Apple Payに登録するクレジットカード次第で「iD」で使うか「QUICPay」で使うかわかれるのですが、エポスカードは、Apple PayではQUICPay(クイックペイ)になるカードです。

エポスカード作ったらApple Pay使おって思ってる場合に、どう使う電子マネーなのか前もって知っておきたいって事があると思うので、クイックペイについて記載します。

チャージ作業自体がない

QUICPay(クイックペイ)は、チャージ作業がない、後払い式の電子マネーです。

クレカと同様に、前もってのチャージ作業などはなく、先に使って、後でまとめて引き落としされるっていう使い方をする電子マネー。

チャージ方法とかチャージの仕方とかを公式HP等で探す事があると思いますが、チャージ自体がなく書きようがないので、やり方はそもそも掲載されてないです。

後払い式の電子マネーを始めて使う場合は結構疑問が出て来ると思いますが、チャージって概念がない電子マネーです。

払う時は、現金を出してたタイミングで「クイックペイで。」

使い方は簡単です。

使い方というか払い方、です。(チャージ作業がないので払い方のみ確認しておけば使えます。)

クイックペイで払う時は、現金での買い物の時にレジで現金を出してたタイミングで、iPhoneの認証をやり「クイックペイで。」と店員さんに伝えます。

で、読み取り機が光ったら読み取り機にiPhoneをかざすって流れで支払います。

支払いが完了すると「クイックペイ♪」と音が鳴ります。

もうこれでiPhoneしまってOKです。

Suicaで払う時の「スイカで。」って伝えるのが、「クイックペイで。」になるだけ、って感じです。

違いは、Suicaは前もってのチャージが必要ですが(iPhoneでのSuicaなので、チャージは簡単ですが。)、QUICPayはチャージ作業はないって部分です。

使った額はクレカ利用と合算して同時に引き落とし

クイックペイ払いで使った額は、エポスカードの利用分になります。

ただ単にエポスカードへの請求になる

エポスカードのクレジットカード利用と合算して、同時に引き落としされます。

月1で。

なので、チャージ作業がなくても買い物ができる様になっています。

クイックペイ払いはポイントがちゃんとつく!

クイックペイ払いはエポスカードのポイントがちゃんとつきます!

エポスカードなら200円につき1ポイントがつきます。

「クイックペイ♪」払いで。

使えるお店はたくさん

クイックペイが使えるお店は、クイックペイのHPに記載されています。

コンビニや、ファミレス、ドラッグストア、マクドナルド、すき家、ガソリンスタンド等々かなりあります。

Apple Payのおかげもあり、クイックペイの対応店舗はかなり拡がりました。

使えるお店ではレジの横等にステッカーが貼られているので、そこに、青字にちょい赤のQUICPayのロゴがあるかを確認すればOKです。

エポスゴールドカードにしたらSuicaがおすすめ

エポスカードは使っていったら上位カードのエポスゴールドカードへの招待が届く事があるのですが、エポスゴールドカードに切り替えたらならば、Apple Payで使う電子マネーはメインはSuicaにするのがおすすめです。

エポスゴールドカードはSuica利用の還元率がかなり高くできるっていうクレジットカードなので。

エポスゴールドカードは、招待で切り替えたら最初からずっと年会費無料で持てるゴールドカードです。

インビテーション(招待)が来たら切り替えるのがおすすめです。

という事で、Apple Payでのエポスカード利用についてでした。

Apple Payにエポスカードを登録すると、電子マネー「クイックペイ」として使う事になります。

チャージとかはなく、そのまま買い物行って、「クイックペイで。」と言って払えます。

支払いは、月1でエポスカードのその他の利用と合わせて引き落とされるっていう使い方をする事になります。

エポスカード