格安SIMに乗り換える際に「MNP予約番号を発行する」って言われると、いきなり難易度上がる感じになって、移行作業を躊躇しちゃう事があると思うので、以下に、私がやった時の、ドコモに電話してMNP予約番号を発行した時の手続きの内容を記載します。

前もってどんな感じかが分かるとやり易くなると思うので。

ちなみに、私はドコモだったのでドコモで書いてますが、auやソフトバンクの方も最初に電話する番号が違うぐらいで、MNP予約番号発行手続きの内容や流れはほぼ同じです。

朝9時~夜20時までの間に、ドコモは「151」、auは「0070-75470」、ソフトバンクは「*5533(米印と5533)」に携帯からダイヤルして電話する。

かかる時間は10分弱です。

記事の目次

  1. 流れの概要
  2. 内容の詳細
  3. 電話の際に住所が間違ってないか確認する
  4. MNP予約番号発行の電話をする時に用意しとく物
  5. MNP予約番号は口頭?メールも選べる?
  6. 電話の所要時間
  7. ドコモに電話してMNP予約番号を発行してもらう時のまとめ

流れの概要

MNP予約番号発行時の流れの概要はこんな感じです。

  1. 電話する
  2. 音声案内に従う
  3. 必要事項伝える
  4. 注意事項聞く
  5. MNP予約番号と有効期限をメモする

なので、難しくないです。

内容の詳細

手続きの内容の詳細は以下です。

  1. MNP転出したい携帯番号の契約者本人が、その携帯から「151」に電話する
    (151はドコモのお客様サポートの電話番号です。)

  2. →音声案内で「携帯番号ポータビリティー・・・」と言われた数字を押す(私がやった時点では4番)

  3. →再度音声案内で「携帯番号ポータビリティー・・・」と言われた数字を押す(私がやった時点では2番)

  4. →4桁の暗証番号を入力する

  5. →オペレーターに繋がる

  6. →自分の携帯番号を言う(MNPしたい今電話かけてる電話番号)

  7. →名前を言う

  8. →4桁のネットワーク暗証番号を伝える
    (最初のとは違う奴。「違うみたいですね。→じゃあこれかも。」もOKでした。)

  9. どこへMNP転出なさいますか?と聞かれる。正直に移行する格安SIM会社を言いました。

  10. 理由を聞かれる。これも正直に言えばOK。「格安SIMにして安くスマホを使いたい。」等。

  11. →解約になる事を言われる。

  12. →解約金の事を言われる。2年縛りなら9500円+税。1年縛りなら3000円+税。これの支払いにdポイントは使えないとの事でした。

  13. →MNP転出料として2000円+税がかかる事を言われる

  14. 合計金額を言われる。これは月の支払い料金と一緒に請求されます。

  15. MNP転出での注意点を言われる。@docomo.ne.jpのアドレスは使えなくなる事など。

  16. →MNP予約番号の有効期限を言ってくれる

  17. →10桁の「MNP予約番号」を口頭で伝えてくれる。
    (ドコモで電話の場合は口頭でした。ショートメールはできない。)

MNP予約番号を発行する時の流れは、申し込む格安SIM会社のHPにも記載があるので、mineo(マイネオ)だったりLINEモバイルだったり、ちゃんと申込の前にも確認できます。

電話の際に住所が間違ってないか確認する

格安SIM会社に提出する本人確認書類(写真撮ってアップロード)の住所と、ドコモに登録されている住所が完全に同一か自信がない場合には、電話した時に確認しておいて下さい。

違いがあるとMNP転入がスムーズにいかない事があるので。

マンション名が入ってるか、等々。

私は心配になったので、電話した時に合わせて聞きました。

ドコモのサポートの方に聞いたら「横バー」と「番地が漢字表記」等は違ってもOKみたいです。
(ドコモの入力的にそうなるみたいな感じでした。)

:1-1-1、が1丁目1番地1とかはOK

私の場合は結局問題なかったのでそのままMNP予約番号を発行してもらいましたが、違っていたら変更してもらって下さい。
(変更手続きのやり方もその時に言われると思います。)

