ドコモからmineoやLINEモバイルに乗り換えようと思っても、今使ってるiPhoneで何ができなくなるかが不明だと、移行してOKなのか判断しづらい事があると思うので、何ができなくなるのかを記載します。

ドコモからmineoやLINEモバイルにする事で、iPhoneで使えなくなるのは、ドコモ関係のサービスです。

主な所では、以下の様なサービスです。

  • @docomo.ne.jpのメールアドレス
  • ドコモ ケータイ払い
  • My docomoを使った年齢認証

これらは、ドコモの回線を契約していると使えるサービスなので、mineoやLINEモバイルに変えるとドコモのiPhoneだったとしても使えなくなります。

My docomoを使った年齢認証ができなくなるので、mineoではLINEのID検索機能はできなくなります。

また、mineoやLINEモバイルにする事によって昼時、21時前後、夕方、はドコモと比べて通信速度は遅くなります。

なので、上記の時間帯に動画視聴だったり、画像多めのサイト、常時ネット接続するアプリ等をする場合は、今迄と同じ様な快適度合いではできなくなる事もあります。

やってる事によって違うのでここは何とも言えないのですが。

LINEだったり、ニュースサイトの閲覧だったり、は、どの時間帯も体感はドコモとほぼ変わらない状態でできてます。

という事で、ドコモのiPhone使ってて、mineoやLINEモバイルに変えると何ができなくなるのか心配って場合があるとおもいますが、できなくなる事は、上述した「ドコモ関係のサービス」です。

で、できなくなるわけじゃないですが、ピーク時の重めの用途でのネット接続は快適度合いが減る可能性がある、って感じになります。

mineo(マイネオ)
LINEモバイル

以下は、上記の内容の「補足」「変わらずできる事」についてです。

目次

  1. ドコモのサービスは使えなくなる
  2. 用途によっては遅く感じる様になる
  3. テザリングはできる
  4. 携帯番号も変わらない
  5. LINEはいける
    • 引き継ぎ必要なし
  6. その他できる事は変わらない
    • 具体例
  7. 今使ってるiPhoneで何ができなくなるかのまとめ

ドコモのサービスは使えなくなる

上述しましたが、mineoやLINEモバイルにしたらドコモ関係のサービスは使えなくなります。

なので、使ってるサービスがある場合は、それぞれ移行前に代わりとなる物を決めておいたり、変更したりで対処しておく必要があります。

使えなくなる物 乗り換え後の代替 乗換前にやっとく事
@docomo.ne.jpのメールアドレス @gmail.comのメールを使う
@icloud.comのメールを使う
・Gmail作成
・登録サービスがあるならメアドを変更
メアド変更を知り合いに連絡
ドコモ ケータイ払い ・クレカ
・口座振替、他
・ケータイ払いで払っていたサービスの支払い方法の変更
My docomoを使った年齢認証

他には、自宅のネット回線がドコモ光だと連携しての割引もなくなります。

どれも、ドコモの回線を契約していると適用されるサービスなので。

用途によっては遅く感じる様になる

これはできなくなる事って感じではないのですが、iPhoneでやってる事によっては、時間帯次第で遅く感じる時も出て来ます。

遅くなるやってる事というのは、以下の様な「データ通信量が多い物」の事です。

動画視聴や、常時ネット接続するアプリ(取り込むデータの大きいソーシャルゲーム等)や、画像がかなり多いサイトの閲覧等です。

時間帯は、12時台、21時前後です。
夕方頃は若干遅くなります。

上記の様な用途で、上記の時間帯でiPhoneをLTEで使う場合は、遅く感じる事は出て来ます。
関連記事
mineoの昼の速度が遅いのは12時台で13時は速い

※自宅の光回線に接続してる時等、WifiでiPhoneを使ってる時は関係ありません。
上記は主に外出時の話です。

LINEだったり、そこまで画像多くないサイト閲覧だったりの「データ通信量が多くない用途」では、mineoもLINEモバイルもどちらも体感はドコモとあまり変わらずにできてます。

