LINEモバイルのデータSIM1GBは月額500円で安いです。

その他の格安SIMと比較しても。

LINEモバイルのその他のプラン(3GBや5GB、7GB、10GB)は、カウントフリーが多い分他と比べても値段が安いわけではないですが、1GBは抜きん出て安いです。

データSIMは500円、データSIM(SMS付)は620円、音声SIMは1200円。

なので、LINEモバイルの1GBは、LINEをメインでやる音声通話SIMやデータSIM(SMS)で2台持ちにする人に最適なのですが、他にも、タブレットだったり、あまりネットしないスマホの2台持ちの片割れだったり、DSDS端末の片割れだったり、2枚目の格安SIMをどこにするか迷った時なんかに便利です。

後々で言うと、SIMカード入れれるスマートウォッチ系なんかを持った時にも選びやすい所です。
(スタンドアローン系のドコモのバンド対応の端末。Android wear 2だったりの。)

LINEモバイル

シェアできる所とは単純な月額では負ける

メインのスマホに入れてるのがシェアできる所のSIMなら、タブレットやウェアラブル端末にもそれらの追加SIMを入れる方が月額安く、更にGBも無駄にならないのでそれが良いです。

が、メインがシェアできない格安SIMだったり、シェアできる容量にすると月額が微妙って所だった場合には、2枚目が必要な時にはかなり便利です。

他にも、使ってる格安SIMがシェアできる所だったとしても、発行できるSIMカードが足りないって場合に選ぶ格安SIM会社としてかなりの候補になります。

1GBが月額500円と安いので。

気軽にもう一枚SIMカード挿せる端末が増えます。

LINEモバイル自体もシェアできますが、繰り越し分のシェアはできないので、LINEモバイルで固めるって選択肢が頭に出た場合はそれを加味して検討する様にして下さい。

2枚目LINEモバイルの利点は他にもある

LINEモバイルの月額安い1GBを契約する利点は他にもあり、LINEモバイルは契約してLINEアカウントと紐付ければ、ラインでID検索ができる格安SIMなのですが、これは、ライン使ってる端末(iPhone等々)に挿してるSIMカードが違う格安SIM会社の物だったとしても可能です。

=2枚目、3枚目でLINEモバイルを契約すると、1GBだけじゃなくLINEのID検索も月500円で手に入るって利点が出て来ます。

LINEモバイルは、データSIMでも本人確認書類をアップロードするので、データSIM(SMS)等でも、年齢認証は問題なく可能です。

また、タブレットやPC等、2台目以降をネット接続したい場合、モバイルルーターも普通に選択肢として出て来ると思いますが、速度は、モバイルルーターのWifi経由よりも、端末にSIMカードを直挿しの方が速いです。

なので、SIMカードを増やして使うって言うのは、通信速度の面でもメリットがあります。

そもそもLINEモバイルは速度が速い格安SIMですし、直挿しで使うのでその面でも速いので。

で、上述した様に、シェアSIM発行して使える所なら安く済むのでそれをタブレットに挿せばOKですが、シェアできない所を使っている場合やシェアSIMの発行上限数を超過した場合は、速度も気にしながら月額安く済ませるには、どれかでUSBテザリング、か、そもそも安い所を契約って選択肢になります。

で、テザリングできない機種だったりUSBテザリングは嫌って場合や、ちょっとしか使わないけどタブレット単体で持ち出す機会がある場合なんかに、1GB500円で安く、直挿しで速く、更に今の所速度も速いLINEモバイルっていう選択肢があるのがかなり便利です。

安くて速い、ので。

という事で、LINEモバイルの1GBについてでした。

まとめると、LINEモバイルの1GBは以下の様なメリットがあります。

  • データSIMが月500円でその他の格安SIM会社と比較して安い=気軽にSIMカード増やせる
  • 契約する事でメインのスマホに別会社のSIMを挿しててもメインのスマホでID検索機能が使える
  • 直挿しなのでモバイルルーター経由等より速く使える

これらの利点があるので、LINEをメインで使う音声SIMの方だけじゃなく、2枚目以降の格安SIMをどこにするか迷った方も、結構な選択肢としてLINEモバイルの1GBが出て来ます。

LINEモバイル

スポンサーリンク