格安SIMに通信速度は求めてなかったんですが、特に私の用途ではべらぼうに速い必要はないので、アプリの利用でタイムアウトしちゃうレベルにまで下がっちゃったらさすがにきつい、ので乗り換える事にしました。

どこにしようかなと思ったんですが、速いって評判のUQモバイルにしてみました。

データプラン(音声通話なし)はモバイルルーターで測った事があるのですが、スマホに直挿しで使った事はなかったので。

で、どんなもんなのか通信速度を測ってみたんですが、びっくりしました。

こんな違うのかって感じで。

私が今までに使ってきた格安SIMとはピーク時の速度が別次元でした。

私の用途でこんな必要ないは必要ないんですが、速いは速いで気持ち良いっちゃ気持ち良いです。

あと、万が一下がっちゃったとしても、私が必要な通信速度まではまだめちゃくちゃ余裕があるのでかなり安心って感じでした。

以下が、私の環境でのUQモバイルの通信速度です。
(関東・平日・iPhone SEで測定)

縦軸が下りの速度(Mbps)で、横軸が計測時刻です。

※使用ブラウザによってはグラフが表示されない事があるので以下の記事内容をご覧下さい。

赤線は、「このぐらい出てれば、YouTubeも問題なく見れるって速度」です。

動画は表示するのに必要なデータ量が多いため、YouTubeが問題なく見れるって事は、それ以下のデータ量の用途の物(SNS、ネット検索、Googleマップ等々)は何の問題もなくできるって意味合いです。

UQモバイルは、出勤・通学時間の速度も問題ないですし、昼休みの利用も問題ないですし、帰りの時間帯の夕方・夜も問題なく速いです。

その時間帯でも動画も快適に見れるレベルで速度が出てる格安SIMでした。

格安SIM乗り換えで遅いのが嫌ならUQモバイルがかなりおすすめです。

UQモバイル

UQモバイルの時間帯別の速度の具体的な数値

上記グラフ(UQモバイルの時間帯別の速度)の具体的な数値は以下です。

計測時刻 速度(下り) 速度(上り)
7:00 91.28Mbps 8.32Mbps
8:00 88.48Mbps 10.95Mbps
8:30 94.31Mbps 10.49Mbps
9:30 50.26Mbps 10.99Mbps
11:00 31.44Mbps 20.40Mbps
11:50 53.41Mbps 12.19Mbps
12:10 83.97Mbps 12.48Mbps
12:30 54.05Mbps 11.72Mbps
12:50 93.97Mbps 11.26Mbps
13:10 59.80Mbps 11.90Mbps
14:00 61.43Mbps 10.41Mbps
15:00 84.66Mbps 9.84Mbps
16:00 60.15Mbps 3.55Mbps
17:00 84.31Mbps 10.05Mbps
18:00 85.19Mbps 10.76Mbps
18:30 82.97Mbps 9.62Mbps
19:00 60.25Mbps 11.04Mbps
19:30 72.92Mbps 9.15Mbps
20:00 97.57Mbps 12.34Mbps
20:30 83.43Mbps 11.95Mbps
21:00 81.93Mbps 10.25Mbps
21:30 73.19Mbps 10.39Mbps
22:00 79.60Mbps 12.69Mbps
23:00 54.98Mbps 10.25Mbps

UQモバイルは、「朝の出勤・通学の時間帯」も、「会社・学校のお昼休みの時間帯」も、「帰宅時の時間帯」も、みんながスマホ使い始める時間帯全てでかなり十分なスピードが出てます。

なので、格安SIMにする際に、遅くなるのは嫌なんだよな~って心配がある場合には、UQモバイルにしておくと満足できると思います。

月額めっちゃ下がったのに、スマホの使用感はどの時間帯も変わらない、ってできるので。

超長期間タイムアウトの心配をせずに済みそう

私はアプリで会員証を開くやつだったり、買い物の時アプリを立ち上げてポイントカードをスマホで利用(スマホでのバーコード表示)、って使う事があるのですが、この速度ならピーク時もタイムアウトの心配は全然しなくて良いのが良いです。

