UQモバイルとワイモバイルは基本の月額料金は同じ様な状態になってます。

なので、結構迷う事があると思います。

「何が違ってどっちにすれば良いの!?」的な感じで。

なので、UQモバイルとワイモバイルどっちにするか迷った場合のための比較を記載します。

音声プラン(番号ありのプラン)での比較です。

端的な結論としては、

  • 「ネット関係」「セット端末の価格」を重視する、ならUQモバイルに申し込む
  • 「電話関係」「Yahoo!ショッピング」を重視する、ならワイモバイルに申し込む

満足しやすいです。

主な違いを比較

以下は、UQモバイルとワイモバイルの主な違いの部分での比較表です。

UQモバイル ワイモバイル
データ繰越 ×
節約モード ×
無料電話 5分かけ放題
or
60分
120分
180分
10分かけ放題
or
オプションで
無制限かけ放題
キャリア決済
auかんたん決済

ワイモバイル
まとめて支払い
LINEの
ID検索
×

データ繰越はUQモバイル

データ繰越は、余ったGBを翌月末まで使える様に繰り越してくれる機能です。

なので、当月に余った場合には、翌月は、基本のGBより多い状態でのスタートになります。

この機能がUQモバイルにはあります。

ワイモバイルにはありません。

節約モードはUQモバイル

節約モードは、プランの基本のGBを減らさずに、低速に切り替えてネットができる機能です。

軽めの用途(LINE(画像アップロードはもたつきます。)、LINE通話、Twitter閲覧(画像表示はもたつきます。)、Facebook閲覧(画像表示はもたつきます。)、画像少ないサイトの閲覧、ネット検索等)なら特に不便なくできます。

この機能がUQモバイルにはあります。
iPhoneでのUQmobileの節約モードの画面

ワイモバイルにはありません。

データ繰り越し、節約モードの点で、ネット関係に関してはUQモバイルが優位です。

UQモバイル

無料通話

無料通話に関しては、UQモバイルは5分かけ放題(おしゃべりプラン)、60分、120分、180分の無料通話(ぴったりプランS・M・L)があります。
(これらは契約後もプラン変更できます。)

ワイモバイルは10分かけ放題です。1回の電話につき10分までは無料。

UQモバイルのおしゃべりプランと比べると、5分間長いです。

更に、これはオプションで有料ですが、無制限にできるオプションもワイモバイルにはあります。

10分じゃなくなり、時間気にせず長電話できます。月何回でも。

UQモバイルにはこういったオプションはありません。

なので、電話関係についてはYmobileが優位です。

Y!mobile

キャリア決済

キャリア決済はApp Store、Google play等で購入するものの代金を、スマホの月額にまとめて請求&他の決済を登録しなくても良いって物です。

この「キャリア決済」はUQモバイル、ワイモバイルどちらもあります。

が、UQモバイルはApple ID、Google Playアカウント系に限定されるのに対して、ワイモバイルはiPhone関係、Android関係以外にも対応しているサービスは多岐に渡ります。
(そのサービスの支払い方法の1つに「ワイモバイルまとめて支払い」があります。クレカ、コンビニ払い等と同列で。)

ワイモバイルは普通にキャリア決済として3大キャリアと同等に使えます。

UQmobileでは「auかんたん決済」が使えますが、あくまでもApple ID、Google Playアカウント系に限定されます。

Apple IDでの支払いになる物(App内課金の支払いやiTunesでの曲の購入、有料アプリの購入等)やGoogle Playアカウントでの支払いになる物で使えます。

ワイモバイルでは「ワイモバイルまとめて支払い」が使え、Apple ID、Google Playアカウント系以外にも、対応しているサービスがあれば、支払いとしてスマホ代と合わせての請求の支払い方法として使えます。

=キャリア決済の範囲という意味ではワイモバイルです。

LINEのID検索機能の有効化

LINEのID検索機能は、UQモバイルは有効化できません。
(年齢認証ができない。)

