格安SIMの選び方

どの格安SIMを使うか選ぶ時は、結構ごちゃごちゃしてくると思いますが、まず、

  • 音声プランなのかデータプランなのか
  • 容量
  • 対応端末なのかどうか

を確認&決定して、その後は格安SIM会社毎の特徴で決めていけばOKです。

音声なのかデータなのか

音声なのかデータなのかは、080、090番号を格安SIMで使うかどうかで決められます。

  • 同じ番号をそのまま使いたい(MNP)→音声通話プラン(音声対応SIMプラン)から選ぶ
  • 090や080の番号は格安SIMにはいらない→データ通信専用プランから選ぶ

「090や080の番号は格安SIMにはいらない」というのは、2台持ちなどです。

こちらもIP電話やネット経由の電話(LINE電話とかFaceTimeオーディオとか)はできます。

話せないとかマイク機能が使えないとかではなく、090、080での音声通話はできないのがデータ専用プランです。発信も受信も。

LINEの認証は2台持ちならガラケーの番号でできます。

また、音声プランの方もちゃんとデータ通信(ネット)はできます。

SMS付きがおすすめ

データ用プランにはSMS付きプランとSMSなしのプランがありますが、SMS付きプランがおすすめです。

SMS付きにすると大体、月額120~150円かかります。

が、SMSなしだと、バッテリー消耗が激しくなっちゃう「セルスタンバイ問題」やスマホにアンテナが表示されない「アンテナピクト問題」とかがあるので、SMS付きが良いです。

音声通話プランの方は電話番号が使えてSMSが付いているので、そもそも「SMSのあり・なし」を選ぶ状態にはなっていません。

なので、音声プランの場合はSMS関係で考える事はないです。

その他詳細:格安SIMは音声通話付きSIMプランとデータ通信専用SIMのどっちを選べば良いのか

スポンサーリンク


どの容量にすれば良いのか

格安SIMのどの容量のプランにするかは、今の自分の利用状況を確認すれば選べる様になります。

格安SIMで初めてスマホにするという場合は、最初は1GB、3GB等のプランにするのが良いと思います。

~3GBのプランが一番加入者が多い様です。

私は~1GBで余裕なぐらいしか使ってませんでした。

なので1GBのプランにしています。

ほとんどのSIM会社で、データ容量の買い増しができます。(利用していて足りなくなった時に増やせる様になってます。SIM会社のアプリやMyPage的な物で。)

また、同じSIM会社ならば、プランの変更も容易ですので、容量は結構悩むと思いますが、とりあえず決めて、足りなかったり多かったら、後々変えるってぐらいでOKな事がほとんどです。

格安SIM会社自体を変える場合は、使用期間によっては解約金がかかります。また、MNP(番号そのままでの乗り換え)の費用も再度かかります。

(どちらも音声プランの場合。データ用プランは解約金なし、や、契約月の月末まで使えばゼロとかが多いです。)

対応端末なのかどうか

格安SIMを選ぶ時は、今使ってるスマホ(手持ちのスマホ)が、選ぶ格安SIM会社の対応端末(動作確認済みのスマホ)なのかどうかも確認する必要があります。

これは各、格安SIM会社の公式HPで確認できます。

今持ってる自分のスマホが格安SIMの対応端末なのかどうかの確認方法

今持ってるスマホが使えない場合やどうしても使いたい格安SIMがあるって場合は、いずれかのパターンで新たにスマホを用意する必要があります。

とりあえず、上記の

  • 音声かデータか
  • どの容量か
  • 対応端末かどうか

が合ってれば、格安SIMで今までと同じ様にスマホが使えます。

格安SIM会社毎の特徴

この後は、その使える状況の中でどの格安SIMを選ぶかの判断のため、格安SIM会社毎の特徴を比較します。

格安SIM会社によって、月額以外にシェアや機能、提携サービス、最低利用期間等、違いがあるので。

以下は、格安SIM会社の特徴と、そのSIM会社の「選び所」になるおすすめのプランです。

特徴 格安SIM会社
&特徴まとめ
シェアコースがかなり良い
・最大4枚まで追加可能
5人家族のMNP転入もOK
・+830円/月で「10分かけ放題」
・+650円/月で「3分かけ放題」
・主契約者と異なる名義でも
キャリアの名義変更なしで
追加SIMへMNP可能。
・90分月830円の通話オプション
・60分月650円の通話オプション
Wifiオートコネクト機能
コンビニや喫茶店で自動でWifi
エンタメフリーオプション
音声SIMは+480円/月。
データSIMは+980円/月。
・「6GB」のプランがある
・データ繰越可
・年会費のかかるクレカである様
福利厚生系のサービス
BIGLOBEモバイルを見る

