mineoの電波が圏外になる範囲は、地方や田舎でも、ドコモ又はauのサービスエリアと同じです。

圏外にならない範囲は、ドコモは同じです。

auは、電話は同じで、データ通信(ネット接続)はLTEのエリアが使えます。

mineoのDプランだったら、ドコモと同じ範囲でスマホが使えて、Aプランだったらauと同じ範囲で電話できて、スマホでのネットはLTEのエリアでできます。

auは「LTEのエリアでネットができる」って言われると心配になる事があると思いますが、公式HPにある様に、auの4G LTEは人口カバー率99%超の周波数帯がちゃんとあるので、LTEだけだからと言って、ほぼ気にする必要はないです。

なので、mineo↓にした事で自分が住んでる所が圏外になるんじゃないか?って心配が出る事があるかも知れませんが、今ドコモ・auを使用していて、ちゃんと電話ができていたり、ネットができているエリアならば(auの場合はLTEで)、mineoにしても圏外の心配はしなくてOKです。

mineo

ドコモ・auのサービスエリアを見ればOK

mineoの電波が届くエリアは、mineoが基地局作って拡げてるわけじゃないです。

データ通信・音声電話をするのに必要なネットワークを「ドコモやauから一定量借り受けてのサービス提供」なので、範囲はドコモやauと同じです。

ドコモやauと同じなので、マイネオの具体的なサービスエリア(電波が届く地域)が知りたいって場合は、

  • ドコモのHPにあるサービスエリア
  • auのHPにあるサービスエリア

を見ればOKです。

auプランの場合は、電話が3G回線なのかVoLTEなのかで確認する所が変わるので注意して下さい。

mineoのAプランには何も記載のない「SIM」と「VoLTE対応SIM」の2つがあります。

3G回線での電話(何も記載のない「SIM」にする人)は、HPで「au 3Gサービスエリア」を見ます。
VoLTEの人(mineoでVoLTE対応端末を使いVoLTE対応SIMにする人)はHPで「au 4G LTEサービスエリア」を見ます。

スマホでネット接続できるエリアは、どっちのSIMにするとしても、「au 4G LTEサービスエリア」が「mineo」のAプランでネット通信できるエリアです。

auの3Gサービスエリアだけの範囲(LTEは繋がらない範囲)はmineoのauプランではネット通信できない範囲なので注意が必要っちゃ必要ですが、上述した様に、auの4G LTEは人口カバー率が99%超の周波数帯(800MHzプラチナバンド)があるので、心配する必要はほとんどないです。

ほとんどの人はLTEで接続できてます。

今auの人で、LTEでネット接続できているならば(スマホの上部の電波マークの上に「LTE」と出ている状態でネット検索やSNSができている人。ほとんどの人ができています。)、mineoのAプランにしてもスマホでネット接続できます。

mineo

電波強度は違う

ただ、mineoにした事によって、ドコモやauよりも、電波強度が弱くなる事はあります。

アンテナピクト(スマホの電波強度を表す部分)の数が減った状態の時が多くなったり。

ただ、体感として大きな違いが出る事はあんまないですが。

利用者が多い地域で更に同時接続人数が多い時

電波強度が弱くなったりネットの通信速度が遅くなるのは、マイネオの利用者が多い地域で、同時に接続している人数が多い時間帯です。

首都圏の昼時、とか。

mineoだけじゃなく格安SIMはどこも、人口が多い地域によっては遅く感じる時間帯が出る事はあります。

と言っても、ドコモやauと比べた場合、ですが。

年末年始の遅さとほぼ同じ意味合い

何でこうなるかというと、mineoを含むMVNO(格安SIM)は、一定量のネットワークをドコモ、auから借りてサービスを契約者に提供しているためです。

その借り受けたネットワーク量が、契約者数が多くなる事によって増える「同時にネット回線・音声回線に接続する人数」、に沿った物でない場合に遅くなっちゃう事があります。

ドコモやauでもある年末年始の遅さとほとんど同じです。

mineoでも同時間帯に回線に繋がるmineoユーザーが多くなると、遅くはなる、って感じです。

それが、首都圏等の人口が多い地域のお昼時、等です。

「ネットワーク増強」によって改善・解消

が、これはmineo側がする「ネットワーク増強」によって改善・解消されていきます。

  1. mineoユーザー増える
  2. →相対的に以前より遅くなりやすい
  3. →借り受けるネットワーク量を増やしてスピード改善
  4. →mineoユーザー増加
  5. →遅くなりやすい
  6. →再度ネットワーク増強で改善

みたいな流れです。

電波が圏外になる事自体はほぼないです。

と言うか、上述した様に電波が圏外になる範囲はdocomoやauと同じです。

docomoやauでも電波が圏外になる事はほとんどない=「mineo」でも電波が圏外になる事はほとんどない、です。

mineo

地方や田舎の方が快適になりやすい

その意味で地方や田舎の方が、快適に電話したりネット通信しやすいって事にもなりやすいです。

同じ地域で同じ時間帯にスマホを使うmineoユーザーが、相対的に少ないので。

昼時とか、夜でも。

地方や田舎だけどmineoにして電波大丈夫?ってなった時のまとめ

という事で、mineoに乗り換える際に、地方や田舎だと電波届くのかな?とか、圏外になりやすいとかない?って疑問が出る事があるかも知れませんが、

  • mineoが基地局作って電波が入るエリアを拡大しているわけではない
  • ドコモやauのネットワークを借り受けてそれをmineoユーザーに提供

って形なので、今ドコモ、auを使っていてその状態で問題ないならば(auプランにする人はLTEでのネット通信)、mineoに乗り換えてもエリアについて心配する事はないです。

で、人口を考えた場合に関東や首都圏より地方や田舎の方が電波強度の面では利便性が高い時もあるって感じです。

同じ月額でも。

で、その後もネットワーク増強をしてる電波状況の中でmineo↓を使ってくって事になります。

mineoの実測の通信速度については「mineoの実測の通信速度|ドコモ回線での実効速度の一例」をご覧下さい。

また、mineoは自分が契約したSIMで「利用者登録」をすれば18歳未満の未成年のスマホでも使えます

「親が契約→そのSIMを子供のスマホに挿して使う。」って事が可能です。

また、初めて格安SIMにする場合や子供のスマホに挿すってなると、契約した容量(GB)を超過した場合の料金が心配になる事があるかもしれませんが、契約している容量を超過しても余分に費用が請求されたりはしないです。

なので、HPに記載されている月額+税やオプション付けた場合はそれをプラスした額がそのままスマホの月額になります。
(ユニバーサルサービス料の2円程度とかはありますが。)

という事で、mineoの電波が届く範囲などについての諸々でした。

mineo