初めてGMOのWiMAX2+を契約するに当たり、「本当に自分の家でインターネットに繋がるのかな?」とか「出先でちゃんとネットできるのかな?」「通信速度は満足できる物なのかな?」って不安がある方もいると思います。

WiMAXは長期の定期契約ですし、契約月以外で解約すると違約金が発生しますので、申し込み前に不安になるのは当然かと思います。

「GMOのWiMAXって試す事できないの?」って疑問が出る事があると思いますが、GMOとくとくBBのWiMAXは、初めて利用する方は20日間以内のキャンセルは違約金は無料です。

なので、その期間にお試しした上で、自分に合うのかどうかを費用最小限で判断できる期間があります。

ただ、全てが無料ってわけではなく、違約金(24800円)以外の費用(事務手数料や月額)はかかるって部分はあります。

他のプロバイダでは、契約して直ぐに圏外になったり何かのアクシデントに見舞われたとしても、解約で万単位の違約金を支払わないといけない事もあります。

対して、GMOのWiMAXは20日間の違約金無料で最小限の費用で判断できる期間が用意されています。

GMOのWiMAXを見る

20日以内のキャンセルの適用条件はちゃんと確認

GMOのWiMAXをキャンセルするには、いくつかの条件をクリアしている必要があります。

条件を満たさない場合、20日以内にキャンセルしても適用外になりますので注意しておいて下さい。

20日間の違約金無料のお試し的な期間の適用条件は以下です。

  • GMOとくとくBBのWiMAXに新規で契約する(過去に契約して退会された方は対象外)
  • GMOとくとくBBのWiMAXの公式サイトから対象接続サービスに申し込んでいる
  • UQ WiMAX2+ピンポイントエリア判定で申し込みの住所が「〇」の場合に限る
  • エリア判定で「○~△」「△」「×」の場合は対象外
  • 解約や返品の前にGMOとくとくBBお客さまセンターに連絡している
  • 申し込み日を1日として、20日間以内にWiMAX2+の返品を確認できた

色々と細かく設定されていますが、特に「初めての契約」「ピンポイントエリア判定で〇」「カスタマーサポートへの事前連絡」「20日以内に返品」という4つをクリアする、というのを覚えておいて下さい。

キャンセルの手続きの流れ

以下が、GMOとくとくBBのWiMAXをキャンセルする方法や手続きの流れです。

  1. GMOとくとくBBのWiMAXの公式サイトにアクセスしてピンポイントエリア判定をして「〇」が表示されていることを確認する
  2. GMOとくとくBBお客様センターの「0570-045-109」に電話する(営業時間は平日の10時~19時まで)
  3. WiMAX2+端末を指定の住所に返送する
  4. 20日以内に届くと違約金無しのキャンセルが適用される
  5. =無条件ではないけど試す事ができた

流れはシンプルかと思います。

WiMAX2+の端末を返送する住所

ちなみに、WiMAX2+の端末を返送する住所は以下です。

郵便番号:〒150-8512
住所:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
宛名:GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBBお客さまセンター行
電話番号:0570-045-109

実際にWiMAX2+を使ってみて、「やっぱりキャンセルしたい」ってなった方は20日以内に返送先住所に届く様に判断する様にして下さい。

負担してくれるのは契約解除料の24,800円だけ

前述した様に、GMOとくとくBBのWiMAXの20日間以内のキャンセルは、無料お試しってわけではありません。

あくまでも「違約金無し」でキャンセルができるサービスで、GMO側が負担してくれるのは契約解除料の24,800円だけです。

GMOとくとくBBのWiMAXをキャンセルするに当たって、以下の費用は契約した方が負担する形になります。

  • 事務手数料
  • 月額利用料
  • WiMAX端末返送の送料
  • クレードル代金(購入していた場合)

これらの費用は返金対象になりませんので、完全に無料でWiMAX2+を試せるわけではないのは覚えておいて下さい。

それでも、他のプロバイダは契約した後のキャンセルには対応していない事もあるため、GMOとくとくBBのWiMAXの返品はありがたいサービスだと言えます。

という事で、GMOのWiMAXって試す事できないの?って疑問に関してでした。

20日間以内のキャンセルは違約金(契約解除料)は無料です。

それ以外の事務手数料や、月額はかかります。

GMOのWiMAX2+の月額料金の安さは業界トップクラスですので、モバイルWi-Fiルーターをどこにするかで迷っている方は、GMOとくとくBBのWiMAXを使ってみて下さい。

GMOのWiMAXを見る