格安SIMは、ドコモやauの中古のスマホも使用できます。

ドコモやauの中古スマホを格安SIMで使いたい時に確認しておきたいのは、以下の3つです。

  1. 回線が合っている格安SIM会社か
  2. 動作確認済み端末にあるかどうか
  3. 「ネットワーク利用制限」の対象でないか

端末と回線を合わせる

格安SIM用に中古のスマホを購入したり、キャリアの中古の端末をもらったから格安SIMで使いたいって場合は、端末と回線を合わせる必要があります。

  • ドコモから販売されたスマホ→ドコモ回線の格安SIMにする。
  • auから販売されたスマホ→ au回線の格安SIMにする。

格安SIM会社はドコモ回線を使っている所が多いので、今から格安SIM用に中古端末を買う場合は、ドコモの端末(ドコモから販売されたスマホ)にする方が、選べる格安SIM会社を多くできます。

au回線には、「UQ mobile」や、「mineo(マイネオ)」があります。

UQ mobile
mineo(マイネオ)

ソフトバンクの回線を使用していて番号そのままで移行できる格安SIMは今の所ないので、手持ちにSIMロック解除はできないソフトバンクのスマホがあるから利用したいって場合は、SIMフリーのモバイルルーターのセットを購入するパターンが一番やり易いと思います。

今から中古スマホを購入する場合は、ドコモがおすすめです。

何で回線を合わせる必要があるのか?の関連記事:キャリア解約時にSIMロック解除すれば手持ちのスマホが格安SIMで使えるの?って疑問について

また、SIMロック解除済みの物はどの回線でも使えるので、回線の合わせるというか、スマホの対応周波数と回線で使用されている周波数帯を合わせる様にして下さい。

ちなみに、どこのキャリアのであっても、SIMロック解除済みのiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plusの端末は、どの格安SIMでも使えます

関連:auのiPhoneをSIMロック解除する手順

スポンサーリンク


動作確認済み端末から買う

また、格安SIM会社のHPに行けば、「動作確認済の端末」が掲載されているので、今から中古スマホを購入する場合はその中から選ぶ様にして下さい。

「動作確認済の端末」にないスマホを使用しても、回線が合っていたら使える事はありますが、使えない事ももちろんあるので。

譲ってもらったり、もらい受けたスマホを使う場合は、逆に、「動作確認済み端末」にそのスマホがある格安SIM会社の中から選ぶ事になります。

中古スマホは「ネットワーク利用制限」に注意

ドコモやauの中古スマホをこれから買う場合は、「ネットワーク利用制限」がされていないかどうかに注意して下さい。

ネットワーク利用制限は、キャリア(ドコモやau)が自社のシステムに携帯の製造番号を登録して、通話や通信の利用を制限する物です。

具体的には以下の様な携帯・スマホが「ネットワーク利用制限」の対象として登録されます。

ドコモ|ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイトより引用

「ネットワーク利用制限」の対象となる携帯電話機

  • ドコモショップなどの販売店での窃盗(盗難)や詐欺などの犯罪行為により、不正に入手された携帯電話機
  • 本人確認書類偽造や申込書の記載内容(お名前、住所、生年月日など)に虚偽の申告が含まれているなど、不正な契約により入手された携帯電話機
  • ケータイ補償サービスにより、補償対象となった旧携帯電話機

