初めて格安SIMにする場合、「月額安いのは良いんだけど、スマホの初期化があると面倒だな~」って疑問が出る事があると思いますが、スマホの初期化作業は発生しません。

ただ、SIMカードを入れ替え、APN設定(手順通りにやるだけの作業)をするだけ、です。

手持ちのスマホは今まで通りに使えます。

アプリもそのままですし、ログインするアプリもそのままログイン状態(指紋認証で開ける状態等)、で格安SIMに乗り換えられます。

SIMカードを入れ替えてもアプリや設定は変わらない

格安SIMに申し込むと「SIMカード」が自宅に送られて来ます。

格安SIM乗り換えで物理的にやる事は、「届いたSIMカード」を「今入ってるSIMカード」と入れ替える事ぐらいです。

今のSIMカードはキャリアの契約情報の状態です。(docomo、au、Softbank等。)

で、届いたのは、申し込んだ格安SIMの契約情報の状態の物です。

これを入れ替えます。

SIMカードを入れ替えても、スマホにインストールしているアプリや、アプリの保存状態、ログイン状態、Wifiの設定、使ってるApple ID(iphone)、Googleアカウント(Android)だったり、着信・メールのバイブの仕方、等、何も変わりません。

なので、「格安SIMにしたいけど、初期化したらアプリの再設定とかが面倒なんだよな~」って思ったとしても、ここは心配する必要はないです。

そこに関しては、面倒な作業は何も起こらないので。

SIMカードの入れ替え作業は難しくないです。

iPhoneなら付属してたピン(or細いクリップで代用可)をiPhone本体の横の穴に入れて、SIMカードトレイ(SIMカードが置かれてる部分)を引き出して入れ替えます。

Androidならバッテリー部分の近く等にSIMカードがあるので、それを格安SIMのSIMカードと入れ替えれば作業終了です。

どちらも電源は落とした状態で行います。

やっておかないといけない事はある

ただ、格安SIMにする場合、ちゃんとやっておかないといけない事はあるので、そこは注意して下さい。

  • 番号そのままにするにはMNP予約番号を取る
  • キャリアメールが使えなくなるから必要なら前もってメアド変更を連絡する
  • キャリアのケータイ払い機能は使えなくなる(ケータイ払いがどうしても必要ならワイモバイル)
  • SIMカードのサイズは要確認(格安SIMで申し込むSIMカードのサイズの確認の仕方)
  • LINEのID検索を有効化する事はできなくなる(ID検索有効化したいならLINEモバイルまたはワイモバイル。他は代替手段を使えばOKです。)
  • 申し込む格安SIM会社の動作確認端末に載ってるかは必ず確認する(ドコモ回線の格安SIMならBand19、au回線の格安SIMにするならBand18もしくはBand26がスマホにあるか確認)
  • テザリング使ってるなら、乗り換え後のテザリングの可否を動作確認端末のページで確認
  • ピーク時は遅くなるのを覚悟しておく

    出勤・通学の7:30~8:30、お昼時の12:00~13:00、帰宅時の17:30~19:30程度にスマホで動画見たり、ネット接続するアプリで速度必要な物は、基本快適に使うのは期待しない方が良い事には注意して下さい。

    LINE、その他SNS、画像少ないサイトの閲覧等の用途ならば大概の格安SIMは上記の時間でも問題ない事が多いです。

    ピーク時速度欲しい=ピーク時にも、動画見る事あるし、アプリで通信速度が必要なゲーム等をやってる、とかならUQモバイルかワイモバイルが選択肢になります。(格安SIM乗り換えで遅いのが嫌ならUQモバイルがおすすめ!)

私が今から格安SIMに申し込むならば、以下の格安SIMを契約します。

BIGLOBEモバイル シェア系で6GBにするならBIGLOBEモバイル
(YouTube見放題オプション)
IIJmioを見る シェア系で12GBにするならIIJmio
(バースト機能)
LINEモバイル スマホにバンド8があって1GB・3GB
→LINEモバイルのソフトバンク回線
UQモバイル SIMフリーでVoLTE対応でバンド18又は26があるスマホ
→UQモバイルの「データ高速+音声通話プラン」
mineoを見る 万能。家族以外ともシェアしたいならmineo