固定回線を格安SIMにせず、普通に光回線にする方が良い人の目安を以下に記載します。

基本的には、格安SIM+モバイルルーターで代替して良い人の反対です。

何を基準にするか その際の目安
世帯人数 4人以上
端末の数 持ってるPCが4台以上
タブレット2台以上
スマホ人数分
利用用途 動画視聴やネットゲームが
メイン用途の人が一人以上いる
家のキャリア
の電波状況
電波MAXの所がない
月のGB使用量 10GBは余裕で使う

上記の様な人は、格安SIM+モバイルルーターで固定回線を代用するよりも、普通に光回線を使う方が、値段的にも割安ですし、使用感的にも良いです。

格安SIMだと使えるGBの上限がありますが、光回線だと基本上限はないので。

※格安SIMにも使い放題のプランはありますが、3日制限や、そもそも最大通信速度が500Mbps等に制限されていたりします。

格安SIMでなく、Wimaxも選択肢としてはありますが、上記の状態の方は、普通に光回線が満足しやすいって感じです。

そもそも、光回線の4000円~4500円を人数(4人以上)で割れば、一人当たり1000円~1125円と、普通に安いので。

使うデータ使用量で考えると割安度合いがもっと高くなります。

なので、上記の方は、光回線の方が逆に安いです。

節約の仕方があるとすれば、月額はほぼ変わらないですが、乗り換えによるキャッシュバック等です。

スポンサーリンク


上記目安の理由

以下は、上記の理由です。

世帯人数が4人以上だと、それだけ、1人当たりに使えるGBが減ります。

格安SIM+モバイルルーターでも、大容量プランを複数契約すればGB量としては問題なくはできますが、そうすると、光回線と比べた際の節約度合いが減って、割に合わなくなります。

端末の数がPC4台、タブレット2台、スマホ人数分、としたのは、端末の数が増えれば増えるだけ、OSアップデートやアプリのアップデートで使うGBが増えるためです。

プランの容量に上限のある格安SIMだとネットの使用にかなり制限が出ます。

無駄にしない様に気を付けないといけなかったり。
端末の数が多くて節約になるプランだと大概ギリギリなので。

利用用途が動画視聴やネットゲームがメインの方が一人でもいる場合は、普通に光回線が割安です。

どちらもめちゃくちゃデータ使用量が多い用途なので、これがメインだときつい、というのと、格安SIM+モバイルルーターにすると、これらの用途だと使用感にかなりの影響が出ちゃう事があるので。

家の電波状況は、「格安SIM+モバイルルーター」は、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の電波を掴んでの利用なので、家に電波MAXで入る箇所がないなら難しいです。

また、遮蔽物があると、電波弱くなるので、夜でも雨戸閉めない所かつ電波良い所や、雨戸閉めても関係なく電波強い所がないと厳しいです。

GBでの目安を10GBとしたのは、光回線の月額や切り替えで節約できる額から考えると、月の通信量が10GB程度じゃないと格安SIM+モバイルルーターにしても値段の差があまり生まれないためです。

何ギガ使ってるかの計算は固定回線のデータ使用の確認方法をご覧下さい。

まとめると、人数多く、PC多く、用途が動画やネトゲの人が一人以上いるって場合は、格安SIM+モバイルルーターに変える事なく(する事なく)、固定回線を選ぶ、のが割安です。

もう既に光回線の方が更に節約するとしたら、「工事不要で、オプション加入なしでキャッシュバックが入る所」への乗り換えで、キャッシュバック額を節約相当額にするって感じになります。新規契約の方も同じです。額が違う事があるぐらいで。

乗り換えの場合は、今の固定回線の「定期契約の縛り」に一応注意する様にして下さい。(大概は出してもらえます。)

という事で、固定回線を格安SIMじゃなく普通に光回線にした方が良い人の目安、でした。

スポンサーリンク