GMOとくとくBBのWiMAXを契約後に、「インターネットに繋がらなかった」「さっきまでネット接続できてたのに繋がらない!」って状態になる事があります。

突然パソコンやタブレット、スマホがネットに繋がらなくなると、WiMAXの本体が故障したのではないかと焦ってしまう事もあると思います。

なので、この記事ではGMOとくとくBBのWiMAXでネットに繋がらないってなった時に試したり確認したりする事を記載します。

GMOのWiMAXを見る

外出先なら(いつもと違う場所なら)エリアを確認

WiMAX2+はエリア外だと圏外でネットに繋がらないので、外出先でネットに繋がらなくなった(いつもと違う場所での利用)なら、公式サイトでサービスエリアを確認する様にして下さい。

圏外ならこれはしょうがないのでまず最初に確認して下さい。

室内の奥まった所で電波が悪くて圏外になっている

GMOとくとくBBのWiMAXは、「エリア内であればどこでも繋がる」というわけではありません。

LTEと比較して高速でインターネット接続ができるメリットがありますが、WiMAX2+は障害物に弱いという特徴があります。

なので、室内でも窓から遠かったり電波が悪かったりする場所だと、圏外やネット接続が切れやすくなります。

圏外だと何をしてもインターネットに繋がりませんので、そうなった場合には「電波が入りやすい窓際に本体を置いてネット接続してみる」というのを試してみて下さい。

再起動してみる

また、それでもネット接続が回復しない場合には、「WiMAX2+の端末の電源ボタンを長押しして再起動」をしてみて下さい。

固定回線のルーターと同様、一旦電源切る→5分・10分時間おく→再起動で問題なく繋がる様になる事もあります。

他の機器による電波干渉を受けている

WiMAX2+などのモバイルWiFiは、他の機器で電波が混雑している場所だと電波干渉を受けて繋がらないことがあります。

「電子レンジなどの家電製品の電磁波による影響を受ける」⇒「他の通信機器の発する電波と干渉する」⇒「WiMAX2+が繋がりにくくなる」という事があります。

WiMAX2+のアンテナが立っているのにインターネットに繋がらない時は電波干渉の可能性があるため、室内ならば2.4GHzから5GHzに切り替えてみて下さい。

2.4GHzは障害物に弱い電波なのに対して、5GHzは電波干渉に強いのが特徴で、室内ならば5GHzは使えます。

切り替えは次の2つのやり方でできます。

  • ルーターで「設定」⇒「通信設定」⇒「WiFi設定」と進めて切り替える
  • WiMAX2+のクイック設定WebのLAN設定から変更する

ただ、5GHzは障害物に弱いため、モバイルルーターとネット接続した機器の位置関係によっては逆に繋がりにくい部分もある、というのは覚えておいてください。

データ通信量のオーバーで速度制限を受けている

GMOとくとくBBのWiMAXを使っていてインターネットに繋がらない(全然サイトを読み込まない、全然動画が始まらない等々)、の場合には、データ通信量を超えた、というのも原因として考えられます。

この場合は、インターネットに接続できないのではなく、速度制限を受けて遅くなっているので、結果的にはネット接続できないのと同じになってる、という感じです。

なので、7GBプランでGMOのWiMAXを使ってるって場合にはGBを超えたかもってのを考えてみて下さい。特に月末など。

関連:GMOとくとくBBのWiMAXのデータ通信量を確認する方法

この場合は、特にやれる事はないので、翌月にGBが回復するまで待つって事になります。

また、ギガ放題プランだとしても使い方によっては遅っそいな~ってなる事はあります。

GMOとくとくBBのWiMAXのギガ放題プランは使い放題のプランだとイメージしている方もいると思います、次のような制限があります。

  • 3日間で10GBの使用量を超えると速度制限
  • 翌日の18時から26時まで1Mbpsに速度が低下する

関連:GMOとくとくBBのWiMAXの契約でどっちか迷ったらギガ放題プランがおすすめ


1Mbpsという速度は、「ホームページの閲覧はできるが高画質の動画の再生は難しい」というぐらいの速度です。

この速度制限を受けた時も対処のしようがなく、解除されるのを待つしかありません。
(翌日まで待てばOK)

GMOとくとくBBのWiMAXのギガ放題プランに加入している方でも、データ通信量の過度な使いすぎには注意する必要がある、というのは覚えておいて下さい。

WiMAX2+の回線自体に通信障害が発生している

また、急にWiMAX2+でネットに繋がらなくなった場合、回線自体に通信障害が発生しているって可能性もなくはありません。

この場合は特にやれる事もなく、仕方がありませんので、復旧まで待つ事になります。

急いでやる事があるのでならばスマホのテザリングを利用したりして。

WiMAX2+の通信障害に関しては、本家のUQコミュニケーションズの公式サイト内の以下のページで確認できます。

  • 障害発生状況に関するお知らせ
  • UQ mobileの障害状況
  • UQ WiMAXの障害発生状況
  • 復旧状況

復旧作業に1日や2日を費やすことはほぼなく、WiMAX2+を運営しているUQコミュニケーションズが直ぐに対応をアナウンスしてくれるかと思います。

GMOとくとくBBのWiMAXの回線はUQコミュニケーションズから提供されているものを使っていますので、インターネットに繋がらない時は公式サイトで今の状況をチェックしてみてください。

初期化をしてみる

上記の様な事を試しても・確認してみても、それでもダメって場合には、「本体のmicroUSBポート横の小さい穴の中にあるリセットボタンを押して、本体を初期化」を試してみて下さい。

初期化と聞くと不安に感じる方もいるかと思いますが、初期化、はWiMAX本体が自宅に届けられた時の状態に戻るだけです。

という事で、GMOのWiMAXでネットに繋がらないってなった時に試したり確認したりする事でした。

とりあえず、窓際に置く、再起動してみる、というのを最初にやってみて下さい。

また、スマホとかで使っているならスマホ自体の問題って事もあるので、他の機器ではネットに繋がるのかを確認したり、スマホが機内モードになっていないか等を確認したり、スマホ自体の再起動も試してみて下さい。

GMOのWiMAXを見る