スマホ料金が高い!って感じてる時は、私がそうだったのですが、大概そんだけの月額に見合う程使ってないって状態だと思います。

私はドコモでスマホを使っていたのですが、その時は月額6225円(税別)を払っていました。端末代を抜いた状態で。

これじゃあ高すぎって感じたので、月額安くするために格安SIMを2台持ちで利用する事にしました。

結果、携帯料金の月額は合計で約2300円に抑える事ができました。

同じ様に格安SIMを利用してスマホ料金を安くしたいと思っている方は多いと思います。

が、自分の状況で格安SIMを利用した場合いくらになるのか、が調べ始めた初期の頃は判断しにくいと思いますので以下に記載します。

ただ、格安SIMを利用してスマホ料金を安くするには、かなりのパターンがあり、今どのキャリアを使っているかや今のスマホがそのまま使えるか、キャリアメールはどうするのか等々も含めて場合分けすると、めちゃめちゃ多くなります。

なので、格安SIM利用での多いパターンで、更に大概の人がOKな容量(3GB)での場合での月額の目安を記載します。

格安SIMを利用したらスマホ料金はいくらになるのか

以下が、格安SIM利用にした場合の主なパターンでの大体の月額です。

今ドコモ・au・ソフトバンクの人でキャリアメール捨ててOKな人

  • スマホ一台=約1600円

今ドコモ・au・ソフトバンクの人でキャリアメール残したい人

  • ガラケー+スマホ=約2200円/月(~約1200円+約1000円)

  • スマホ+SIMフリーモバイルルーター=約2200円/月
    (~約1200円+約1000円)+15000円~20000円(一括のSIMフリーモバイルルーター代。物によります。昔の物も含めるともっと安い物もあります。)

  • ガラケー+SIMフリーモバイルルーター+色々=約2200円/月+15000円~20000円(一括のSIMフリーモバイルルーター代。)

キャリアメールと言うのは、ドコモなら@docomo.ne.jp、auは@ezweb.ne.jp、ソフトバンクは@softbank.ne.jp等のメールアドレスの事です。

SIMフリーモバイルルーターというのは、SIMカードを挿すと、外出先でもネット回線に接続できて、それをWifiでその他の機器に繋がる様にしてくれる物です。

ここでは、モバイルルーターに格安SIMのSIMカードを挿して、外出先では、モバイルルーターを経由して、Wifiでスマホ(やタブレットやノートPC、同時も可)に繋げてデータ通信をします。

その他メリットはその他機器との接続もしやすくなる&同時接続もできる等の部分があります。

格安SIMをモバイルルーターのセットで比較|BIGLOBE・IIJmio・楽天・mineo・DMM

スポンサーリンク


あんま使ってない人が乗り換えるなら大概の人が大幅に月額を安くできる

という事で、スマホ料金高すぎって感じてる時は、どのパターンでも格安SIMを使う事で、大概の人が大幅に月額を安くする事ができます。

キャリアのままでの料金プランの見直しは結構限界があります。

パターン毎にいくらになるかの差はありますが、どのパターンにしても、今のキャリアのスマホ料金(月6500円程度以上)よりも安くなる事に変わりはないです。

月々4000円以上の削減になる事も少なくないです。

特に「スマホ料金高すぎ!」って感じてる場合は、「あんま使ってないのに」ってのがつく事が多いと思うので、かなりの節約になる可能性は高いです。

例外は「一回の電話時間がめっちゃ長くて回数も多い人」

格安SIMに変えたら大概安くなりますが、例外は「一回の電話時間がめっちゃ長くて回数も多い人」です。

格安スマホ各社は10分かけ放題のオプションがある所も多いので、一回の電話が10分以内ならば、格安SIMにしても問題ないです。

ただ、純粋なかけ放題、ってなると、ワイモバイルにして更にオプションをつけるぐらいしか選択肢がないので、一回の電話時間がめっちゃ長くて回数も多い人は難しいって面があります。

