BIGLOBE SIMは6GB以上のプランなら、シェアSIMが発行できて、GBを分け合って使え、シェアSIMにMNP転入する事もできます。

なので、家族で使おうと思っている方も多いと思います。

格安SIMでは未成年だけでの契約はできない所が多いので。

で、契約のためHP等を読んでいくと「LTE契約者に紐づく家族会員サービスの子会員」って出てきます。

家族での申し込みを検討している場合、ここで「家族会員」について調べ始めると思うのですが、結果「今いち分からない・・・」ってなる事が多いかな~と思います。

ビッグローブはBIGLOBE LTE・3Gだけでなく光回線やWimaxもやってたり、総合サイト(ポータルサイト)的なのもあるので。

私もある程度分かるまででも結構時間がかかりました。

という事で、この記事は「BIGLOBE SIMの家族会員について調べたけど今いち分からない・・・。」ってなってしまった方向けの内容です。

とりあえず、シェアSIM発行して一緒に住んでる家族で分け合ってBIGLOBE SIMを使おうと思っている方は、BIGLOBE SIMの「家族会員」についてはそんな深く考えなくてOKってのが結論です。

理由は、シェアSIM発行時に家族会員の登録がそのままできる様になっているため、です。

何も考えず家族会員として家族を登録する事ができ、更に家族会員のSIMとしてシェアSIMを発行できます。

なので、深く考えず、シェアSIM発行できる6GBのプランにMNP転入したり、12GBプランにMNP転入してOKです。

BIGLOBE SIM

以降の目次

  1. シェアSIM発行時に登録できる
  2. 確認しておく事
  3. 家族会員って具体的にはどういう条件?
  4. BIGLOBE SIMの家族会員についてのまとめ

シェアSIM発行時に登録できる

上述した様に、BIGLOBE SIMの「家族会員」は、シェアSIM発行時に一連の流れの中でちゃんと登録できる様になっています。

BIGLOBE SIMでシェアSIMにMNP転入する場合には、BIGLOBE SIMに申し込み最初のSIMカードが届いた後、マイページからシェアSIMを発行します。

その発行申請時に「主SIMのIDに追加する」のか、「新たに家族会員IDを取得して追加する」のか選ぶ様になってます。

※「主SIM」は最初に契約した1枚目のSIMカードの事です。

なので、申し込み前に「家族会員の登録って難しいのかな?」って疑問が出たとしても深く考えなくてOKです。

ここで、「新たに家族会員IDを取得して追加する」を選んで、MNP転入をすれば良いので。

シェアSIM発行時に一連の流れの中で家族会員に登録でき、それを進めてシェアSIM発行をすれば、それでちゃんとGB分け合って使える様になっています。

BIGLOBE SIM

確認しておく事

家族の携帯番号をBIGLOBE SIMのシェアSIMにMNP転入して使いたい場合は、以下の事に注意しておいて下さい。

「シェアSIMにMNPしたい」時

  • 主SIMが音声SIMである必要がある。=最初の1枚目がデータSIMやデータSIM+SMSではダメ。
  • 主SIM申込時に一気にはできない。=主SIMが届いた後に改めてシェアSIMを発行する。

主SIMが「データSIM+SMS」や「データSIM」の場合は、シェアSIMでは、音声SIMは発行できないので注意して下さい。

※音声SIMは090、080番号等の携帯番号で電話できるSIMカードの種類です。
MNP転入する場合は「音声SIM」です。「データSIM+SMS」や「データSIM」ではなく。

シェアSIM発行時に、SIMカードの種別で「音声SIM」を選びたい場合には、主SIMが音声SIMである必要があります。

シェアSIMにMNPする場合は、主SIMが届いた後に改めてシェアSIMを申請する必要があります。

届いた後に改めて発行申請、で、それが届くまでも更に配達期間が必要になる、ので、キャリア(docomo、au、ソフトバンク)の解約金がかかる時期が親・子供と同時期の場合は、タイムラグがある事に注意しておいて下さい。

それも加味してある程度余裕を持ってBIGLOBE LTE・3Gへの申し込みを始める様にして下さい。

ちなみにBIGLOBE SIMはシェアSIMの名義と主SIMの名義は別にする事ができる珍しい格安SIMです。

家族会員の名義でBIGLOBE SIMのシェアSIMにMNP転入したい場合は、キャリアの名義が親のままになっている場合は名義変更をしておく必要があります。

MNP転出元とMNP転入先は同じ内容でないとMNP転入はできないので。

別名義にしたい場合は注意する様にして下さい。

家族会員って具体的にはどういう条件?

BIGLOBE SIMのシェアSIMを使える家族会員は、具体的には、「LTE契約者に紐づく家族会員サービスの子会員」で、子会員になれる条件が、「生計を共にする家族で、年齢制限は6歳以上」です。

「6歳以上」なので未成年もOKです。

上述した様に、一緒に住んでる家族の携帯番号をシェアSIMにMNPして使いたいって場合は、家族会員(LTE契約者に紐づく家族会員サービスの子会員)の意味についてはあまり深く考える必要はありません。

流れでそのまま「家族会員サービスの子会員」にできるので。

「生計を共にする家族・同一にする家族」なので、転勤等で離れている方がいる家族の場合も可能だと思いますが、これはサポートに電話して自分の状態でちゃんと大丈夫なのか聞いてみるのが良いかと思います。間違いがないので。

BIGLOBE SIMの「家族会員」についてもう少し詳しくは「追加SIMのMNPができるMVNOの比較|BIGLOBE・mineo・IIJmio・OCN」の、「1.追加SIMのMNP条件で比較」のBIGLOBE SIMの箇所をご覧下さい。

BIGLOBE SIMの家族会員についてのまとめ

という事で、BIGLOBE SIMの家族会員についてでした。

申し込みの際に心配になる事があると思いますが、シェアSIMにMNP転入して家族で分け合いたいって場合は、深く考えなくてOKです。

生計を同一にしていて6歳以上ならシェアSIMにMNP転入した上で、名義はその利用者・GBは家族でシェア・支払いは主SIM契約者って状態で使えます。

シェアSIMを発行する時に「家族会員登録をして発行」、という流れが選べるので。

格安SIMにはファミリープラン的に、GBをシェアして使えるプランがありますが、BIGLOBE SIMでは6GB以上のプランがそれにあたります。

6GBのライトSプランでは合計で3枚=家族3人までMNP転入してシェアして使う事が可能で、12ギガプランでは合計5枚=家族5人までMNP転入してシェアして使う事が可能です。

ちなみにBIGLOBE SIMの6GBプランはシェアSIM使って利用していくと格安SIM全体の中でも最安値水準になる料金設定です。

BIGLOBE SIM