※ 一度ネットワーク利用制限を実施した携帯電話機の利用制限解除はいたしませんので、オークションや中古市場でご購入いただく場合は、ご注意ください。

「ネットワーク利用制限」の対象の中古スマホを購入するとドコモ回線やau回線が使えません。=格安SIMで使えない。

これは、格安SIMのSIMカードを挿しても通話やデータ通信(ネット接続)ができないスマホです。

なので、これから中古スマホを購入する場合は、「ネットワーク利用制限」の確認が必須です。

ちゃんと使える中古端末なのかの確認の仕方

キャリアの回線がちゃんと使える中古端末なのかは、キャリアの確認サイト↓で製造番号を入力すれば分かります。


通販などの場合は、大概商品ページに「製造番号」の記載があります。

それを上記のキャリアのHPで打ち込んでちゃんと使えるスマホなのかを確認します。

製造番号が記載されていない所でも、端末交換の「保証」がされている所もあります。

製造番号が記載されてなくて前もって確認できなかったり、保証もないって場合は、安くても避けた方が良いかと思います。

キャリアのHPにも記載されていますが、特にオークション等、個人間でのやり取りの場合は注意して下さい。

実際に手元に届いた後「ネットワーク利用制限」されてる事が分かったとしても、やれる事が限られちゃうので。

白ロム・赤ロム

ちなみに、「ネットワーク利用制限」が、

  • されていない中古スマホ→白ロム
  • されている中古スマホ→赤ロム

って呼ばれます。

中古スマホの商品ページに上記の単語が記載されている事が多いのですが、「白ロム」が格安SIMでもちゃんと使える中古のスマホの事で、「赤ロム」が正常に利用できない中古のスマホの事です。

手元にあるスマホの製造番号を確認するには?

手元にあるスマホの「製造番号」の確認の仕方も上記のキャリアの確認ページに記載されています。

  • スマホのバッテリーを外した所に記載されている「製」または「IMEI」の後の15桁の数字を確認する。
    (電源を落とした状態で確認します。)

  • スマホの電源が入っている状態で*#06#と入力→画面へ表示される機種もある。

また、上記のauのHPに記載されていましたが、iPhone5はMEID (半角数字14桁)みたいです。

スポンサーリンク


中古スマホはどこで買える?

中古スマホは、ネット通販でも買えますし、リサイクルショップ等の実店鋪でも購入できます。

通販では、中古スマホを専門で販売している所なんかありますし、大手の通販ショップにも中古スマホを取り扱っている所もあります。

また、格安SIM会社にも新古品(「誰も使ってないけど、キャリアから買い取ったスマホ」です。一応中古のくくりです。車などと同じです。)を販売してる所もあります。

中古のスマホを格安SIMで使いたい場合のまとめ

まとめると、格安SIMでキャリアの中古スマホを使う場合は、

  • 回線を合わせる必要がある
    (格安SIM会社はドコモ回線が多いからドコモの中古端末にすると選択肢が多い)

  • 「動作確認済み端末」の中から買うのが無難

  • 購入時には「ネットワーク利用制限」の端末(赤ロム)に注意

ってのに注意しながら、中古スマホを購入したり、利用する格安SIM会社を選ぶって感じになります。

主な格安SIM会社の使用回線は以下です。

回線 格安SIM会社 音声3GBの月額
auまたはドコモ mineoを見る 1,510円(au)、1,600円(ドコモ)
ドコモまたはau

※au回線はSIMフリーVoLTE対応端末のみ
BIGLOBEモバイル 1,600円
ドコモ 【楽天モバイル】 1,600円(3.1GB)
ドコモ DMMモバイル 1,500円
ドコモまたはau

※au回線はSIMフリーVoLTE対応端末のみ
IIJmio 1,600円
ドコモ LINEモバイル 1690円
ドコモ OCN モバイル ONE 1,600円(110MB/日コース≒3GB/月)
ドコモ DTI SIM 1490円
ドコモ
ワイモバイル(かけ放題プラン)
U-mobile 1,580円(3GB固定のプランの月額)
au UQ mobile 1,680円
ワイモバイル Y!mobile 1年目:2980円
2年目以降:3980円
ドコモ b-mobileを見る 1,800円/3000MB
「b-mobile おかわりSIM」で3GB相当まで使用した時の月額

また、格安SIM用に安くスマホを用意したいって場合は、中古端末だけでなく、「格安スマホ」ってパターンもあります。

格安スマホはSIMとセットで販売されているスマホの事です。

格安スマホと格安SIMの違いは「スマホ本体」か「SIMカード」か

スポンサーリンク