格安SIMにしようとしても、手持ちのスマホが使えない場合(auやソフトバンクで購入したスマホなど)や、格安SIMをきっかけに初めてスマホを持つという場合には、新しくスマホを購入する必要があります。

どうやって新しくスマホを用意するかというと、以下の3通りあります。

  1. SIMフリースマホ(どのSIMカードも使えるもの)
  2. 中古のスマホ(ドコモのスマホにする。)
  3. 格安SIMカードとスマホの同時購入

SIMフリースマホ

一つ目は「SIMフリースマホ」を購入するパターンです。

これは各会社が販売している新品のスマホを自分で購入するパターンです。

キャリア(docomo、au、softbank)からではなく。

キャリアで分割などでスマホを購入する場合は、最初はそのキャリアでしか使えない様になっていて(SIMロック)、スマホ本体の仕様もキャリア独自の物に最適化されているのですが(通信方式や周波数帯を最適化)、「SIMフリースマホ」はそういう制限がされていないので、どこの回線でも使えるというスマホです。

SIMフリースマホなのかそうでないのか等は販売店や販売ページで「SIMフリー」の記載があるかないかを確認する程度なので、すぐに判断できます。

どこで買えるのか?

SIMフリースマホは家電量販店等の実店舗や通販で買えます。

SIMフリースマホは新しくパソコンを買うのと同じ感覚です。

個々人で購入して、それに後々自分で選んだ格安SIM会社のSIMカードを挿して利用する事になります。

iPhoneもSIMフリー版が販売されています。iPhoneの場合もApple Store(実店鋪)やウェブで買えます。

支払いは大体一括

支払いは大体一括です。

キャリアで買う時と違って、購入店舗と継続して付き合うって物じゃないので。

また、他のパターンでスマホを用意する場合と比べると、SIMフリースマホはちょい高めって面があります。

その他利点

SIMフリースマホのその他利点としては、海外に行った時も空港などで売ってるプリペイドSIM(買い切りのSIMカード)を買って入れ替えればまんま現地で使える、とかがあります。

ドコモ回線で使用する場合は、SIMフリースマホを買う時は「対応バンド」にBand1とBand19があるか最初に確認する様にして下さい。

ドコモの「中古のスマホ」(白ロムと言われるもの)

二つ目は、ドコモの「中古のスマホ」(白ロムと言います。)を購入するパターンです。これでも格安SIMが使えます。

これは以前キャリアで使ってたけど必要のなくなった人が売った物です。

注意点としては格安SIMを使うならドコモで使われてた中古のスマホじゃないと基本ダメって部分です。

auのスマホでも一部の格安SIM会社で使えるものはありますが、これから新しく用意するならばドコモで使用されていた物が良いです。

格安SIM会社の選択肢が大幅に増えるので。

スマホを格安SIMで使用するには、「対応バンド(周波数帯)」と「通信方式」が回線と合っていなくてはならず、今の所、格安SIMはほとんどがドコモ回線を利用しているので、ドコモの中古の端末にする必要があります。

今手持ちにドコモの端末がある人(今現在使っている人なども)はここに当たります。

私はこのパターンです。

ドコモのiPhone 5sを使っていて、今はガラケー(ドコモ)+iPhone 5s (格安SIM)で使用しています。

私は二台持ちにしたので。(キャリアメールを捨てたくなかったため)

また、知り合いに何台もドコモのスマホを持っている人がいるなら、それらを譲り受けても格安SIMで利用できます。

どこで購入できるのか?

購入は中古ショップや通販のショップ、オークション等々で購入できます。

「白ロム」に対して「赤ロム」というキャリアで購入した時の分割払いが終わっていなかったり、不正に入手された端末が中古で販売されている可能性もあるので、どこで購入するとしてもキャリアの中古スマホは購入前に製造番号にて確認が必要になります。

赤ロムなのか白ロムなのかを確認できるページ↓がドコモにあるので、通販ショップやオークションで購入する際は製造番号を打ち込んで確認します。

ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト|docomo

格安SIMとスマホがセットの物

新しくスマホを用意するには、格安SIMとスマホがセットで販売されている物があるので、これを利用するパターンもあります。

この、セットで販売されているスマホは「格安スマホ」と呼ばれます。

これはスマホ本体代金の分割も可能です。

そのSIM会社と契約して月額の携帯代と一緒に端末代金も払うっていう方式なので。

今までのキャリアでのスマホ本体の買い方が格安SIMでもあるって感じです。

関連「格安スマホと格安SIMの違い

デメリットとメリット

デメリット的には、選べるスマホの種類が少ないと言えば少ないって部分です。
(スマホのスペックも最新のものと比べると低いです。)

あとは、格安SIM会社を自由に選ぶ事はできないって部分です。回線とスマホ本体のセットでの販売なので。

ただ、上述した「SIMフリースマホ」や「白ロム」で新たにスマホ買う時と比べると本体の値段は全然安く済むってメリットがあります。

スマホ本体の値段は、24回の分割払いで月1500円弱以下で買える物が多いです。

どこで購入できるのか?

格安スマホ(セット)も、実店舗でも通販でも、どちらでも購入できます。
(量販店や格安SIMを出している会社の実店舗、格安SIM会社の公式HP等々)

格安スマホを出している格安SIM会社は以下です。

音声1GBの月額 音声3GBの月額 格安スマホの販売がある
格安SIM会社
なし 1,600円 BIGLOBE SIM
1,410円(au)、1,500円(ドコモ) 1,510円(au)1,600円(ドコモ) mineoを見る
なし 1,600円(3.1GB) 【楽天モバイル】
1,480円
(ダブルフィックスプランで通信量1GB以下の場合)1GB超~上限の3GBは1,780円
1,580円(3GB固定のプランの月額) U-mobile
1,260円 1,500円 DMMモバイル
なし 1,680円 UQ mobile
なし 1,600円 IIJmio

まとめ

まとめると、格安SIMで使う用に新たにスマホを用意するには、

  • SIMフリースマホ
    一括、新品、好きなの選べる、SIMとの組み合わせは自由、海外OK、他と比べるとちょい高め
  • ドコモの中古のスマホ
    白ロム。一括。好きな端末選べる。中古だからちょい安い。SIMとの組み合わせはかなりの選択肢がある。赤ロムに注意。手持ちにドコモのスマホがある人もここに当たる
  • 格安SIMとのセットのスマホ
    格安スマホと呼ばれる物。分割もオッケー。種類や性能は限られる。けど、安い。
  • のどれかで、格安SIMが使えるスマホを購入する事になります。

    「格安スマホ」以外は、自分の好きなSIM会社を選んで、そこに利用料金の月額を払って利用していくことになります。→格安SIMに申し込む際の流れ

    また、格安SIM会社が利用の動作確認をしたスマホを公式サイトにアップしているので、どのパターンで購入するとしても、公式サイトに記載のある端末を購入した方が無難です。

    なので手順としては、

    1. 使いたい格安SIMのプランをある程度絞る
    2. そこのHPに書かれている動作確認済みのスマホを上記のパターンのどれかで購入する

    という流れになります。

    どの格安SIM会社のどのプランにすれば良いか迷うって場合は以下の記事をご覧ください。

    格安SIMの選び方!