ワイモバイルは有効化できます。

UQモバイル、ワイモバイルは、端末セットで乗り換えるって方も多いと思うので、ID検索機能自体を重視してるって場合はワイモバイルになります。

そこまで重視してないし、代替手段あるならokって場合はUQモバイルもOKです。

同様だから比較しなくて良い部分

以下は、重視する方も結構いそうな部分で同様にあるって部分です。

UQモバイル、ワイモバイル、どちらも同様なので比較する際に加味しなくて良い部分

比較しなくて
良い項目
UQモバイル ワイモバイル
ピーク時の速度
どっこいどっこい
でめちゃ速い

どっこいどっこい
でめちゃ速い
基本の月額
(端末代以外)
同じ
2GB(S)
1年目1980円+税
2年目2980円+税

6GB(M)
1年目2980円+税
2年目3980円+税

14GB(L)
1年目4980円+税
2年目5980円+税
同じ
2GB(S)
1年目1980円+税
2年目2980円+税

6GB(M)
1年目2980円+税
2年目3980円+税

14GB(L)
1年目4980円+税
2年目5980円+税
家族割
2回線目以降は
月500円割引

2回線目以降は
月500円割引
2年縛り
(2年で自動更新)

※2年縛りじゃない
高いのはあります。
(ベーシックプラン)

ネットの速度:同等

ネットの速度に関しては、UQモバイル、ワイモバイル、どっちも速いです。

若干ワイモバイルのほうが速いイメージが私はありますが、そこでの差によるネットの使用感に違いはほぼないので、同等としてokです。

関連:UQモバイルの通信速度

基本の月額:比較対象のプランでは同様

端末代以外の基本の月額も2社とも同様です。

使えるデータ容量も同じです。ただ、Ymobileは手動チャージ以外にも「快適モード」で指定回数だけ自動で追加できる機能があります。UQモバイルは手動チャージのみです。(アプリで3タップ程度)

  • Sプランは1年目1,980円+税2年目2,980円+税です。GBは2GB+手動チャージの1GBで計3GB。
  • Mプランは1年目2,980円+税2年目3,980円+税です。GBは6GB+3GB (手動)の計9GB。
  • Lプランは1年目4,980円+税2年目5,980円+税です。GBは14GB+7GB (手動)の21GB。

どちらもS・M・Lとプランがあります。

注意点は、3年目もそのまま使うなら(2年縛りなので4年目も。)、GBはどのプランも手動チャージ分は無料じゃなくなる≒GBが減る、という部分です。

月額は2年目とずっと同じです。
(端末代以外の月額。端末代かかるスマホを24回払いにして買ったなら、3年目はその分減ります。)

=Sなら3年目以降は月2GB2,980円+税。Mなら3年目以降は月6GB、3,980円+税。Lも同様に5,980円+税で14GBです。

関連:UQモバイルの月額って3年目以降はいくらなの?

2年目と3年目では適用されている割引の種類が違うのですが、同額の割引なので、月額は変わらないです。

3年目以降の「このGBでこの月額」は、いくら速度安定のUQモバイル、ワイモバイルだとしても、GB的に割高なので、2年縛りの更新時は乗り換えを検討する時期だと思います。

家族割:同等

家族がまとめて、UQモバイル、ワイモバイルにする場合の割引はどちらもあり、どちらも500円割引で2回線目、3回線目が使えます。

回線が、UQモバイルではおしゃべりプラン(SML)、ぴったりプラン(SML)、ワイモバイルでは、スマホプランSML等の場合に適用されます。

この記事の内容のプランでは適用されます。

家族(2回線目、3回線目)は、Sなら、1年目1,480円になり、2年目2,480円になります。

主回線の月額は変わらないです。(Sなら1年目1980円、2年目2980円)

UQモバイル、ワイモバイル共に上記の値段です。どちらも値段変わらないので。

2年縛り:どっちにするか迷う時のプランではほぼ同様

どちらも契約は2年縛りです。

2年で自動更新の定期契約で、契約満了月(2年後)の翌月(ワイモバイルは2ヶ月間)以外の解約は9,500円+税がかかります。

ワイモバイルは2ヶ月間、解除料かからず乗り換えれるって面ではプラスですが、2年縛りなのでほぼ同様です。

※2年縛り以外のプランもありますが、UQモバイル・ワイモバイルどっちにするかで比較対象になるプランは、どちらも2年縛りです。

それぞれの他の部分

以下は、UQモバイル、ワイモバイル、それぞれのその他の部分についてです。

UQモバイルはデータ高速+音声通話SIMプランも

UQモバイルには、データ高速+音声通話SIMプランやデータ無制限+音声通話SIMプランというプランもあります。

データ容量は、3GBもしくは低速の無制限というプランです。

これは2年縛りじゃなくって12ヶ月のみが最低利用期間のプランです。

が、マンスリー割(端末代の24回の割引)はないのと、無料通話はないプランです。

また、上述した「家族割」も適用されないプランです。

持ってるスマホを使う等で、無料通話もなしでオッケーって場合はかなりおすすめのプランなのですが、スマホを新たに購入する場合は、おしゃべりプラン、ぴったりプランの方が、2年縛りがありますがお得です。

