格安SIMの選び方

どの格安SIMを使うか選ぶ時は、結構ごちゃごちゃしてくると思いますが、まず、

  • 音声プランなのかデータプランなのか
  • 容量
  • 対応端末なのかどうか

を確認&決定して、その後は格安SIM会社毎の特徴で決めていけばOKです。

音声なのかデータなのか

音声なのかデータなのかは、080、090番号を格安SIMで使うかどうかで決められます。

  • 同じ番号をそのまま使いたい(MNP)→音声通話プラン(音声対応SIMプラン)から選ぶ
  • 090や080の番号は格安SIMにはいらない→データ通信専用プランから選ぶ

「090や080の番号は格安SIMにはいらない」というのは、2台持ちなどです。

こちらもIP電話やネット経由の電話(LINE電話とかFaceTimeオーディオとか)はできます。

話せないとかマイク機能が使えないとかではなく、090、080での音声通話はできないのがデータ専用プランです。発信も受信も。

LINEの認証は2台持ちならガラケーの番号でできます。

また、音声プランの方もちゃんとデータ通信(ネット)はできます。

SMS付きがおすすめ

データ用プランにはSMS付きプランとSMSなしのプランがありますが、SMS付きプランがおすすめです。

SMS付きにすると大体、月額120~150円かかります。

が、SMSなしだと、バッテリー消耗が激しくなっちゃう「セルスタンバイ問題」やスマホにアンテナが表示されない「アンテナピクト問題」とかがあるので、SMS付きが良いです。

音声通話プランの方は電話番号が使えてSMSが付いているので、そもそも「SMSのあり・なし」を選ぶ状態にはなっていません。

なので、音声プランの場合はSMS関係で考える事はないです。

その他詳細:格安SIMは音声通話付きSIMプランとデータ通信専用SIMのどっちを選べば良いのか

スポンサーリンク


どの容量にすれば良いのか

格安SIMのどの容量のプランにするかは、今の自分の利用状況を確認すれば選べる様になります。

格安SIMで初めてスマホにするという場合は、最初は1GB、3GB等のプランにするのが良いと思います。

~3GBのプランが一番加入者が多い様です。

私は~1GBで余裕なぐらいしか使ってませんでした。

なので1GBのプランにしています。

ほとんどのSIM会社で、データ容量の買い増しができます。(利用していて足りなくなった時に増やせる様になってます。SIM会社のアプリやMyPage的な物で。)

また、同じSIM会社ならば、プランの変更も容易ですので、容量は結構悩むと思いますが、とりあえず決めて、足りなかったり多かったら、後々変えるってぐらいでOKな事がほとんどです。

格安SIM会社自体を変える場合は、使用期間によっては解約金がかかります。また、MNP(番号そのままでの乗り換え)の費用も再度かかります。

(どちらも音声プランの場合。データ用プランは解約金なし、や、契約月の月末まで使えばゼロとかが多いです。)

対応端末なのかどうか

格安SIMを選ぶ時は、今使ってるスマホ(手持ちのスマホ)が、選ぶ格安SIM会社の対応端末(動作確認済みのスマホ)なのかどうかも確認する必要があります。

これは各、格安SIM会社の公式HPで確認できます。

今持ってる自分のスマホが格安SIMの対応端末なのかどうかの確認方法

今持ってるスマホが使えない場合やどうしても使いたい格安SIMがあるって場合は、いずれかのパターンで新たにスマホを用意する必要があります。

とりあえず、上記の

  • 音声かデータか
  • どの容量か
  • 対応端末かどうか

が合ってれば、格安SIMで今までと同じ様にスマホが使えます。

格安SIM会社毎の特徴

この後は、その使える状況の中でどの格安SIMを選ぶかの判断のため、格安SIM会社毎の特徴を比較します。

格安SIM会社によって、月額以外にシェアや機能、提携サービス、最低利用期間等、違いがあるので。

以下は、格安SIM会社の特徴と、そのSIM会社の「選び所」になるおすすめのプランです。

特徴 格安SIM会社
&特徴まとめ
・ドコモとauのプランがある
同一住所じゃなくても
データ容量を分け合える
・少なめのデータ量からシェア可
・回線の譲渡が可能
バースト機能
・データ繰越可
・ターボ機能
(高速通信のON・OFFで
データ量を自分で調節できる)
・通話定額オプション
(30分又は60分)
固定電話(国内)へ3分8円の
「LaLa Call」
がお得
(050番号での発信)
mineoを見る