電話が多く、かけ放題にしているけど、それでも高すぎるから安くしたいって時は、データの方を格安SIM利用にすれば更にスマホの月額を抑えられます。(ドコモとソフトバンクの場合)

ただ、この場合は2台持ち以上になります。

労力か月額か

格安SIMを検討する際は、「格安SIMに乗り換える労力」と「乗り換えた際の月々4000円以上の削減」を天秤にかけて、どうするか決める事になります。

「格安SIMに乗り換える労力」には以下の様な部分があります。

キャリアメールを残さない場合

「MNP」が一見、一番難しそうに感じるかも知れませんが、労力的にはこの中で一番少ないです。→MNPのやり方


キャリアメールを残す場合

  • ガラケーに戻すための調べ事と作業
    (スマホのプランのままガラケーで使うパターンとガラケープランにするパターンの2つがあります。)
  • キャリアメールをWifiで送受信するための作業
    (ガラケーで送受信する場合は必要ないです。ドコモはガラケーでのメールの送受信を無料にできます。)
  • どの格安SIMにするかを選ぶ労力

関連:ドコモでスマホからガラケーに戻す方法


新しくスマホを購入する場合は、上記にプラスして「どのスマホにするか選ぶ労力」も入って来ます。

今持ってるスマホが格安SIMで使えるかどうかは格安SIM会社の公式HPで確認する事ができます。

格安SIMにして月額いくらになるかのまとめ

キャリアのスマホ料金は、今の料金プランでは、1人~3人程度で使ってる方は「スマホ料金高すぎ!」ってなりやすい状態になってます。

「データプランの方の定額料金が高い」ので、ネット利用が「普通」だったり「あんましない」って人には、「スマホ料金高すぎ!」ってなります。

格安SIMはデータ通信がかなり安い状態になっていて、更にデータ利用状況に応じた量のプランが選べて安くしやすくなってます。

その代わり、純粋なかけ放題の部分やピーク時の速度(出勤・通学時、12時台、帰宅時)、サポート面だったりはキャリアよりも劣る部分があります。

「1人~3人で使ってる」「ネットもあんましない」人なら、格安SIMに変えるとスマホ料金をかなり抑えられます。

「通話はあんましないけど、データはまぁまぁ使う」って人も、データ通信のプランが格安SIMは安いので、月額を安くする事ができます。

私は、キャリアの旧プランで「080、090での発信電話はほぼしない&外出先ではネットもそんな多くない状態」だったので、格安SIMに変更しました。

キャリアの旧プランの時は月額6225円+税で、「そんな使ってないのに高すぎる・・・。」って感じでしたが、2台持ちにして、今払ってる携帯関係の月額は2300円程度(税込)です。

これなら、まっOK!って感じにできました。

という事で、「スマホ料金が高い!」ってなってる時はどのパターンでも良いので、格安SIMを使って月額安くするのがおすすめです。

使い心地は変わらず、「こんな安くなんだ・・・。」って利用状況なパターンなので。

私が今から格安SIMに申し込むならば、以下のいずれかの格安SIMを契約します。

▲繰り越し分がシェアの対象外
3GBの値段がちょっとだけ高い

ソフトバンク回線の音声SIM!
ピーク時の速度
1GBプランでLINEのGB減らず値段も安い!
3GBプランで主要SNSのGBが減らない!
LINEでID検索可能
LINEモバイル
▲ピーク時の速度
シェアSIMへMNP転入するには主SIMが音声SIMの必要アリ

名義変更なしでシェアSIMへMNP転入できる!!
6GBが安価!
映画・遊園地・ホテル等々の優待・割引サービス!
BIGLOBEモバイルを見る
▲2年縛りプラン
2年縛りじゃないプランはGBの選択肢が少ない

◎ピーク時の速度!
割引額が多い機種の端末セットが割安で電話もするなら割安度UP!
UQモバイル

スポンサーリンク