mineoに申し込む際に「契約しているギガ数の上限を超過したらどうなっちゃうの?余計に費用かかる?」って疑問が出る事があると思うので、それについて記載します。

結論的には、契約しているプランの上限を超過(容量オーバー)しても余計に費用が請求される事はありません。

上限を超えたら、ただ単に200kbpsの低速モードに速度制限されるだけ、です。

「超えちゃったらその分の費用を自動で請求される」とかはありません。

で、翌月になったらまた契約しているギガ数分が使える様になります。

なので、mineo↓に申し込む前に「気付かない内に容量オーバーしちゃってその分月額高くなるんじゃないか?」って心配になる事があるかもしれませんが安心してOKです。

mineo

速度制限されてもmineoにはバースト機能がある

また、ギガ数の上限を超過して200kbpsに速度制限されても、mineoにはバースト機能があるので、大概の事は普通にできる格安SIMです。

メールはもちろん、LINE、SNS、ネット検索等々は楽に行なえます。

なので、上限を超過して速度制限されちゃったら、費用はかからないけど満足にスマホが使えなくなるのか?って疑問が出るかもしれませんが、mineoの場合は過度に心配しなくてOKです。

バースト機能がある格安SIMなので。

むしろ、上記のLINE、ネット検索等の使い方がメインって人は多いので、最少の500MBのプランを選ぶのでもほぼ問題なくスマホが使える人が多いって所です。

データ繰越もある

また、mineoにはデータ繰越があります。

契約しているギガが余ったら、翌月末まで繰り越しになってその分使えるギガが増える機能です。



1GB契約で400MBを使用(残量600MB)
→翌月は1GB+600MB≒1.6GB使える
→その月に700MB使用(残量900MB)
→翌月1GB+900MB≒1.9GB使える

なので、契約しているギガの容量をオーバーしないで使っていくのはそんな難しくありません。

ターボ機能もある

mineoは「ターボ機能」っていう高速通信容量を節約(GB数を節約)できる機能もあります。

専用アプリで高速通信にする・しないを切り替えて使う事が可能です。

  • 節約モードON=200kbpsの低速モードになり、GB数が減らない状態(バースト機能が効くのでLINE、SNSとかは普通にできます。)
  • 節約モードOFF=GB減る状態=動画とか、ネット接続するアプリとかで使う

ってすると上限超過の心配もかなり減ると思います。

チャージもある

また、超過して通信制限になった月に「どうしても今月に高速通信したい!」ってなった時は、高速通信容量100MBにつき150円+税で買えるので、仮にそうなったとしても問題ないです。

mineoで上限超過したらどうなっちゃうの?って時のまとめ

という事で、mineoに申し込む際に容量超えたらどうなっちゃうんだろ?って心配になる事があるかも知れませんが、mineoで容量オーバーしても速度制限されるだけ、で、余分に料金を請求される事はないです。

で、mineoはバースト機能があり、データ繰越・ターボ機能等々もある格安SIMなので、超過せずに使うのも可能だし、超過してもスマホでやるメイン的な事はほぼ問題なくできるって所です。

他にも、データ容量に関しては、パケットシェアだったり、パケットギフト同一住所じゃない家族とシェアとか知り合いと、とか)で他のmineoユーザーと分け合えるので、超過に関して過度に心配する必要はないかと思います。

また、申し込んだ後の「料金プランの変更(GB数の変更)」も簡単にできます。

また、「3日制限」もmineoはない様な状態の格安SIMです。

って事で、mineoで上限を超過しちゃったらどうなるのか?関係でした。

超過しにくく(データ繰越・ターボ機能・パケットギフト・コース変更が楽)、超過してもスマホの使用にあんま問題なく(バースト機能)、超過しても費用はかからないのがmineo↓です。

利用者登録をすれば18歳未満の家族もmineoにできるので、子供のスマホをmineoにしたいって時にも、知らない所で容量超過して費用がかさむんじゃないか?って心配が出るかもしれませんが、ギガ数の超過による請求はないので安心してOKです。

mineo