WiMAX2+を使い始めるには、自宅に本体が届いてから初期設定が必要です。

初めてWiMAX2+を利用するに当たり、「So-netのWiMAXの初期設定が分からなかったらどうしよう・・・。」と悩んでいる方もいると思います。

なので、この記事ではSo-netのWiMAXに申し込み、ルーター経由でスマホやPC、タブレット、ゲーム機等々をインターネットに接続するまでの方法についてまとめてみました。

固定回線の時と違いプロバイダ情報を入力しないとルーター経由でネット接続できない、とかもですし、工事等もないです。

なので、シンプルな作業でネット接続を開始できます。

WiMAXでは。

So-netのWiMAXはこちら

WiMAX2+のルーターにICカード(SIMカード)を挿入する

So-netからWiMAX2+本体や付属品が届いたら、最初にルーターにICカード(SIMカード)を挿入します。

SIMカードとは、それぞれの固有のID番号が記録されている加入者を特定するICカードのことです。

スマホのSIMカードと同じです。

同梱されている説明書等の通りにSIMカードをWiMAX2+の本体に挿入・設置すればOKです。

読まずに作業を始めるって方もいるかと思いますが、一応次の点には注意しておいて下さい。

  • ICカード(SIMカード)の抜き差しはルーターの電源を切った状態で行う
  • ICカード(SIMカード)の金属部分はできるだけ素手で触らないようにする

また、小さいので、なくさない様に机の上を片付けて、どこかに飛んじゃってもすぐ見つかる状態で作業する様にして下さい。

紛失した場合は、SIMカードは有償での再発行なので。

So-netのWiMAXは機種によってSIMカードの挿入方法が微妙に違うため、後々にやり方が分からなくなったら下記のページを参考に作業をする様にして下さい。

So-net|So-netモバイルWiMAX2+のSIMカード挿入方法を知りたい

無線LAN(Wifi)やUSBケーブル(無線LAN機能のない端末。デスクトップパソコン等。)で接続する

So-netのWiMAXのルーターにICカード(SIMカード)を挿入すれば、もうインターネットに接続できる状態になっています。

=超シンプル!

WiMAX2+の本体の液晶画面をチェックし、電波の受信状態を示すアンテナが立っていればOKのサインです。

WiMAX2+と外部機器の接続に関しては、無線LANを使った方法(Wifi)と、USBケーブルを使う方法(無線LAN機能のない端末。デスクトップパソコン等。)の2つに分かれます。

それぞれ以下の様な手順でインターネット接続ができます。

無線LANによるインターネット接続(Wifi)

  1. 持っているスマホやノートパソコンでWiFi機能を有効な状態にする
  2. スマホやノートパソコンの無線LAN設定の画面でWiMAX2+のルーターのSSIDを見つける※
  3. 機種のセキュリティキー(暗号化キー)を入力する※
  4. インターネットに繋がる

※機種のSSIDやセキュリティキー(暗号化キー)は、製品に同梱されているWi-Fi初期設定シールや製品底面のラベルで確認できます。

USBケーブルによるインターネット接続(無線LAN機能のない端末)

  1. ルーターの電源を入れて電波を受信できているのか確認する
  2. 付属されているUSBケーブルを使ってWiMAX2+とパソコンを繋ぐ
  3. パソコンにドライバーが自動的にインストールされる
  4. インストールされた後にネット接続が可能になる

今まで固定回線でルーター使ってネット接続していた時も、そのルーター(大概黒色の四角い奴)の無線LANのSSIDを、スマホだったりタブレットだったりのWifi設定の画面で探して、それを選択して、ルーターの横のラベルに書かれているセキュリティーキーを入力して接続、ってやったと思います。

