iPhoneはSIMロック解除すればどこでもOK

SIMロック解除したiPhoneはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線どの格安SIMでも使えます。

キャリアで買ったiPhoneをキャリアの手続きでSIMロック解除したiPhoneはSIMフリー版と同じです。

なので、ドコモ回線もau回線もソフトバンク回線も使えます。

SIMロック解除できるiPhoneならば、ソフトバンクで買ったiPhoneをmineo(マイネオ)にする事もできますし、auで買ったiPhoneでもBIGLOBEモバイルのタイプDにする事もできますし、ドコモで買ったiPhoneをLINEモバイルのソフトバンク回線で使うっていう事なんかもちゃんとできます。

SIMロック解除対象のiPhone

キャリアで買ったiPhoneでSIMロック解除対象のiPhoneは、以下です。

docomoもauもsoftbankもSIMロック解除できるiPhoneは同じです。
また、SIMロック解除は基本購入から101日以上は経っている必要があります。

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X

自分のiPhoneが何なのかは裏面の英数字を見て判断します。

どこで買ったとしてもSIMロック解除したら同じ

上記のiPhoneはSIMロックを解除すれば全て同じ状態です。

モデルが同じなら、ドコモで買ったiPhoneも、auで買ったiPhoneも、ソフトバンクで買ったiPhoneも、SIMロック解除すれば全て同じiPhoneです。

キャリアの正規手順でSIMロック解除できる上記のiPhoneは、3Gの電話に関係してくる通信規格(ドコモ、ソフトバンクはW-CDMA、auはCDMA2000という物)も、どの回線でも問題ないです。

LTEのバンドもどのキャリアで売られてたiPhoneでもモデルが同じなら全く同じです。

「売られてた=そのキャリアの回線で問題ないから売られてた。」って状態なので、どの回線の格安SIMにするとしてもLTEバンドも問題ないです。

なので、どの回線だったとしても好きな格安SIMにしてOKです。

mineoのauプラン・ドコモプラン・ソフトバンクプラン、IIJmioのタイプD・タイプA、LINEモバイルのソフトバンク回線・ドコモ回線、等々、どれ選んでもOKです。

どの回線の格安SIMにするかでエリアは微妙に変わる

ただ、どの回線の格安SIMにするかで繋がるエリアとその場所での通信速度は微妙に変わります。

どのキャリアもエリアにそこまで大きな差はないですが、「この地域はドコモが繋がりやすい」とかの差はあります。

ドコモ、au、ソフトバンク、それぞれで使っている周波数帯(Bandの箇所)が違うからです。

SIMロック解除した同じモデルのiPhoneなら、対応している周波数帯は同じですが、回線が使ってる周波数帯が3キャリアで異なるので、同じiPhoneでも繋がるエリアが微妙に変わって来ます。

心配な場合には、今までと同じ回線にしておくのが一番シンプルです。

ただ、これだとauの方やソフトバンクの方は選択肢が少なくなっちゃいますが。

今までのキャリアと違う回線の格安SIMにする場合で、エリアが心配ならば、申し込む格安SIMで使われている回線(↓)のキャリアのHPにいき、「サービスエリア」を見て、自分の地域や行動範囲のエリアが問題ないかを確認する様にして下さい。

それぞれの格安SIMで使われている回線は以下です。

回線 格安SIM会社 音声3GBの月額
ドコモまたはau

※au回線はSIMフリーVoLTE対応端末のみ
BIGLOBEモバイルを見る 1,600円
au UQモバイルを見る 1,680円又は
1年目2980円~
2年目3980円~
(無料通話&端末代~)
ドコモまたはau