おしゃべり、ぴったりならマンスリー割で実質100円+税のスマホ本体があるので。iPhoneも安いですし。

端末価格はUQモバイル濃厚

セットで購入する端末の実質の価格(24回の割引を加味して、頭金を加味した価格)は、UQモバイルの方がお得な事が多い印象です。

上述した実質100円+税の端末など。

今の消費税なら、108円が実質のスマホ本体代です。

この108円は24回払いなら最初の1回目に一度だけ多く払います。

=実質100円+税の端末で、おしゃべりプランS、ぴったりプランSなら、新しいスマホと2年間の月額が、108円+月1,980円(1年目) +月2,980円(2年目)。

これは、安い、です。

ワイモバイルの方は、実質の値段の表記が「○○円~」となっている事には注意して下さい。

スマホ本体代の割引はありますが、最初にある程度の額を払ってから、それを考えない場合の実質の表記、の事もあるので。

ただ、ワイモバイルは最新のスマホを扱ってたり、スペック高めのスマホの種類もいくつか、としているので、そもそも単純には言えない部分ですが。

私が持ってる印象としては、UQモバイルはハイスペックは少数にし、ミドルスペック等を多めで、そもそもの値段が抑えられているから、端末割引(マンスリー割)で、実質が安い、って感じで、Ymobileは、ハイスペックも割とあり、そもそもの値が高いから(スペック高いので)、セット端末でもちょいかかる、って感じです。

ワイモバイルで安くセット端末買うには、タイムセールや、在庫限り、のを買うと低めに抑えられます。(どちらも個別にページがあります。)

とりあえず、私は、セット端末の値段を低くしたい(月額を基本のプラン料金以外かからないようにしたいorかかるとしても少なめにしたい)なら、UQモバイルが良いと思います。

iPhoneセット購入での比較

以下は、UQモバイル、ワイモバイルに申し込む際にiPhoneをセット購入する場合の比較です。

iPhoneに関してはあまり差はありません。

例として、共にプランSで記載します。

プランでの違いは基本料金のみなので、Mなら月額+1,000円、Lなら月額+3,000円をして下さい。

ワイモバイルはドコモ、au、他社格安SIMからの転入と新規契約の時の値段(税込)です。
(ソフトバンク以外からの乗り換えで申し込み)

ちなみにUQ mobileは、auからのMNPもドコモやソフトバンク、他格安SIMからのMNPや新規契約と同じ値段です。

値段は2018年6月上旬時点での物です。

iPhone SE 128GB

iPhone SE 128GB UQモバイル ワイモバイル
2年間の総額
(月額+iPhone代)
76272円 86856円
頭金 10584円
月の合計額
1年目
2678円 2678円
月の合計額
2年目
3678円 3678円
24回払い 2376円×1回
2268円×23回
-1728円×24回(割引)
2376円×24回
-1836円×24回(割引)
iPhoneの実質 13068円 23544円

UQモバイル

iPhone SE 32GB

iPhone SE 32GB UQモバイル ワイモバイル
2年間の総額
(月額+iPhone代)
73680円 73896円
頭金 10584円
月の合計額
1年目
2570円 2138円
月の合計額
2年目
3570円 3138円
24回払い 1944円×1回
1836円×23回
-1404円×24回(割引)
1836円×24回
-1836円×24回(割引)
iPhoneの実質 10476円 10584円

iPhone 6s 128GB

iPhone 6s 128GB UQモバイル ワイモバイル
2年間の総額
(月額+iPhone代)
115152円 115692円
頭金 540円
月の合計額
1年目
4298円 4298円
月の合計額
2年目
5298円 5298円
24回払い 3132円×1回
+3024円×23回
-864円×24回(割引)
3456円×24回
-1296円×24回(割引)
iPhoneの実質 51948円 52380円

iPhone 6s 32GB

iPhone 6s 32GB UQモバイル ワイモバイル
2年間の総額
(月額+iPhone代)
102192円 102732円
頭金 540円
月の合計額
1年目
3758円 3758円
月の合計額
2年目
4758円 4758円
24回払い 2592円×1回
2484円×23回
-864円×24回(割引)
2916円×24回
-1296円×24回(割引)
iPhoneの実質 38988円 38880円

