自宅の固定回線の代わりにモバイルルーターとmineoにしたいって時に一番気になるのが、速度の事だと思うので、mineo(Dプラン)をモバイルルーターに挿した時の速度を記載します。

※使用ブラウザによってはグラフが表示されない事があるので以下の記事内容をご覧下さい。

青色の線がmineoで、縦軸が下りの速度(Mbps)、横軸が計測時刻です。

赤線はここを割り込まなければYouTubeもあんまストレスなく見れるってラインです。

結論から言うと、スマホで直でデータ通信する時よりは遅くなりますが、ピーク時以外は、PCでのYouTubeやTver等の動画視聴も問題ない速度が出ます。

mineo(マイネオ)

モバイルルーターでのmineoの速度

mineo(Dプラン)をCA対応モバイルルーターで使った時の速度の結果は以下です。

計測時刻 速度(下り) 速度(上り)
10:03 16.01Mbps 6.93Mbps
11:09 15.73Mbps 0.52Mbps
12:32 0.41Mbps 6.74Mbps
13:53 11.27Mbps 8.20Mbps
17:37 11.13Mbps 8.09Mbps
18:04 6.62Mbps 8.01Mbps
19:37 14.19Mbps 7.04Mbps
21:07 1.31Mbps 5.09Mbps
21:34 11.96Mbps 6.74Mbps

昼頃がきつく、
21時前後も遅くなり、
夕方はちょい遅くなり、
他は10Mbps以上なので問題ない速度になります。

  • 計測で使ったモバイルルーター:NECの「Aterm MR05LN」
  • 接続した無線LAN(wifi)の規格:11n
  • 計測した場所:ドコモのLTE速度別エリアの「受信時最大337.5Mbpsまたは300Mbps」のエリア
  • 計測した日:平日

MR05LNは3CA対応(3つのバンドでのキャリアアグリゲーション対応)の機種で、上記の計測した場所だと3CAで繋がります。ただ、あまり関係がない様な結果になってますが。
関連:自分の地域でLTEが快適なSIMフリースマホ選び!バンドの受信時最大速度を知るとサービスエリアから判断できる!


mineo(Dプラン)をモバイルルーターに挿して固定回線の代替として使うのは、用途的にほぼ問題なく可能です。

代替を考えている方の場合は、PCでの動画視聴はたまにするってぐらいだと思うので。

ピーク時の動画視聴をズラせばOKです。

mineo(マイネオ)

ピーク時だけ覚悟

昼の12時台は、動画視聴はそもそも再生まで行かないって事はあります。
(これは、そもそもの速度もそうですが、PCだと画質が高画質になっている事があり、スマホに比べてデータ容量が多いって事も関係してます。)

21時の20、30分前後の動画視聴は途切れたりします。

動画視聴だけでなく、ピーク時だと画像の表示は遅くなる事もあります。

ピーク時でも、画像が多くなければ、PCでのサイト閲覧もほとんど問題ないスピードです。

どの時間帯で遅くなるかは、スマホで直でネット接続する時と同じなので、気になる方は以下の記事をご覧下さい。

まとめ

固定回線をモバイルルーター+格安SIMにしようと思っている方のメインの用途では、mineoのDプラン+モバイルルーターは、昼以外はほとんど問題がない速度が出ます。

昼の次に速度が厳しい「21時頃」でも、実測でも1.31Mbps出てて、PCでのネットの使用感でも「ネット検索、ショッピングサイト閲覧」等は問題なくできるので。
=用途的に、昼の12時台以外はほぼ影響ない状態で使える。

ADSL以上光回線未満って思っておけば問題ないかと思います。

接続遅い光回線よりは速いです。(ピーク時以外)

mineoは複数回線を使えますし、自動でのパケットシェアもできるので、スマホで3GBを使わない方も、スマホも3GBのプランにするのがおすすめです。

モバイルルーターに挿したmineoのSIMと分け合えば、結構割安なのにPCやタブレットで月に使える容量は多めってできるので。

という事で、モバイルルーターで使う時のmineoのDプランの速度についてでした。

mineo(マイネオ)

スポンサーリンク