WiMAX2+と契約する前に、レンタルして使用感を確かめたいと考えている方は少なくないと思います、

WiMAX2+は解約で高い違約金が発生するため、レンタルできる制度があれば嬉しいは嬉しいですが、残念ながらGMOとくとくBBのWiMAXはレンタルができません。

GMOとくとくBBのWiMAXでも他のプロバイダでも、WiMAX2+の通信環境は基本的に一緒です。

プロバイダをどこにしたとしても、本家のUQコミュニケーションズのWiMAX2+を使うってのと同じなので。

そのため、わざわざGMOで独自にお試しサービスをしなくても、WiMAXが使えるエリアか使えないか、のみが判断基準、という感じになっています。

ただ、GMOでも費用はかかりますが、結果的にレンタルみたいな事はできます。というか契約して問題があれば最小限の費用でキャンセル、という事ができる様になっています。

どうしても無料でレンタルして実際の環境で試したいって場合には本家のUQコミュニケーションズはできる様になってるので、本家の契約も検討してそれを利用ってのもあります。

GMOのWiMAXを見る

「初期費用3,000円+端末返送料」で試す事はできる

GMOとくとくBBのWiMAXはレンタルできないですが、20日間以内のキャンセルは違約金なしで可能です。

以下に、GMOとくとくBBのWiMAXのキャンセルが利用できる条件をいくつか挙げてみました。

  • 初めてGMOとくとくBBのWiMAXに契約する(以前に契約して解約した方は対象外)
  • 公式サイトのピンポイントエリア判定で「〇」が出ている
  • 20日間以内にWiMAX2+の端末を指定の住所に返送する

関連:GMOのWiMAXって試す事できないの?20日以内のキャンセルは違約金は無料


通常であれば、端末受取月とその翌月を1ヵ月目とした24ヵ月目までの解約は、24,800円の違約金を支払う事になります。

契約更新月以外の解約で違約金がかかるのはGMOとくとくBBのWiMAX以外のプロバイダも一緒です。

が、GMOのWiMAX2+は違約金が高めなので解約のハードルが少々高くなっています。代わりに、って感じで実質の月額は安いです。

ただ、GMOとくとくBBのWiMAXでも20日間以内のキャンセル制度を利用すれば、違約金無しの「初期費用3,000円+端末返送料」で試す事はできます。

完全無料のレンタルはできないですが、「実際の自分の利用環境で実感」できて、仮にWiMAX2+に満足できない時には違約金無料でキャンセルできる、というのは役立つ制度かと思います。

GMOとくとくBBのWiMAXのキャンセル手続きの流れ

どのような手順でGMOとくとくBBのWiMAXのキャンセルの手続きができるのか、流れは以下です。

  1. GMOとくとくBBのWiMAXと契約して自宅にルーターが届くまで待つ(初期費用3000円)
  2. 実際にWiMAX2+をインターネットに繋いで使用感を確かめてみる
  3. 満足できない時は20日間以内にGMOとくとくBBお客様センターに電話する
  4. 電話番号は「0570-045-109」で、営業時間は平日の10時~19時まで
  5. 端末の返送料を自分が負担し、「東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー」に送る(宛名はGMOインターネット株式会社 GMOとくとくBBお客さまセンター行)(東京までの宅配送料を負担)
  6. 20日間以内に手続きをしていれば「違約金は発生しない」

「利用エリアには問題ないけど一度自分で試してから申し込みたい」「自宅の部屋でのWiMAX2+の通信速度に不安がある」と悩んでいる方もいると思いますが、これがあるおかげで最小限の費用で実機で実際の利用環境で試せます。

GMOとくとくBBのWiMAXのキャンセルの適用条件は公式サイトで詳しく記載されていますので、目を通しておいてください。

どうしても無料でWiMAX2+を試したい時はTry WiMAXレンタルもある

どうしても無料でWiMAX2+を試したいって感じならば、プロバイダのGMOとくとくBBではなく本家のUQコミュニケーションズを検討して、本家で提供されているTry WiMAXレンタルを利用する、というのもあります。

Try WiMAXレンタルでは15日間に渡って機器を貸し出してくれますので、自宅や活動エリアでWiMAX2+が繋がるのか確認できます。

「貸出機器を返却しない」「貸出機器を破損してしまった」といったトラブルがなければ、Try WiMAXレンタルで費用は一切かかりません。

こういったありそうな費用もかからずWiMAXを試せます。

  • 登録料
  • 通信料
  • 機器レンタル料
  • 配送費用

本家(UQコミュニケーションズ)とGMOとくとくBBのWiMAXは回線が一緒です。

本家との契約も検討しながら最初にTry WiMAXレンタルを利用するのは選択肢の一つです。
(関連:GMOとくとくBBのWiMAXとUQ WiMAXの違いは費用関係とサポート関係ぐらい)

Try WiMAXレンタルの申し込み方法

Try WiMAXレンタルの申し込み方法は以下です。

  1. Try WiMAXレンタルの申し込みページにアクセスする
  2. パソコンや携帯電話のメールアドレスを登録する
  3. 個人情報を入力して申し込みを行う
  4. 貸出機器が発送されて2日~3日で届く
  5. 15日間に渡ってWiMAX2+を試してみる
  6. 15日間以内に貸出機器を返送する

とても便利なサービスですが、Try WiMAXレンタルの貸出期間は貸出機器の発送日と返却日を含む15日間と決められていますので、返送が遅れないように注意してください。

という事で、GMOのWiMAXのレンタルできるの?って疑問に関してでした。

GMOとくとくBBのWiMAXはレンタルはできないけど、問題があったら最小限の費用でキャンセルできる様になっています。

エリア判定をしてから申し込む様にして下さい。

どうしても無料で試してみたいって時には本家のUQコミュニケーションズはできるので、本家も検討してWiMAXを試してみて下さい。

GMOのWiMAXを見る