WiMAX2+でのネット接続も全く同じです。

無線LAN接続する際は、SSIDを探して、選択して、セキュリティキー(暗号化キー)を入力、とする事になります。

無線LAN機能がない機器をインターネットに繋げたいって場合

スマホやタブレット等は無線LAN機能はありますので、この項目は無視してOKです。

無線LAN機能がない機器をインターネットに繋げたいって場合は、USBケーブルを使った方法を試してみてください。

ただ、これだと有線でケーブルが邪魔ってなったりする事もあると思うので、その場合には、「USB LANアダプタ」等を用意してWifiでネット接続して下さい。

USB LANアダプタは、USBに挿すと、そこが受信部分になって、それでWifiでその機器がネット接続できる様になるって物です。
(購入の際は説明書きをよく読む様にして下さい。)

固定回線のPPPoE認証(プロバイダの接続情報入力)とかもない

固定回線の時と違い、WiMAXは、プロバイダ情報を入力してルーターを設定、とかはないです。

=シンプルにネット使い始められる

以前に固定回線でネット接続の初期設定をした事がある方の場合、「ネット接続は面倒!」ってイメージがあるかも知れませんが、WiMAXの場合はかなりシンプルになっています。

固定回線の場合、インターネット接続(PPPoE認証)のため、最初に接続情報、「認証ID(ユーザー名)そのプロバイダのメールアドレス」や「認証パスワード」とかを入力して、更にそれの後にWifi設定、となっているので、微妙にごちゃごちゃしてくる、みたいな事があると思います。

どうやんの?これで良いの?みたいな感じで。

それでネット接続できなかった場合苦手意識ができちゃったり。

が、WiMAXの場合はシンプルになってます。

Wifi設定のみでOKなので。

なので、固定回線の難しさ、が懸念になってるって方もあまり心配しなくてOKです。

工事もありませんし。

格安SIMの時にあるAPN設定とかも自分でやる必要はない状態になっています。

もう既に設定された状態でモバイルルーター本体が届くので。

とりあえず、「届いたらSIMカード入れてWifi設定のみ」でネット開始できる様になってます。

ネットに接続できない時の対処法

上記の様な事を踏まえていれば、So-netのWiMAXでインターネットに接続できます。

複雑過ぎる作業は発生せず、付属されている説明書を読みながら作業をすれば初期設定終わってネットを開始できるので、初めてで不安って方もあまり心配する必要はないかと思います。

ただ、So-netのWiMAXでネットに接続できないケースはありますので、そうなった場合には以下の様な対処法を試して下さい。

  • ルーターのアンテナが立っていない(圏外の状態)時は、窓際など電波を受信しやすい場所にWiMAX2+の本体を置く(雨戸を閉めているならあける)
  • WiMAX2+の本体の電源を入れ直して再起動してみる(再起動だけで通信が回復するケースがあります。)
  • WiMAX2+の回線を提供しているUQコミュニケーションズの公式サイトで、基地局のメンテナンスや障害情報について確認する(これはこちら側では特にやれる事はないのでただ待つ、事になります。)
  • WiMAX2+の電波が届かない場所でインターネットに接続したい時は、ハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション)を利用する

関連:So-netのWiMAXでネットに繋がらないってなった時に確認したり試す事


「So-netのWiMAXの本体が届けられた段階で故障している」っていう可能性を考えるのは最後の最後で良いかと思います。

初期不良の可能性は少なからずありますが、基本的には、上記の様な方法でWiMAX2+本体経由でのネット接続ができます。

やれる事やっても全く繋がらないって状態ならば、So-netのWiMAXのサポートセンターまで問い合わせてみて下さい。

So-netのWiMAXは同時申し込みで、月額300円のSo-net 安心サポートのオプションが12ヵ月に渡って無料で利用できます。

「So-net 安心サポート」は、インターネットやパソコンの疑問不安を解決してくれますので相談してみてください。

ここはSo-netでWiMAXを契約する事の売りの部分なので。

という事で、So-netのWiMAXの初期設定についてでした。

工事もなく、プロバイダ情報を入力とかもなく、やる事シンプル=Wifi設定するだけ、なので、初めてでもあまり心配する必要はないって状態になっています。

So-netのWiMAXはこちら