スマホや携帯関係に詳しくない場合、格安スマホにする際にネックになるのはLINEの引き継ぎ作業だと思います。

他のアプリは最悪どうなっても良いけど、LINEが消えるのはきつい、みたいな感じで。

が、携帯番号変えず(MNP転入)で、端末(スマホ本体)を変えないならば、LINEの引き継ぎ作業は発生しません。

格安SIMにしても、何もする事なく、そのままLINEが使えます。

トークも、アルバムも、Keepも、LINE Outのコールクレジットもそのまんまです。

なので、スマホや携帯関係に苦手意識があっても、格安スマホへの移行は特に心配する必要はないです。

ただ、ID検索だけ注意

格安スマホの会社は色々とありますが、どこにしたとしても、LINEのID検索機能は使えなくなる事だけは注意して下さい。
※例外はLINEモバイル

格安スマホに切り替えた後は、ふるふるや、QRコードの読み取りで「友だち」になります。

場所的に離れた相手(最近LINE始めた人とか)とは、QRコードのURLを送って「友だち」になります。

例外的に、LINEモバイルはID検索ができる格安SIMです。

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の年齢認証機能が使えなくなっても、LINEモバイルの契約情報をLINEのアカウントに紐付けられて18歳以上なのかそうでないのかが確認できるので。

格安SIMで、代替手段ではなく、ID検索自体をしたいって場合には、LINEモバイルが選択肢になります。

LINEモバイル

端末セットは引き継ぎ必要

格安SIM・格安スマホにする際に、端末とのセットで申し込む場合は、LINEの引き継ぎ作業が必要になります。

スマホ本体を変えるって事なので。(機種変更)

不安に感じる事があるかも知れませんが、ラインの公式HPのやり方を見ながらやれば、特に難しく感じる事なくできるかと思います。

iPhone→Androidへの変更やその逆では、引き継げるデータ(トーク等)に制限があるので確認する様にして下さい。

という事で、格安スマホにする際のLINEの引き継ぎに関してでした。

格安SIMにした後もスマホ本体をそのまま使う予定ならば、LINEの引き継ぎ作業は発生しないので安心してOKです。

今のスマホが乗り換え後も使えるかは、申し込みたい格安スマホ会社のHPに行って、「動作確認済み端末のページ」に自分のスマホがあるかないかを確認すれば判断できます。

あったならば、申し込みの際にスマホ本体のセットを買う必要はなく、「SIMカードのみ」で申し込めばOKです。

必要なら、乗り換え前にやる事の必要な部分をやって、その後、MNP予約番号を取得→SIMカードのみの音声通話SIMで申し込む、とすれば、090、080、070の自分の携帯番号もそのままですし、使ってるスマホ本体もそのままで乗り換えられます。

スマートフォン本体を変えないのでLINEの引き継ぎ作業も発生しません。

ちなみに、SIMロック解除したiPhoneはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線、どの回線を使ってる格安スマホの会社でも使えます

表は各社の使用回線・HP・3GBプランの値段です。

回線 格安SIM会社 音声3GBの月額
auまたはドコモ mineoを見る 1,510円(au)、1,600円(ドコモ)
ドコモまたはau

※au回線はSIMフリーVoLTE対応端末のみ
BIGLOBEモバイル 1,600円
ドコモ 【楽天モバイル】 1,600円(3.1GB)
ドコモ DMMモバイル 1,500円
ドコモまたはau

※au回線はSIMフリーVoLTE対応端末のみ
IIJmio 1,600円
ドコモ LINEモバイル 1690円
ドコモ OCN モバイル ONE 1,600円(110MB/日コース≒3GB/月)
ドコモ DTI SIM 1490円
ドコモ
ワイモバイル(かけ放題プラン)
U-mobile 1,580円(3GB固定のプランの月額)
au UQ mobile 1,680円
ワイモバイル Y!mobile 1年目:2980円
2年目以降:3980円
ドコモ b-mobileを見る 1,800円/3000MB
「b-mobile おかわりSIM」で3GB相当まで使用した時の月額

スポンサーリンク