LINEモバイルはLINEのアカウントと利用者連携すれば、「データプレゼント」でLINEの友だちにパケット容量をシェアできます。

友だちもLINEモバイル契約してて利用者連携していれば。

で、LINEモバイルは余ったGBは翌月に繰り越しできます。

容量シェアは、ラインで友だちになってれば良いので、同一住所じゃなくても大丈夫ですし、家族じゃなくても分けれるので、シェア機能としてはかなり特徴があります。

なので、シェア目的でLINEモバイルの契約を考える方もいると思います。

が、LINEモバイルのシェアは、繰り越し分はできないという点に注意して下さい。

LINEモバイル

どこからシェアって自分のから

で、どこから容量シェアする事になるかというと、自分の契約プランからです。

当月の基本容量のみがプレゼントできるシェアの対象です。

申し込みの際に公式HPを見ると「月々の余ったデータ通信量をLINEの友だちにプレゼントしたりできます。」ってあるので、間違えやすいと思いますが、「余ったデータ通信量」は、「余って繰り越された通信量」ではなく、ただ単純に「契約GBが多くて余ってる通信量」という意味合いです。

上述した様に前月から繰り越されたGBはシェアの対象外ですし、その他にも、追加したデータ量(チャージ分)や友だちにデータプレゼントしてもらった分、もシェア可能な物の対象外です。

とりあえず、ラインの友だちとシェアできるのは「当月のデータ残量のみ」と思っておくのが分かりやすいです。

なので、LINEモバイルを家族でのシェア目的なんかで検討している場合は、このシェアのやり方も加味して検討する様にして下さい。

繰り越されるデータ容量は減る

繰越分からシェアできない、という事は、来月に繰り越されるデータ容量が減る、という面があります。

消費したのと同じ事なので。

当月に繰り越し分がない状態でデータプレゼントをしたならば、その当月に速攻で契約GB以下でスマホを使う事になります。

なので、シェアの面でLINEモバイルを候補にした場合は注意しておいて下さい。

シェアできる大概の格安SIMでは、繰り越し分も含めてシェアできるので、この部分は後々改善されるかも知れませんが、今の所は、そういう分け合い方になっています。

ちなみに、シェアした容量は繰り越されません。

また、シェアする容量を選ぶ時のMBの単位もちょい大きいのでそこも注意しておいて下さい。

LINEモバイルは今の所ドコモ回線の格安SIMの中では速度が速いし、SNSのカウントフリーがかなり良いので、この繰越分のシェアができない部分だけが唯一レベルの注意点って感じです。

という事で、LINEモバイルの容量シェアに関してでした。

データプレゼントでラインの友だちにパケットを分ける時は、繰り越し分からじゃなく、自分が契約したプランの「当月のGBからプレゼント」な事に注意して下さい。

LINEモバイル

スポンサーリンク