
(FeliCa対応のみ記載)
iPhone 8 Plus nano-SIMカード
A1779
(FeliCa対応のみ記載)
iPhone 7 nano-SIMカード
A1785
(FeliCa対応のみ記載)
iPhone 7 Plus nano-SIMカード
A1633
A1688
A1700
iPhone 6s nano-SIMカード
A1634
A1687
A1699
iPhone 6s Plus nano-SIMカード
A1549
A1586
A1589
iPhone 6 nano-SIMカード
A1522
A1524
A1593
iPhone 6 Plus nano-SIMカード
A1453
A1457
A1518
A1528
A1530
A1533
iPhone 5s nano-SIMカード
A1456
A1507
A1516
A1529
A1532
iPhone 5c nano-SIMカード
A1428
A1429
A1442
iPhone 5 nano-SIMカード
A1431
A1387
A1387
iPhone 4s micro-SIMカード
A1349
A1332
iPhone 4 micro-SIMカード

出所:Apple|iPhone のモデルの調べ方

iPadの場合

iPadの場合も同様に、本体裏面の「Model」の横の英数字を確認すると型番(機種名)が分かります。

本体裏面の「Model」の横の英数字 iPadのモデル SIMカードのサイズ
A1954 iPad Wi-Fi + Cellular
(第6世代)
nano-SIMカード
A1671 iPad Pro Wi-Fi + Cellular
(12.9-inch)
(第2世代)
nano-SIMカード
A1823 iPad Wi-Fi + Cellular
(第5世代)
nano-SIMカード
A1709 iPad Pro Wi-Fi + Cellular
(10.5-inch)
nano-SIMカード
A1674
A1675
iPad Pro Wi-Fi + Cellular
(9.7-inch)
nano-SIMカード
A1550 iPad mini 4 Wi-Fi + Cellular nano-SIMカード
A1652 iPad Pro Wi-Fi + Cellular
(12.9-inch)
nano-SIMカード
A1567 iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular nano-SIMカード
A1600 iPad mini 3 Wi-Fi + Cellular nano-SIMカード
A1475 iPad Air Wi-Fi + Cellular nano-SIMカード
A1490 iPad mini 2 Wi-Fi + Cellular nano-SIMカード

出所:Apple|iPad のモデルを識別する

iPad版には「Wifi版」と「Wifi-Cellular版」がありますが、格安SIMのSIMカードを挿して単体で使いたい場合には、「Wifi-Cellular版」である必要があります。※「Wifi版」はSIMカードを挿す所(SIMカードスロット)自体ありません。

本体裏面の「Model」の横の英数字は、「Wifi版」と「Wifi-Cellular版」で異なるため、どちらなのかも英数字の確認だけで判断できる様になっています。
例:iPad Air Wi-Fiは「A1474」、iPad Air Wi-Fi + Cellularは「A1475」

動作確認済みに載っていない機種を使いたい場合には?

iPadの「Wifi版」や「iOSアップデートしてるau版の6より前のiPhone」を持っていて外でも使いたいって場合には、SIMフリーのモバイルルーターを購入し、そのSIMフリーモバイルルーターに格安SIMのSIMカードを挿せば、外出先でもネットに繋げます。

AndroidやWindowsのタブレットでSIMカードスロットがない物を使いたい場合も同様です。

SIMフリーのモバイルルーターも、セットで販売されている格安SIM会社もあります。

どこで買うかにもよりますが、一括だと大体15000円~20000円+税程度です。

もちろんデータ通信の月額は、普通にスマホやタブレットに直接挿す時と同じです。

もしくは、ポケットWifi(WiMAXやキャリアの回線を使用している物。BroadWiMAXだったり、どんなときもWiFiだったり。)を使えば出先でもネット接続できます。

こっちは基本大容量GBもしくは使い放題なので動画等、GBを多く消費する用途でも気兼ねなく使えます。

自宅のネット回線との兼用って感じで使えます。(スマホとモバイルWifiの二台持ちは月額的にも通信量的にも節約に寄与

SIMカードのサイズの確認方法のまとめ

という事でSIMカードのサイズの確認方法でした。

まとめると、

  • 目当ての格安SIM会社の「動作確認済み端末」のページに行く。
  • 一覧から自分のスマホの型番(機種名)の項目にてSIMカードのサイズを確認する
  • 型番(機種名)が分からない場合は、Androidはスマホ本体または「設定」アプリから確認
  • iPhone、iPadの場合は本体裏面の英数字から確認

という事になります。

申し込みに際し、音声プランにすれば良いのか、データプランにすれば良いのか分からない場合には「音声通話付きSIMとデータ通信専用SIMのどっちを選べば良いのか」をご覧下さい。

私が今から格安SIMに申し込むならば、以下のいずれかの格安SIMを契約します。

▲シェアなし

◎ピーク時の速度!
WiMAXと併用すると毎月300円割引でずっと月1680円!
家族割で2回線目以降はずっと月1480円!
縛りなし!
UQモバイル
▲繰り越し分がシェアの対象外
ピーク時の速度
3GBの値段がちょっとだけ高い

◎ソフトバンク回線の音声SIM!
1GBプランでLINEのGB減らず値段も安い!
3GBプランで主要SNSのGBが減らない!
LINEでID検索可能
LINEモバイル

スポンサーリンク