ワイモバイルはYahoo!ショッピングとLOHACOがお得になる

ワイモバイルの他の独自の部分としては、Yahoo!ショッピングとLOHACOがお得になる部分があります。

期間固定ポイントですが、ワイモバイル契約者は、Yahoo!ショッピングとLOHACOでTポイントが+4倍(+4%の期間固定ポイント)貯まります。

Yahoo!ショッピングとLOHACOは100円につき1ポイント貯まります。(1ポイント=1円相当)

ENEOSとかは200円につき1ポイントなので、0.5%ですが、Yahoo!ショッピングは100円につき1ポイント=1%で、+4倍なので、+4%お得にはなります。Ymobile契約者は。

期間固定Tポイントですが。

期間固定Tポイントは、獲得日から2週間経過後の日曜日、に失効します。

また、期間固定Tポイントは、Tカード使える所ならどこでも使えるわけじゃなく、この場合、Yahoo!ショッピングやLOHACO、ヤフオク等Yahoo!JAPANサービスのみで使えます。

LOHACOは日用品等を買うのに便利にしてるようなサイトです。

なので、Amazonとか楽天とか、ネット通販は人によってどこをよく使うか違うと思いますが、Yahoo!ショッピングをよく使う方ならばYmobileはお得です。(Yahoo!プレミアム for Y!mobile)

Y!mobile

毎月1回はYahoo!ショッピング使うならEnjoyパックもお得

また、Enjoyパックっていう有料オプション(月額500円)に入ると、更に+5% (内4%が期間固定Tポイント)でYahoo!ショッピングが使えます。

=計2%の通常Tポイント(どこでも使えるTポイント)+10%の期間固定Tポイント(Yahoo! JAPANサービスのみで使える。獲得から2週間後の日曜に失効)でYahoo!ショッピングで買い物できる

Enjoyパックは他に、Yahoo!ショッピングで使える500円分のクーポンが毎月もらえます。(501円以上の商品で使えます。月末が有効期限のクーポン。)

また、Enjoyパックは契約GBを超え低速になった場合の通常速度に戻す時の料金が、毎月500円分割引されるって特典もつきます。

とりあえず、ネット通販のメインがYahoo!ショッピングならYmobileはお得で、毎月1回はYahoo!ショッピング使うって感じなら有料オプションの「Enjoyパック(月額500円)」に入るのもお得です。

UQモバイルとワイモバイルの比較のまとめ

という事で、UQモバイルとワイモバイルどっちにするか迷った場合の比較、でした。

UQモバイル|ワイモバイル、の主な違いは、データ繰越(あり|なし)、節約モード(あり|なし)、無料通話内容(5分かけ放題、60分、120分、180分|10分かけ放題、オプションの無制限)、キャリア決済(○|◎)、LINEのID検索(×|○)です。

ピーク時含めた十分な速度、月額料金、家族割、2年縛り等は同等、同じです。

セット購入のスマホ代(≒基本料金以外にかかる月額)は、ミドルスペック等多い分UQモバイルだと安く済ませられる事が多いです。

=新しくスマホ買うとしても、プラン料金やちょいプラス位が毎月かかる月額と思ってOK、にしやすい。
(2年目は月1,000円上がる事に注意して下さい。)

ワイモバイルはスペック高いスマホが多いのもあり、頭金で割とかかる事もあるので、月額&スマホ本体代はちゃんと検討しておいた方が後に「高っけ~」ってならずに済みます。
(2年目に月1,000円上がる事にはこちらも注意して下さい。)

YmobileはYahoo!ショッピングで+4%にでき、月額500円のオプションをつけると更にYahoo!ショッピングがお得になる所です。

期間固定ポイントが多めな事には注意です。

なので、どっちにするか迷った場合は、

  • 「ネット関係」「スマホ本体代」を重視するならばUQモバイルに申し込む
  • 「電話関係」「Yahoo!ショッピング」を重視するならばワイモバイルに申し込む

のがおすすめです。

プランはSでほとんどの方は大丈夫です。また、プラン変更もできます。(S→M等)

UQモバイル
Y!mobile