ワイモバイルに乗り換えるのを検討している場合、メリットやデメリットにはどんなのがあるのかな?って疑問が出る事があると思います。

なので、他の格安SIMじゃなく、ワイモバイルにするメリットにはどんなのがあって、ワイモバイルにするとどんなデメリットがあるのかについて記載します。

ワイモバイルのメリットは?

ワイモバイルのメリットは以下です。

  • 通信速度が安定的に速い
  • LINEのID検索が使える
  • 無制限のかけ放題がある
  • 契約期間の縛りがない(違約金もない)
  • ワイモバイルまとめて支払いが使える
  • 家族割があり額が大きい
  • Yahooショッピング・PayPayがお得に使える

詳細は後述してます。

ワイモバイルのデメリットは?

ワイモバイルのデメリットには以下の様な物があります。

  • かけ放題が選択制じゃない(月額がちょい高めになる)
  • 繰り越し機能がない

以下、上記のメリット・デメリットの詳細です。

メリットの内容の詳細

先に、以下がワイモバイルの上述したメリットの詳細です。

ワイモバイルは通信速度が安定的に速い所です。

大概の格安SIMではピーク時の速度がキャリアの時と比べると遅くなるってデメリットがあるのですが、ワイモバイルの場合は、体感的にキャリアの時とスマホのネット利用が何も変わらないって状態で使っていけます。

なので、ここはワイモバイルを選ぶ大きな利点です。

また、ワイモバイルはLINEのID検索機能が有効にできるのもメリットとしてあります。

この点もその他の格安SIMではLINEモバイルのみがID検索を有効化できるのでメリットです。

また、ワイモバイルは時間無制限のかけ放題がオプションとして用意されています。

その他の格安SIMは、無制限のかけ放題が用意されている所は少ないです。あるにはあります。

また、ワイモバイルは新料金プランになって、契約期間の縛りがないってのも利点としてあります。

その他の格安SIMにも縛りなしの所は割とあります。

ただ、半年~1年の最低利用期間があってその期間内での解約は違約金として1000円って所もあるので、契約期間の縛りなし=違約金もないってのは、ちょっとメリットって感じです。(格安SIMの最低利用期間は音声は6~12ヶ月でデータは契約月の月末が大半

また、ワイモバイルは「ワイモバイルまとめて支払い」が使えます。

これは対応しているサイト等での支払いをワイモバイルの月額請求と合算して支払いができるサービスです。

キャリアの時にあったキャリア決済が普通に使えるって感じの利点です。

その他の格安SIMでは基本的には、対応しているサイトでの支払いに使えるキャリア決済は用意されていません。(UQモバイルぐらい)

その他の所で用意されている事があるキャリア決済は、App Storeでの支払いのみだったり、Google Playストアでの支払いのみだったりします。

なので、対応範囲が広いって意味で選び所にもなります。

また、ワイモバイルは家族割がある所です。

またその額も大きいです。(2回線目以降は毎月500円引き)格安SIMでは家族割がある所はあんまないですし、あったとしても割引額が少ないので、この家族割があって額も大きい、のは結構大きいメリットです。

また、ワイモバイルはYahooショッピング・PayPayがお得に使えるのもメリットです。

ワイモバイルはソフトバンク系列なので、YahooショッピングやPayPayがお得に使えます。

その他の格安SIMでは楽天モバイルユーザーでの楽天市場利用ぐらいなので、この、ネット通販がお得、QRコード決済がお得、ってのはワイモバイルのメリットです。

スマホベーシックプランの大きなデメリットは?

ワイモバイルはかけ放題が選択制じゃないってのがデメリットとしてあります。

ワイモバイルで申し込めるプランは今はスマホベーシックプランって物なのですが、S(3GB)、M(9GB)、R(14GB)どれを選んでも、必ず10分かけ放題が付いています。

その他の格安SIMでは、かけ放題はオプション制(付けたいなら月額払って付ける)って事がほとんどです。大体月額700円~800円程度。

なので、ワイモバイルが良いけど、話し放題での電話はそこまで必要ないんだよなって人にとっては、ここが大きなデメリットになります。

というのも、結局の所、その分がプランの月額に反映されているって感じの料金体系になっているため、です。

また、その他のワイモバイルのデメリットとしては繰り越し機能がないってのもデメリットとしてあります。

その他の格安SIMではデータ繰り越し機能は大概の所で用意されています

繰り越し機能というのは、その月の契約ギガが余ったら、翌月末まで繰り越して使えるって機能です。

1GB余ったら、翌月は+1GB状態からのスタート。

これがないのがデメリットです。

ただ、繰り越し機能がないって事は、通信速度の安定性に寄与って感じにもなっていると思うので、ここはめちゃくちゃ大きな欠点って感じではないです。

特に毎月のスマホ利用がそこまで大きく変わらない、のならば繰り越し機能があろうがなかろうが、大差ないので。

ワイモバイルのiPhoneってデメリットあるの?

ワイモバイルに乗り換えるにあたって、セット販売されているiPhoneを購入して使おうと思っている場合、「ワイモバイルのiPhoneってデメリットとかあるのかな?」って疑問が出る事があると思います。

が、何も心配しなくてOKです。

ワイモバイルでiPhone買ってもデメリットはないです。

SIMロックはかかっていますが、購入から100日経てば、SIMロック解除ができます。My Y!mobile(ワイモバイルのマイページ)で。

マイページからやれば手数料も無料です。

SIMロック解除すれば、そのiPhoneはSIMフリーで購入した物や、キャリアで買ったiPhoneをSIMロック解除した物と全く同じです。

ワイモバイル独自仕様のiPhoneとかになっているわけではありません。

後々に仮にワイモバイルからどこかに再度乗り換えたくなってもそのままそのiPhoneが使えます。

なので、ワイモバイルのiPhone買う時に不安になる事があると思いますが、デメリットはないので心配しなくてOKです。

ワイモバイルのメリット・デメリットのまとめ

という事で、ワイモバイルのメリット、デメリットについてでした。

契約する際に心配になる事があると思いますが、基本的にはワイモバイルにしたらほぼ不満なく過ごせるかと思います。

電話かけ放題が外せないって部分だけ(その分月額が高い)注意って感じです!

ただそれでもキャリアの月額と比べればかなり安いですが。

ワイモバイルは繰り越しがないのでどのGBのプランにするか迷う事があると思いますが、ワイモバイルはプラン変更がマイページから簡単にできて無料なので、プランのギガで迷ったら、とりあえず一番安い3GBのSプランにすればOKってできます!

Y!mobile

スポンサーリンク