格安SIMの最低利用期間は、音声プランは6~12ヶ月で、データ用プランは契約月の月末までの所が多いです。

大概は、契約月の「翌月」を一ヶ月目としてカウントする所が多いです。

例:音声プランの最低利用期間が「12ヶ月」の格安SIMに3月中旬に契約→4月が一ヶ月目。その次の4月になれば、どの時点で解約しても解約金や違約金はかかりません。

音声なら契約月の翌月から12ヶ月、データ用プランなら契約月の月末まで利用するって思っておけばOKです。

追記:最低利用期間「なし」の所もかなり増えました!

解約金や違約金は大体1000円(税別)の所が多いです。縛りなし、の所もあります。

ただ、上記の「なし」や「6~12ヶ月」、「月末まで」は、多くはそうなってるってだけなので、個別には契約する格安SIM会社の「最低利用期間」を確認する必要があります。

各種、格安SIM会社の最低利用期間は、具体的には以下の様になっています。

最低利用期間
又はそれ相当の期間
格安SIM会社 期間内の解約金
なし UQモバイル なし
音声通話プランは、サービス開始月の翌月を1カ月目として12カ月目まで。 BIGLOBEモバイルを見る 期間内は音声通話サービス契約解除料1,000円(税別)
利用開始日の翌月から、12ヶ月目の末日まで LINEモバイル 期間内の解約やMNP転出は解約手数料1,000円が発生
なし mineo なし
利用開始月を1ヵ月目として6ヵ月目まで。 OCN モバイル ONE 最低利用期間中の解約は解約違約金1,000円
なし Y!mobileを見る なし
利用開始月の翌月末日まで。 IIJmioを見る MNP転出する場合は、音声通話機能解除調定金(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜)が発生。
なし 楽天モバイル なし

最低利用期間を超えればOK

格安SIMは各社が定めている「最低利用期間」を超えれば、解約金や違約金はかかりません。

以前にあったキャリア等の定期契約の様に、「2年に1回解約金がかからない月がある(2年縛り)」という状態ではなく、「最低利用期間」を超えた後ならいつでも解約金はかかりません。2年縛りなしって感じの状態です。

なので、乗り換えがしやすいってメリットが格安SIMにはあります。

最低利用期間を超えた後は、「0ヶ月に戻る」とかはないです。

MNP転出費用もかかる

解約時には、携帯番号そのままで移行(MNP)するならば、MNP転出費用もかかります。

大体どこも、「3000円+税」です。

最低利用期間に満たないで番号そのまま移行する場合には、月額と、上記の「解約金(1000円程度)」以外に「MNP転出費用の3000円」もかかります。

最低利用期間後に、MNPするならば、月額と3000円だけで済みます。

データ容量で迷っているならちゃんとその他の選択肢がある所にする

もうあんまり契約期間について考える必要はないですが、契約期間が上記の最低利用期間に満たないと、一応解約金がかかって負担が少しはあるので、どのデータ容量のプランにするか迷っている場合は、ちゃんとその他の選択肢がある格安SIM会社を選ぶ様にして下さい。

同じ格安SIM会社であれば、その中でプランを変更(GBを変更)するのは費用もかからず容易なので。(回数制限はあります。)

関連「格安SIMはどの容量のプランにすれば良い?

後々家族とシェアも考えているなら追加SIMのMNP転入も考慮しておく

また、「後々家族とデータ容量をシェアする可能性もある」という場合には、シェアが可能で、更に追加SIMのMNP転入ができる所にする様にして下さい。

じゃないと、家族と一緒の所にするには自分の移行が必要になり、最低利用期間に満たない場合は解約金の支払いが発生しちゃうので。

まとめ

という事でまとめると、格安SIMの最低利用期間は、「音声なら6~12ヶ月」が多く、「なし」も増えてきて、解約金は「1000円+税」が多いって感じになります。

格安SIMを選ぶ時に、最低利用期間の解約金払いに注意している場合には、他にも、データ繰越が可能な格安SIM会社なのかどうかや、普通に月額料金での比較も重要になってきます。

スポンサーリンク