仮に帯域増強と加入者数のバランスが合わなくなって、ある程度速度が遅くなったとしても、タイムアウトはしなくて済みます。下にめちゃめちゃ余裕があるので。

あと、UQモバイルはそもそも長い事速いのが継続してる格安SIM、なので、その面でも安心度合いは高いです。

乗り換えに関して流れがよく分からないって場合には、UQモバイルに乗り換えガイドがあるので確認下さい。

乗り換えガイド|UQ mobile

格安SIMって遅いの?って疑問がある時

格安SIMへの乗り換えを検討している最中に、格安SIMって遅いの?って疑問が出る事があると思いますが、契約する所を選べば、ピーク時以外は、キャリアとほとんど変わらない速度が出る所もあります。

ただ、「朝の通勤時間」や、「お昼休み時」、「夕方~夜の帰りの時間帯」は速度が遅くなります。

これは、スマホでネット接続する利用者が増える時間帯だからです。

車の渋滞とかと同じで、同じタイミングで出掛ける人が多い時間帯は遅くなります。

平日の出勤・退勤時間の道の混み方だったり、GW、お盆休みの帰省とかの大渋滞とかと同じです。

道幅が変わらないのに、通る車の量自体が大幅に増える=渋滞=速度遅くなります。

ドコモやau、ソフトバンクに費用払って、速度維持のための処置もしていくのですが、その格安SIMを使っている人と速度維持のための処置のバランスが合わなくなると遅くなります。

LINEとかSNS系等はピーク時でも問題ない事も多いですが、サイトの画像部分の表示だったり、ネット接続するアプリの利用がままならなくなる格安SIMもあります。

動画再生とかは大概の格安SIMでは、ピーク時は難しくなる事が多いです。
(というより格安SIMではピーク時は動画再生は期待しない方が良いと思います。)

で、そんな中で、UQモバイルは格安SIMですが、長い事ピーク時のスマホ利用でも何の問題もない速度が出る、のが継続してる所です。

UQモバイルはピーク時の動画再生も特に問題なく(キャリアと変わらないレベルで)、できる格安SIMです。

昼問題なく使いたい、とか、電車通勤の時間帯にもちゃんと動画見たい、とか、アプリで遅延なく使いたい、帰りの時間に問題なくスマホでネットしたい、とかって希望は出る事があると思いますが、それも普通にできる格安SIMです。

今、キャリアなら測って比較

今キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)ならば、通信速度を測って比較してみると、乗り換えても問題ないかどうか判断できると思います。

通信速度を測るには、App Store(iPhone)やGoogle Play(Android)で「スピードテスト」等と検索すればアプリが出て来ます。

「ドコモスピードテスト」とか。ドコモスピードテストアプリは、auの方や、ソフトバンクの方も使えます。位置情報なんかも許可せずに使えます。

何かしらのアプリで、今のキャリアの速度を測り、上述した速度と比較すれば、自分の実感として、速い・同じくらい・遅いって分かるので、自信持って、「乗り換えよ!」・「乗り換えんのやめよ!」が判断できる様になります。

測る時には、Wifiを切ってから測ります。もしくは外で測ります。

「下り」の速度を見て下さい。(ダウンロード。自分がネットで閲覧する時は下りです。「上り」は写真などをアップロードする時の速度です。)

その際、キャリアのスピードが遅い時間帯(30Mbps~50Mbps程度)とかが出たならば、その時に、アプリを使ったり、YouTubeなど動画見たり、SNSやったり、で使用感を確認してみて下さい。