スポンサーリンク


テザリングはできる

テザリング(iPhone経由でその他機器をネット接続)は、mineoのDプラン、LINEモバイル共にできます。

できる機種も、iPhone 7 Plus、iPhone 7、iPhone SE、iPhone 6s Plus、iPhone 6s、iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone 5s等と、最近のiPhoneはちゃんとテザリングができます。(関連:LINEモバイルはiPhoneでテザリング可能

ちなみに、SIMフリーにしたiPhoneはmineoのauプランも選べるので、どっちのプランを選ぶか迷う事があると思いますが、テザリングしたい場合はドコモプランを選ぶ事になります。

テザリングの可否については、mineoやLINEモバイルのHPにある「動作確認済み端末のページ」に確認した際のiOSのバージョンと共に記載されています。

mineo(マイネオ)
LINEモバイル

携帯番号も変わらない

今iPhoneで使ってる090、080、070番号の自分の携帯番号も変えずに済みます。

申し込みの前にドコモに電話してMNP予約番号を発行して、申し込めば番号は変わらないです。

mineoだったらデュアルタイプでMNP転入、LINEモバイルだったら音声通話SIMでMNP転入を選んで申し込みます。

選択肢が出て来るのですぐ分かります。

LINEはいける

乗り換えの際に一番心配なのがLINEって方は多いかと思いますが、ドコモのiPhoneのままマイネオやラインモバイルに変えた後も、LINEはそのまま使えます。

LINE同士の無料電話、トーク機能、アルバム、ノート、LINE Out等、LINEの他の機能はちゃんと使えます。

ただ、My docomoを使った年齢認証が使えなくなるので、LINEのID検索機能はmineoでは使えなくなります。

なので、mineoではID検索機能の代替としてQRコードのURLを使う様になります。

LINEモバイルは契約時の本人確認書類から年齢確認できるので、例外的に、My docomoが使えなくなってもiPhoneでLINEのID検索機能が使えます。

引き継ぎ必要なし

番号そのままでドコモのiPhoneのままmineoやLINEモバイルに乗り換える場合は、LINEの引き継ぎ作業は必要ありません。

何もする事なく、そのまま使えます。

LINEだけでなく、その他のデータが変わってるアプリなんかの引き継ぎ作業も必要ありません。

今のiPhoneをそのまま使うので。

引き継ぎが必要になるのは、使うスマホ自体を変える時なので、今のiPhoneのまま乗り換える場合は関係ありません。

その他できる事は変わらない

その他は、mineoやLINEモバイルにしたからと言ってもドコモと変わらずできます。

電話関係、ネット関係、アプリ関係等々。

ネット関係の事で乗り換え後にもちゃんとできるかどうかは、Wifiだけでの運用でできてるかどうかでも判断できます。

契約がドコモなのかmineoやLINEモバイルなのか関係なくなるので。

具体例

具体的に、ドコモからmineoやLINEモバイルにした後にもiPhoneでちゃんと使える物の例は以下です。

  • Gmail
  • iCloudメール
  • Yahooメール
  • LINE(mineoではID検索以外)
  • GoogleMap
  • iCloud
  • YouTube
  • ネット検索
  • GoogleChrome
  • iTunes
  • AppStoreでのアプリダウンロード
  • Hangout
  • SNS系(Twitter、Instagram、Facebook)
  • FaceTimeオーディオ



これらは、契約している回線が、ドコモなのか、mineoやLINEモバイルなのかによらないので、ちゃんと使えます。

今使ってるiPhoneで何ができなくなるかのまとめ

という事で、ドコモからmineoやLINEモバイルにしてiPhoneでできなくなる事に関してでした。

もう一度記載すると、できなくなったり使えなくなるのは「ドコモ関係のサービス」です。

主な物は以下になります。

  • @docomo.ne.jpのメールアドレス
  • ドコモ ケータイ払い
  • My docomoを使った年齢認証

快適度合いが減る可能性があるのは、ピーク時(12時台、21時前後、夕方頃)の、動画視聴・重めのソシャゲ・画像がかなり多いサイトやアプリの閲覧、です。

それぞれの申し込み方法については「mineoの申し込み方法」・「LINEモバイルの契約方法」をご覧ください。

mineo(マイネオ)
LINEモバイル

スポンサーリンク