GMOとくとくBBのWiMAXの端末は機械ですので、使っているうちに壊れることがあります。

GMOとくとくBBのWiMAXが壊れる原因は、落として衝撃を加えてしまったり水漏れしたりと様々です。

普通に取り扱っている分にはほとんど故障はしませんが、持ち運ぶ事が多いならば大事に取り扱う意識は必要になります。

「もしかしてWiMAX2+の本体壊れたかも・・・」ってなった時は、この記事の内容をチェックしておいて下さい。

GMOのWiMAXを見る

電源・充電・液晶画面などトラブル別の対処法

GMOとくとくBBのWiMAXが故障した時は、まず最初に症状を確認する必要があります。

WiMAXを利用していてトラブルが起こった時は以下の様に、状態に合わせて対処する様にして下さい。

トラブル内容 対処法
電源が切れてしまう ICカードを抜き差ししたり、電池パックの汚れを取り除いたりする
電源が入らない 本体や電池パックの充電端子を綿棒で綺麗にする
(接触不良を改善する)
充電ができなくなった 30分以上は充電して様子を見る
(一定時間が経過した後は電池が空になっている可能性が高い)
充電したのにすぐ電源が落ちる バッテリーを交換する
(充電や放電を繰り返すことで、バッテリーが経年劣化している可能性)
液晶画面が付かなくなった 電池パックを取り外してから再起動する
(動作が不安定になっている可能性)
液晶画面が固まって動かない ディスプレイの設定画面で点灯時間を長めに設定する
タッチパネルが反応しない 貼ってるなら液晶保護フィルムをはがして操作
(ディスプレイに液晶保護フィルムを貼り付けていると反応が悪くなりやすい)
インターネットに接続できない 公式サイトで障害発生状況を確認なども含めて対処
(エリア判定で「◯」の場合は、利用場所でエリア障害が発生している可能性などもある)
アップデートができない 端末を電波の良い窓際などに置いて、通信状態を良好にする

何かしらのトラブルが起こったからといって、直ぐにWiMAX2+の本体を買い替えなきゃいけないってわけではないです。

トラブルの状態に合わせて、できる事をして様子を見てみてください。

故障した時はauショップに持って行って修理

自分で対処してみても全く動かない場合は、WiMAX2+の端末本体を修理に出す事になります。

端末がどのような状態なのか把握した後に、次の手順で修理の手続きをしていきましょう。

  1. GMOのカスタマーサポートのとくとくBBお客様センター(0570-045-109)に電話をかける
  2. WiMAX用のSIMに割り当てられた端末番号のMSISDNを教えてもらう(契約書には記載されていない情報)
  3. 「端末本体」「SIMカード」「本人確認書類」「ACアダプタやクレードル」を持ってauショップに向かう
  4. 「MSISDN」「登録名義」「電話番号」「生年月日」といった情報を伝えて、WiMAX2+の端末を預ける
  5. 一定期間待つ
  6. 修理が終わった端末をauショップで受け取って完了

電池パックの汚れを取り除いたり再起動したりといった対処をしても正常に作動しない場合は、WiMAX2+の本体をauショップに持って行って修理に出す事になります。

本家のUQコミュニケーションズと契約していなくても(プロバイダがGMOとくとくBBでも)、GMOとくとくBBのWiMAXの端末も対応してくれます。

1年未満はメーカー保証

WiMAX本体は1年間のメーカー保証があります。

なので、GMOとくとくBBのWiMAXを使い始めて1年未満って場合でメーカー保証が適用できる内容ならば特に問題ないです。

故障や修理のための安心サポートは続けた方が良いの?

GMOとくとくBBのWiMAXでは、万が一WiMAX2+の本体が壊れた時のために、無償修理してくれる安心サポートが用意されています。
(契約時の同時申し込みのみ。一旦強制加入で、その後、解約するかしないかっていうオプションです。)

入っていなく1年も経過してるって場合に、修理が必要になったら費用は基本的には自費なので、「安心サポートの加入は続けた方が良いのかな?」と迷う方もいると思います。

ただ、GMOとくとくBBのWiMAXの安心サポートはそこまで必要ではありません。

  • 自然故障に対応している「安心サポート」で年額3,600円かかる、水漏れにも対応の「安心サポートワイド」は年額6,000円が必要
  • WiMAX本体はスマホやタブレットと比較すると操作する機会が少なく、壊れるリスクが少ない
  • 前述した様にWiMAX2+を購入してから1年間は、メーカー保証が付いている
  • オプションに加入していても半年間に1回のみ利用可能

「安心サポート」で月額300円、「安心サポートワイド」で月額500円で、メーカー保証1年間、で、半年間に1回のみ、で、GMOとくとくBBの契約は2年間の定期契約が主、なので、私はあまり必要性はないかと思います。

最初は強制加入ですが、GMOとくとくBBのWiMAXを契約した後にマイページから「有料オプションの解約手続き」をすれば解約できます。

WiMAX本体は、普通に取り扱っている分には壊れたりする事はマレですし、水漏れについてもそういった場所で使う自体あまりないと思いますので、あまり続ける必要はないかと思います。

という事で、GMOとくとくBBのWiMAX本体が壊れたり故障したら修理はどうしたら良いの?って疑問に関してでした。

やれる事やって、それでもダメだったらauショップで修理してもらう事になります。1年間はメーカー保証があります。

GMOのWiMAXを見る