シェアがかなり優秀
&回線複数(ドコモ・au)
シェアコースがかなり良い
・最大4枚まで追加可能
5人家族のMNP転入もOK
・+650円/月で「3分かけ放題」
・主契約者と異なる名義でも
キャリアの名義変更なしで
追加SIMへMNP可能。
・60分月650円の通話オプション
Wifiオートコネクト機能
コンビニや喫茶店で自動でWifi
エンタメフリーオプション
音声SIMは+480円/月。
データSIMは+980円/月。
・「6GB」のプランがある
・データ繰越可
・年会費のかかるクレカである様
福利厚生系のサービス
BIGLOBEモバイル

シェア系がかなり優秀
&Wifi
・何分でも何回でもOKな
「かけ放題オプション」
(+2380円/月)
・5分以内の電話が無料の
「5分かけ放題オプション」
(+850円/月)
通話SIMの契約で楽天市場の
ポイントがいつでも2倍

・データ繰越可
・+100円/月で繰越分を
誰とでもシェア可能
【楽天モバイル】

楽天!
&かけ放題
全プラン最安値水準
・細かく容量を選べる
バースト機能
(月のデータ容量を超えて
も、初速は通信速度が速い)
・データ繰越可
・5分かけ放題オプション
DMMモバイル

安さ&プラン数&バースト
バースト機能
(月のデータ容量を超えて
も、初速は通信速度が速い)
・追加SIMのMNP転入が
可能なファミリープラン
・音声SIM5枚+データSIM5枚の
最大10枚まで持てるプラン
・データ繰越可
・期間内の解約金が段々減ってく
(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月
とした利用月数)×1,000円
IIJmio

MNP転入可な追加SIM
バースト
LINEの通話とトークが使い放題
・トークに動画や写真を上げても、
契約GBが減らない
・3GB以上は主なSNSも使い放題
1GBの料金が安い
・LINEで契約GB分をシェア可能
・データ繰越可
・LINEでID検索が可能
・10分かけ放題オプション
LINEモバイル

高速
LINEでGBが減らない
どのプランも最安値水準
・ネット使い放題プランあり
・5分以内の電話が無料の
「でんわかけ放題オプション」
(+780円/月)
・データ繰越可
・年会費のかかるクレカである様
福利厚生系のサービス
DTI SIM

安さ&かけ放題
&ネットし放題
・au回線
速度が安定的に速い事が魅力
・データ繰越可
・ターボ機能
(高速通信のON・OFFで
データ量を自分で調節できる)
・容量無制限プランあり
UQ mobile

速度
au回線
・ターボ機能
(高速通信のON・OFFで
データ量を自分で調節できる)
日でデータ容量制限のコース
・SIMカードが多く持てる
(追加は4枚まで=計5枚)
・データ繰越可
・最低利用期間
利用開始月を1ヵ月目として
6ヵ月目までと短い
OCN モバイル ONE

日コース&シェア
・LTE使い放題プラン
・ワイモバイルネットワークの
10分以内月300回
のかけ放題
のプラン
・「スマホでUSEN」のプラン
U-mobile

無制限と
10分かけ放題のプラン
・容量無制限プランあり
・利用状況で月額が変わる
「b-mobile おかわりSIM」
・音声SIMの最低利用期間
開通日から5ヶ月間と短め
b-mobileを見る

無制限プラン
5段階プラン

という事で、格安SIMの選び方でした。

まとめると、

音声・データ用のどちらかを判断
どの容量にするかを判断
公式HPで手元のスマホが動作端末なのかどうかを判断

した後は、普通の買い物と同じ様に、そのSIM会社の特徴を加味して選ぶ事になります。

スポンサーリンク