何も変わらない、って感じると思います。

この時に何も変わらないって事は、30Mbps~50Mbpsだろうが、80Mbps、100Mbps以上だろうが、スマホの使用感変わらない、って事になります。

仮に何も変わらないって感じたならば「30Mbps出てれば何でもOKな事が分かった」事になります。

むしろ、5Mbps程度出てれば何も変わらないって感じる方も多いと思います。

で、UQモバイルは私の環境での一日の速度って面がありますが、上述した速度が出てる格安SIMです。

ピーク時も関係なく30Mbps以上。

=UQモバイルでOKな事が分かる

Wifiレベルで速度が出てる格安SIM

他には、心配ならば、固定回線で光回線を契約しているならば、Wifiの速度を調べてみるのも良いかと思います。

これはスマホでも良いですし、パソコンでスピードが測れるサイトを表示して測るのでもOKです。

上述したドコモスピードアプリ、等はWifi時の速度も測れます。

スマホでWifiに接続してる時(≒自宅にいる時)に測ればWifiの速度です。

この場合でも、人によっては40Mbps~80Mbpsって事は普通にあります。

これは、UQモバイルと同等程度の速度です。

=UQモバイルは自宅のWifiでネット接続する時の使用感で使える格安SIM

Wifi時にスマホで動画見たり、ネット検索したり、ネットショッピングしたり、SNSやったり、で快適に感じているのならば、UQモバイルも同等レベルの快適さで使えるって事が分かります。

プランはデータ高速+音声通話プラン

UQモバイルへの乗り換えで選ぶプランは今持ってるスマホを使う場合は「データ高速+音声通話プラン」です。

今持ってるスマホがUQモバイルで問題なく使えるかは、自分のスマホがUQモバイルの動作確認端末のページに載っているかを確認し、更に、自分のスマホの型番等でネット検索してメーカーHPに行き、Band18もしくはBand26があるかどうかを確認します。(どちらかがあればOKです。)

VoLTEに対応していて、au回線(UQモバイルが使ってる回線)のエリア・通信速度に影響大な大事なバンドがあるかどうかの確認です。

iPhoneはSIMロック解除すればUQモバイルで使えます

Band18もしくはBand26がない場合は、Amazonだったり(Amazon自体が販売している端末がおすすめ)、ビックカメラだったり、ヨドバシだったり、どこでも良いですがSIMフリーのスマホを購入するのがおすすめです。

AQUOS sense plusとか。

SIMフリーのスマホを購入するって場合は、VoLTE対応かどうかとBand18とBand26のどちらかがあるかは確認して下さい。(Band1も重要ですが基本あります。)

スマホを新しく購入する場合、おしゃべりプラン・ぴったりプランのセット端末はお得ですが、プランの契約更新が2年っていう条件が付いちゃいます。

おしゃべり・ぴったりは「2年自動更新のプラン」で、「2年でデータ増量キャンペーンが終わり」、「1年目の1000円+税安い割引も3年目はない」、&「データ高速+音声通話プランにはプラン変更できない」ってプランなので。

なので、格安SIMでどの時間帯も問題なくスマホを使いたいって場合には、おしゃべりプラン・ぴったりプランは2年で乗り換えが濃厚な点で選びづらい部分があります。
(乗り換え時にピーク時速度速いのが長期間期待できる格安SIMの選択肢がないって部分があるので。)

通信速度はそこそこで良いって場合は、2年後乗り換え時に選択肢があるので、実質100円+税の端末のセットはおすすめです。

新しくスマホを購入する場合に、セットにしたい場合は、同じくピーク時の速度が速いのが続いてるワイモバイルにして、その際にバンド18もしくはバンド26があるスマホにする2年後にUQモバイルのデータ高速+音声通話プランにMNPって流れがおすすめです。

この流れだと、スマホ本体安く手に入れられて、1年~2年も3年後以降もずっと速く、最終的に、購入したスマホのまま月1680円+税のUQモバイルのプランにできる、ってパターンなので。

ワイモバイルの月額は、UQモバイルのぴったりプラン・おしゃべりプランと同額です。

詳しくは、「UQモバイルとワイモバイルどっちにするか迷った場合の比較」をご覧下さい。

まとめ

という事で、UQモバイルの速さについてでした。

測って実感しましたが、UQモバイルは、通勤時間・昼・夕方・帰りどの時間帯も速い格安SIMです。

キャリアレベル、Wifiレベル、の速度が出てました。

で、長い事速い実績があるので、こっから先も長い期間の速度維持が期待できます。

格安SIMだとピーク時の速度はそこまで期待しない方が良いのですが、UQモバイルは出勤時、お昼休み、帰宅時の動画再生も問題なくできる速度が出てるので、格安SIM乗り換えで遅いのが嫌ならUQモバイルにするのがおすすめ!です。

UQモバイル