ソフトバンクは2019年10月に新料金プランになりました。

料金プラン見直しとか乗り換えを検討する際に、どういう契約内容なのか携帯関係の契約に苦手意識があっていまいち分からない、確認するのに気持ちが乗らないって事があると思うので、今の料金プランについてまとめました。

ソフトバンクは今どういう料金プランなの?って疑問が出た方向けの記事です。

スポンサーリンク


シンプルに2種類

既にスマホを使ってる方は、今のソフトバンクの料金プランはシンプルに2種類って思ってOKです。

プラン名は以下です。

  • ウルトラギガモンスター+(プラス)
  • ミニモンスター

基本はウルトラギガモンスター+が選択肢って感じです。

公式のデータプラン50GB+がウルトラギガモンスター+の事

公式HPの家族割の適用プランとかを見ると、ウルトラギガモンスター+って文字がないので迷う事があると思いますが、公式の「データプラン50GB+」が「ウルトラギガモンスター+」の事です。

厳密には、ウルトラギガモンスター+は「基本プラン(音声)」+「データプラン50GB+」の総称の事です。

基本プラン(音声)は、ソフトバンクで080番号、090番号を使うなら必ず入るので、データプラン50GB+がウルトラギガモンスター+って考えてOKです。

公式のデータプランミニがミニモンスターの事

ミニモンスターの方も同様で、ミニモンスターは公式の「データプランミニ」の事です。

基本プラン(音声)とデータプランミニ=ミニモンスターです。

2つの違いは?

ウルトラギガモンスター+とミニモンスターの違いは以下です。

ウルトラギガモンスター+(プラス) ミニモンスター
GB 50GB 1GB、2GB、5GB、50GB
月額 月7480円 使った分で月額が変わる段階制
1GBまで月3980円
2GBまで月5980円
5GBまで月7480円
50GBまで月8480円
動画SNS放題 ×
家族割 ×

プラン変更時など、ソフトバンクの料金プランを比較する際にはこれらを考えればOKって感じになってます。

ミニモンスターはもはや2GBまでって感じ

月額はミニモンスターは使った分までで変わる段階制の料金プランです。

5GBまで使うともはやもう一つのプランのウルトラギガモンスター+と変わらない月額になって高いので、ミニモンスターは2GBまでの利用者向けって感じになってます。

この、少ないGBで選べるプランとして選択肢がないって感じなのはデメリットと言えるかも知れません。

動画SNS放題はウルトラギガモンスター+の方だけ

ウルトラギガモンスター+には、動画SNS放題っていうサービスがついてます。

これは、指定の動画視聴サイト、SNSを使う場合にはGBは減らない(カウントされない)っていうサービスです。

ミニモンスターにはありません。

指定サイトは以下です。

  • YouTube
  • Abema TV(番組公式サイトの閲覧は対象外)
  • TVer
  • GYAO!(一部の生配信映像の視聴は対象外)
  • kurashiru
  • Hulu
  • スタディサプリ
  • スタディサプリEnglish
  • LINE(音声通話、ビデオ通話は対象外)
  • Twitter
  • Instagram(Music Storiesの再生は対象外)
  • Facebook(Music Storiesの再生は対象外)
  • TikTok

ウルトラギガモンスタープラスはGB制限になりやすいYouTubeが(動画再生が)使い放題の対象なのでそこが大きなメリットになります。

料金高い分だけあって内容は充実してるって感じです。

LINEのビデオ通話は対象外なのでそこは注意しておいて下さい。

家族割(みんな家族割+)

ウルトラギガモンスター+の方は家族割で、回線数に応じて割引があります。

2回線なら月額500円引きになります。
3回線なら月額1500円引きになります。
4回線以上は2000円引きです。

割引されるのはウルトラギガモンスター+の方のみ

この2種類のプランでは家族割で割引されるのはウルトラギガモンスター+でソフトバンクを使っている方のみです。

ミニモンスターの方は家族割はないので注意して下さい。

ミニモンスターは回線数にはカウントされる

ただ、家族割の割引額が決まる「回線数」にはミニモンスターもカウントされます。

なので、例えば、ミニモンスターの人が2人、ウルトラギガモンスター+の人が1人っていう家族グループだと、「3回線」になり、ウルトラギガモンスター+の人は家族割が適用されて、月額が1500円引きになります。

ここはちょいややこしい事になってます。

家族の適用範囲は?