MNP予約番号発行の電話をする時に用意しとく物

MNP予約番号発行の電話をする時に用意しとく物は以下です。

  • 紙とペン(MNP予約番号と有効期限をメモするため)
  • 携帯の4桁の暗証番号(デフォルトは0000が多い。)
  • 自分の携帯電話番号(ドコモからMNP転出する090、080番号)
  • 4桁のネットワーク暗証番号
    (料金確認する時に入力する4桁の番号です。これはドコモと契約する時に自分で決めた物です。忘れちゃった場合には契約書類を確認し直して下さい。記載があります。)
  • 格安SIM会社に出す予定の本人確認書類
    (ドコモに登録されている住所とアップロード予定の本人確認書類に記載の住所が同じかの確認のため。)

MNP予約番号は口頭?メールも選べる?

ドコモに電話してMNP予約番号を発行してもらう場合は、口頭で数字を伝えられます。

間違いのない様にショートメールで送って欲しかったので電話の時に聞いてみましたが、それはできなかったです。

なので、メモが必要でした。

MNP予約番号は複数回伝えてくれて、間違っていないかちゃんと確認してくれるので問題はなかったです。

有効期限も伝えられるのでメモしておいて下さい。

電話の所要時間

手続きした時の電話の所要時間は、私の場合は、12分程度でした。

何個か質問もしたので、ちょい長くなりました。

何も質問しなければ、5分~10分程度だと思います。

思ってたより全然かからなかったです。

ドコモに電話してMNP予約番号を発行してもらう時のまとめ

という事で、ドコモに電話してMNP予約番号を発行する時の手続きの内容でした。

取得方法の流れを再度記載すると、

  1. 携帯から151に電話する
  2. ガイダンス通りに進む
  3. オペレーターに必要な事を伝える
  4. MNP予約番号と有効期限をメモする

という流れです。

内容については、暗証番号伝える、ちょっとした質問がある、ぐらいで、後はオペレーターさんが進めてくれます。

格安SIMへの移行時に「MNP予約番号を発行する」って記載があると、分からなくなって面倒に感じちゃう事があるかも知れませんが、取り方は上記の様な感じのみの手続きなので全然心配する事はないです。

発行してもらったMNP予約番号は、格安SIMに申し込む時に入力する項目があります。

mineo(マイネオ)だったらデュアルタイプでMNP転入を選べば出て来ますし、LINEモバイルだったらデータ+SMS+音声通話を選べば項目が出てきます。

入力して申し込めば、今使ってる080、090番号はそのままで申し込んだ格安SIMに移行する事ができ、電話番号切替が済むと、自動でドコモは解約になります。

ドコモへのSIMカードの返却も必要なかったです。

MNP予約番号を入力して格安SIMに申し込んだ後にドコモ側に対してやる事は何もないです。

また、ドコモからのMNP転出だからと言って、ドコモ回線の格安SIMに限定されるわけではないです。

スマホがそのまま使えるかどうかの問題があるので、今使ってるドコモで買ったスマホを使う場合は基本ドコモ回線の格安SIMにする事になりますが、新しくセットでスマホ本体自体も購入する場合等はUQ mobile(au回線)にもちゃんとMNP転入できます。

UQ mobileは通信速度が安定して出るので、良いな~って感じてる方も多いと思いますが、端末の問題だけで、MNP転入自体はドコモからでもOKです。(というより逆にauからのMNP転入だと割引が適用されないプランもある。)

なので、移行時に一緒に格安スマホを買うなら、UQ mobileも候補にしてOKです。

という事で、電話でMNP予約番号を発行する時の手続きに関してでした。

発行したら次にやるのは、選んだ格安SIM会社への申し込みです。

格安SIM申込の流れがどんな感じかは以下の記事をご覧下さい。

格安SIMへの移行の全体の流れが知りたい場合には格安SIMへの乗り換え手順をご覧下さい。

上述したSIM会社のHPはこちら。

mineo(マイネオ)
LINEモバイル
UQ mobile