格安SIMとモバイルルーターで自宅の固定回線を代替する場合は、家のどの場所がキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の電波の入りが良いか調べる事になります。

その電波状況を調べる時には、「雨戸に注意」して下さい。

※この記事は基本的に、「一戸建てに住んでて、二人程度だからモバイルルーターと格安SIMで家でのネット回線代を安くするのを検討してる」って方が対象です。

一人暮らしの方やマンションの方は、雨戸閉めない窓も多くどこかしらに置き場所があると思うので。

基本窓際になる

自宅の中でキャリアの電波の入りが良い所を探していくと、電波強度が良いのは基本窓際になります。

格安SIMとモバイルルーターだと、モバイルルーターが掴むのはキャリアの電波なので、建物の奥まった所や遮蔽物が多い所には届きにくくなってるので。

雨戸に注意

なので、自分の家で電波良い所が見つかった場合には、夜になったら雨戸を閉める部屋なのか、そうでないのかも加味して電波良い所を探す様にして下さい。

雨戸閉めただけでも電波の掴みはめちゃくちゃ下がるので。

もしくは、雨戸閉めてもMAXで電波入るか確認しておいて下さい。

じゃないと、せっかく固定回線を格安SIMとモバイルルーターに切り替えても使用感自体がかなり変わってしまうので。

スマホ持って移動しながら探す

家のどこがキャリアの電波の掴みが良いかは、検討中の段階でもスマホのアンテナピクトで分かります。

スマホ持ちながら家の中をうろうろして、電波表示(アンテナピクト)がどこだとMAXかを探します

家のネット回線を格安SIM+モバイルルーターに切り替えるならば、そこにモバイルルーターを置く様にします。

※既に固定回線を引いている方は、スマホのWifi接続を切って、LTE(4G)接続にしてから家の中をうろうろする方が分かりやすいです。
しなくても電波表示は変化していきますが、やってる内にWifiの方見てたってなりやすいので。

モバイルルーターでWifiが届く距離自体は、モバイルルーター単体で使う場合でも大抵の家、マンションだったりアパートだったりで問題ないです。

一戸建てでは、ルーター(モバイルじゃない今の光回線で使ってるルーター)をブリッジモードを使う様にすれば、大抵の部屋割りで問題なく届く様にできます。
(MR05LNの場合はクレードルがあれば普通のルーターをブリッジで繋げられます。)

という事で、自宅のモバイルルーターの置き場所に関してでした。

家で置き場所探す時は、「雨戸に注意」して確認しておく様にして下さい。

モバイルルーターは以下の様な格安SIMでセット購入できます。

Aterm MR05LNクレードル付きをセット販売。
最大5枚までのSIMカードを発行してシェアが可能。繰越分もシェア可能。
ドコモ回線・au回線どちらともシェア可能。
音声SIMとシェアしたい場合は最初の契約を音声SIMにして、シェアSIM発行時にMR05LNをセット購入、とする事に注意。
主SIMと名義が違っても名義変更する事なくシェアSIMへMNP転入が可能
BIGLOBEモバイルはこちら
Aterm MR05LNクレードル付きをセット販売。
12GBのプランの場合、SIMカードを最大10枚(音声SIM5枚+データSIM5枚)発行してシェア可能。
繰越分もシェア可能。
バースト機能アリ。
シェアSIMにMNP転入可能。
追加する音声SIMの名義は主回線と同じ名義に変更してMNP転入。
ドコモ回線・au回線どちらともシェア可能。
IIJmioはこちら
Aterm MP01LNのセット販売。
カードサイズのモバイルルーター。厚み1.2cm。重さ約71g。
契約GB分はシェアが可能。
SoftBank回線またはドコモ回線。
LINEモバイルユーザーなら誰とでもシェア可能。
スマホにSIMカード入れて回線に繋げばLINEのID検索を有効化可能。
一旦有効化すればSIM外しても有効化の状態、というメリット。
LINEモバイル

スポンサーリンク