家族割になる家族の適用範囲は以下です。

  • 同居している家族、親族
  • 離れて暮らす家族、親族
  • 同居しているパートナー、友人
  • シェアハウスなどの同居者

範囲はかなり拡いです。

適用するにはいずれも本人確認書類が必要です。

家族割適用時には家族への通話は24時間無料です!

共通してる部分

ウルトラギガモンスター+とミニモンスターで共通している部分は以下です。共通部分なので比較の際にはあまり考えなくてOKな部分。

  • 電話オプション:準定額オプション(5分かけ放題)月500円、定額オプション(時間無制限のかけ放題)月1500円
  • 1年おトク割:最初の1年は月額が1000円割引されます。それ以降は1000円上がって通常の月額になりずっとそのままです。(上記の月額)
  • おうち割光セット:月額がずっと1000円割引されます。
  • テザリング:どちらも月500円で可能
  • データ繰り越し:不可
  • 契約期間:なし(縛りなし)
  • 契約解除料(違約金):なし

かけ放題はオプション!

今のソフトバンクのプランは、かけ放題はオプションです!強制ではなく選択制です。必要な人だけ選ぶって状態になってます。

5分かけ放題(5分以内の電話なら何度かけても無料。月500円)と、時間無制限のかけ放題(月1500円)の2種類があります。

データ繰り越しはない

格安SIMでよくある、あまったデータ(GB)の翌月への繰り越し(データ繰り越し)は、どっちのプランにしてもないです。

テザリングは月額500円

テザリングは月額500円かかりますが、ウルトラギガモンスタープラスでもミニモンスターでも、どちらもできます。

安くするには?

ソフトバンクを安く使うには、主に、おうち割光セットと、家族割を活用する事になります。

おうち割光セットで毎月1000円割引

おうち割光セットは、自宅のネットをソフトバンク光もしくはソフトバンクエアー等にすると適用される割引です。

毎月1000円割引されます。

なので、ミニモンスターの2GBなら4980円になり、ウルトラギガモンスター(50GB)なら6480円になります。

家族全員が毎月1000円割引になります。

今フレッツ光の固定回線を引いてるなら転用すればOKなので乗り換えも面倒ではないです。

SoftBank光キャンペーン

って事で、ソフトバンクの料金プランは今どうなってるのか?についてでした。

新料金プランは、今スマホなら、選べるプランは2種類です。

ウルトラギガモンスタープラスとミニモンスター。

ソフトバンクは基本はウルトラギガモンスター+が選択肢になる感じになってます。

ウルトラギガモンスター+は月50GB固定のプランで、動画SNS放題がついてます。家族割引きもあります。月額は7480円。

ミニモンスターの方は使ったGBによって月額が変わる段階制の料金プランで、月額的に考えると2GBまでならばこっちもアリって感じの選択肢です。

なので、料金見直しとか機種変更するタイミングとかで、プラン変更等をする際には自分のGBを確認しておいて下さい。

マイソフトバンクとかでできます。(自分の今のプランの料金確認もできます。)

電話オプションに関してはどっちのプランにしても選べるオプションは同じで、5分かけ放題と時間無制限のかけ放題があります。

ソフトバンクの携帯料金を安くするには、家のネット回線をソフトバンク光にしておうち割光セットを適用したり、家族でソフトバンクにしてみんな家族割を適用したりって感じで使う事になります!

スポンサーリンク