JCBカードWは国際ブランド(使えるお店に影響)がJCBなので、国内では特に問題ないですが、海外行った時にクレジットカード払いする際には、使えるお店の数的に問題が出る事はあり得ます。
(日本人が行くことが多い旅行先の街などでは使えるとは思います。)

なので、海外旅行行くならJCBカードWの他にVISAかMastercardのクレカをもう一枚作成した方が良いです。

クレジットカードは加盟店ならば使えるという物

クレジットカードは、国際ブランドの決済システムを導入している加盟店ならば使える、という物です。

国際ブランドは、JCBやVISAやMastecard等の事です。

加盟しているお店ならば、レジ横などにあるステッカーやロゴの一覧の所にその国際ブランドのマークが載ってます。

ステッカーに、「JCB」があるなら「JCB」のクレジットカードが使え、「VISA」があるなら「VISA」が使えます。

「Mastercard」も同様で、どこでも使えるわけじゃなく、レジ横のステッカー等に「Mastercard」のロゴがあるかどうかで使えるお店なのかが分かります。

JCBもあって、VISAもあって、Mastercardもある、なら3つ全部が使えます。

JCBカードWやplus Lの国際ブランドはJCB

JCBカードWやJCBカードW plus Lの国際ブランドはJCBです。

なので、「JCB」のマークがあるお店ならばJCBカードWやJCBカードW plus Lでクレジットカード払いができます。

ないなら基本できないです。日本ならば一応聞いてみるのも良いとは思いますが。

海外も含めるとVISAやMastercardのシェアが高い

JCBは日本発の国際ブランドで、日本においては問題ないシェアがありますが、海外も含めるとVISAやMastercardのシェアが高いです。

なので、海外旅行行くならば、国際ブランドがVISAかMastercardのクレジットカードを後にもう一枚作成するのが無難です。

日本では、ステッカーに「JCB」も「VISA」も「Mastercard」もあるお店が大半です。

が、海外では、「VISA」や「Mastercard」はあるけど「JCB」はない事も多いという意味合いです。シェア的に。

サブカードとして作るならエポスカード

もう一枚、JCBじゃないクレジットカードをサブカードとして作るならば、エポスカードがおすすめです。

エポスカードの国際ブランドは「VISA」です。

エポスカードは海外旅行傷害保険が自動付帯なのと、JCBカードWを補完してくれる部分があるためです。

他にもう一枚Mastercardのプリペイドカードなんかもあり

他にもう一枚Mastercardのプリペイドカードなんかも作っていくと便利かと思います。

プリペイドカードなので、クレジットカードじゃないので海外に持ってくなら不安がより少ないって感じにもできます。

クレカは不正利用されたら60日前までさかのぼって補償してくれるので金銭的な部分では不安は感じなくて良いとは思いますが、不正利用された場合の後のカード番号の変更だったり、申請の労力とかを考えると、プリペイドカードを作っておくのはメリット感じると思います。

プリペイドカードなのでチャージ的な作業は必要にはなりますが。

という事で、後々海外旅行行くと思うって感じならば、JCBカードWを作る事にしたならば、後にVISAかMastercardのクレカをもう一枚作成しておいた方が良いです。

シェア的に海外ではVISAかMastercardが必要になる事が多いので。

JCB「W」