シェア系がかなり優秀
&Wifi
・au回線
速度が安定的に速い事が魅力
実質100円+税の端末セットがお得
(おしゃべりプラン・ぴったりプランは2年縛りな事には注意)
・auかんたん決済が使える
・データ繰越可
・ターボ機能
(高速通信のON・OFFで
データ量を自分で調節できる)
・無料のwifiスポット機能
・容量無制限プランあり
UQモバイル

速度
au回線
SoftBank回線またはドコモ回線
LINEの通話とトークが使い放題
・トークに動画や写真を上げても、
契約GBが減らない
・3GB以上は主なSNSも使い放題
1GBの料金が安い
・LINEで契約GB分をシェア可能
・データ繰越可
・LINEでID検索が可能
・10分かけ放題オプション
LINEモバイル

高速
LINEでGBが減らない
・ドコモとauのプランがある
同一住所じゃなくても
データ容量を分け合える
・少なめのデータ量からシェア可
・回線の譲渡が可能
バースト機能
・データ繰越可
・ターボ機能
(高速通信のON・OFFで
データ量を自分で調節できる)
10分かけ放題のオプション
・通話定額オプション
(30分又は60分)
固定電話(国内)へ3分8円の
「LaLa Call」
がお得
(050番号での発信)
mineoを見る

シェアがかなり優秀
&回線複数(ドコモ・au)
バースト機能
(月のデータ容量を超えて
も、初速は通信速度が速い)
・追加SIMのMNP転入が
可能なファミリープラン
・音声SIM5枚+データSIM5枚の
最大10枚まで持てるプラン
・データ繰越可
・期間内の解約金が段々減ってく
(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月
とした利用月数)×1,000円
IIJmioを見る

MNP転入可な追加SIM
バースト
全プラン最安値水準
・細かく容量を選べる
バースト機能
(月のデータ容量を超えて
も、初速は通信速度が速い)
・データ繰越可
・10分かけ放題オプション
・SNSフリーのオプション
DMMモバイル

安さ&プラン数&バースト
・5分以内の電話が無料の
「5分かけ放題オプション」
(+850円/月)
通話SIMの契約で楽天市場の
ポイントがいつでも2倍

・データ繰越可
・+100円/月で繰越分を
誰とでもシェア可能
楽天モバイル

楽天!
どのプランも最安値水準
・ネット使い放題プランあり
・10分以内の電話が無料の
かけ放題オプション
(+820円/月)
・データ繰越可
・年会費のかかるクレカである様
福利厚生系のサービス
DTI SIM

安さ
・ターボ機能
(高速通信のON・OFFで
データ量を自分で調節できる)
日でデータ容量制限のコース
・SIMカードが多く持てる
(追加は4枚まで=計5枚)
・データ繰越可
・10分かけ放題のオプション
・最低利用期間
利用開始月を1ヵ月目として
6ヵ月目までと短い
OCN モバイル ONE

日コース&シェア
・LTE使い放題プラン
・ワイモバイルネットワークの
10分以内月300回
のかけ放題
のプラン
・「スマホでUSEN」のプラン
U-mobile

無制限と
10分かけ放題のプラン
・容量無制限プランあり
・利用状況で月額が変わる
「b-mobile おかわりSIM」
・音声SIMの最低利用期間
開通日から5ヶ月間と短め
b-mobileを見る

無制限プラン
5段階プラン

という事で、格安SIMの選び方でした。

まとめると、

音声・データ用のどちらかを判断
どの容量にするかを判断
公式HPで手元のスマホが動作端末なのかどうかを判断

した後は、普通の買い物と同じ様に、そのSIM会社の特徴を加味して選ぶ事になります。

スポンサーリンク