※au回線はSIMフリーVoLTE対応端末のみ
IIJmioを見る 1,600円
ソフトバンクまたはドコモ LINEモバイル 1690円
auまたはドコモまたはソフトバンク mineoを見る 1,510円(au)、1,600円(ドコモ)
ドコモ DMMモバイル 1,500円
ドコモ 楽天モバイル 1,600円(3.1GB)
ドコモ OCN モバイル ONE 1,600円(110MB/日コース≒3GB/月)
ドコモ DTI SIM 1490円
ドコモ
ワイモバイル(かけ放題プラン)
U-mobile 1,580円(3GB固定のプランの月額)
ワイモバイル Y!mobile 1年目:2980円
2年目以降:3980円
(10分かけ放題付き)
ドコモ b-mobileを見る 1,800円/3000MB
「b-mobile おかわりSIM」で3GB相当まで使用した時の月額

購入キャリアと格安SIMの回線を合わせなくてもOK

上述しましたが、心配な方がいると思うので再度記載なのですが、auで買ったiPhoneだからと言って、mineoのAプランから選ばないといけない、とか、UQ mobileから、とか、IIJmioのタイプA(要SIMフリー)から、とかは気にしなくてOKです。

auで買ったiPhoneでも、キャリアの手続きでSIMロック解除したiPhone(正規の手順でSIMロック解除したiPhone)ならば、BIGLOBE SIM(BIGLOBE mobile)のタイプDもOKですし、mineoのDプランもOKですし、Ymobile、LINEモバイルのソフトバンク回線の方なんかも選択肢にしてOKです。

もちろんauで買ったiPhoneをそのままau回線の格安SIMにするのもOKです。

他も同じで、ドコモやソフトバンクで買ったiPhoneは、ドコモ回線・ソフトバンク回線の格安SIMでも使えますし、SIMロック解除したならば、au回線の格安SIMもオッケーですし、Ymobileなんかも選択肢にできます。

テザリングしたいなら基本ドコモ回線

格安SIMでテザリングをしたいなら、基本ドコモ回線の所が選択肢になります。
(動作確認をしてちゃんとテザリングが○になってるという意味で安心なので。)

mineoのAプラン等のau回線では、iPhoneでのテザリングはau VoLTE(マルチSIM)も、nanoSIMもテザリング不可になってたりとかがあるので。

マイネオのauプラン、ドコモプランのどっちにするか迷う事があると思いますが、テザリング等の面で違いがあります。

それぞれの格安SIM会社の「動作確認済み端末」のページを見ると、基本au回線とソフトバンク回線(ワイモバイル回線)の所はiPhoneではテザリングはできないとの表示です。

ただ、UQ mobileはau回線ですが、テザリングOKになってるiPhoneもあります。

また、LINEモバイルのソフトバンク回線は、基本iPhoneでのテザリングは可能になってます。(LINEモバイルは、ソフトバンクが51%出資、LINEが49%出資という状態の格安スマホ会社です。)

どちらにしろ、テザリングの可否は、申し込みの前にそれぞれのサイトにある「動作確認済み端末」のページでちゃんと確認した方が良いです。

申し込みにあたっての安心感が違って来るので。

という事で、SIMロック解除したiPhoneに関してでした。

SIMロック解除したならば、どのキャリアで買ったiPhoneでも同じ状態のiPhoneなので、どの回線の格安SIMにしてもOKです。

で、iPhoneでテザリングをしたい場合は基本、動作確認されてるドコモ回線って感じになります。

格安SIM会社に申し込んだらSIMカード↓が届くので、それを台紙から取り外します。
格安SIM会社から届くSIMカード

あとは、自分のiPhoneに切り欠き合わせて入れればオッケーです。

こんな感じです。
格安SIMに申し込んでSIMカード入れればOK

私が今から格安SIMに申し込むならば、以下のいずれかの格安SIMを契約します。

BIGLOBEモバイルをみる シェア系で6GBにするならBIGLOBEモバイル
(YouTube見放題オプション)
IIJmio(みおふぉん)をみる シェア系で12GBにするならIIJmio
(バースト機能)
LINEモバイル スマホにバンド8があって1GB・3GB
→LINEモバイルのソフトバンク回線
UQモバイルをみる SIMフリーでVoLTE対応でバンド18又は26があるスマホ
→UQモバイルの「データ高速+音声通話プラン」
mineoを見る 万能。家族以外ともシェアしたいならmineo

スポンサーリンク