BIGLOBE SIMの通話料は30秒20円です。

「BIGLOBEでんわ」というアプリから電話すると半額の30秒10円になります。

BIGLOBE SIMでは、月額を払って使う電話関係のオプションも複数用意されています。

「BIGLOBEでんわ通話パック60」の内容は最大60分の電話が月額650円で使えるっていう物で、これは任意加入のオプションです。

ビッグローブのアプリを使って普通に電話すると60分で1200円(30秒10円)なのですが、これがオプションに加入してると最大で1200円分割引されます。

月額650円払って、最大1200円の割引を受けるって感じです。

「3分かけ放題」は3分以内の電話が何度でも無料ってオプションです。

月額は650円です。

一回の電話で3分を超えた時は30秒10円になります。(アプリで電話してた場合)

これらは全て通常の音声回線を使う通話なので品質も良いです。
(ネット回線ではないという意味合いです。)

キャリアでの電話と同等の品質・音質で電話できるオプションです。

BIGLOBE SIM

以下は、それぞれどんな内容なのかの詳細です。

目次

  1. 音声通話の料金
  2. BIGLOBEでんわでの通話料
  3. 電話代の請求は翌月以降
  4. 通話パック60の料金
  5. 3分かけ放題の料金
  6. 通話の品質はどうなの?
  7. オプションは回線単位
  8. オプション使った場合の月額料金の例
  9. LINEの通話はできる?
  10. 電話関係のその他のオプション
  11. 通話パックやかけ放題入る必要ある?
  12. BIGLOBE SIMの通話料に関してのまとめ

音声通話の料金

BIGLOBE SIMの音声通話の料金は30秒20円+税です。

これは、スマホに最初から入っている「電話」アプリからかけた時の通話料です。

普通の電話回線での通話なので品質も良いです。

BIGLOBEでんわでの通話料

BIGLOBE SIMは「BIGLOBEでんわ」というアプリもあります。

このアプリをインストールして電話の際に「BIGLOBEでんわ」からかけます。

通話料は30秒10円になります。

これも通常の音声回線なので、品質は良いです。

電話代の請求は翌月以降

BIGLOBE LTE・3Gでは、電話代の請求はかけた月ではなく翌月以降、になります。

格安SIMでは、基本そうです。
(月額の支払いが月初めの事が多いため。)

通話パック60の料金

BIGLOBE SIMには、月額払って使う「通話パック60」のオプションもあります。

値段は、月650円(不課税)です。

どんな内容なのかというと、これは、60分以内なら上記の通話料30秒10円の支払いはなく、オプションの月額のみで電話できるっていう物です。

通話料最大1200円を割引という形での利用になります。

超えた分の通話料は、「BIGLOBEでんわ」でただ単にかけてる事になるので30秒10円になります。

これも通常の音声回線での電話なので品質は良いです。

オプションなのでBIGLOBE LTE・3Gを利用し始めた後からでも申し込めます。

3分かけ放題の料金

BIGLOBE SIMには、「3分かけ放題」という月額払いのオプションもあります。

月額は、650円です。

内容は、3分以内の国内電話なら何度でも無料という物です。

3分を超えた分は、「BIGLOBEでんわ」を使って話していれば30秒10円です。

これも通常の電話回線での通話なので音質・品質は良いです。

「3分かけ放題」もオプションなので、BIGLOBE SIMを使い始めた後でも申し込めます。

また、3分かけ放題は、月の途中で申し込んでも、その月全てが3分かけ放題の対象になります。

なので、申し込み前にかけてた「3分以内の国内通話」は全て無料になります。

通話の品質はどうなの?

ここまで全て通常の電話回線を使った通話なので、品質は良いです。

BIGLOBE SIM

オプションは回線単位

通話パックも3分かけ放題も回線単位でのオプションです。

BIGLOBE SIMはプランによってはシェアSIMが発行できますが、その音声通話SIMカード1つずつの単位でオプションの内容が適用されます。

例えば、「6GBライトSプランで音声通話SIM2枚」の場合に一つ「通話パック60」を申し込んだ場合は、1枚だけにオプションの内容が適用されます。

1枚は60分の割引が適用されますが、もう1枚の方はオプションは適用されない状態での電話になります。

35分、25分とかでは使えません。

2枚で「最大60分」じゃないので注意して下さい。

3分かけ放題を使う時も同様です。

オプション使った場合の月額料金の例

オプション使った場合の月額料金は以下になります。

6GBライトSプランで音声通話SIM2枚
1枚は3分かけ放題を適用

この場合、月額の合計は、3700円(3050円+税+650円:こっちは不課税)になります。

で、これに電話代が加わります。

一枚は、一回に3分を超えた分は30秒10円で、もう一枚のオプションつけていない方は最初から30秒10円です。
(どちらも「BIGLOBEでんわ」アプリで電話をかけた場合)

ちなみに、BIGLOBE SIMはシェアSIMにもMNPが可能で名義も家族のままでOKですが、申し込み時に同時に2枚ともはMNP転入はできないので注意して下さい。

1枚目に一人目のMNP転入→SIMカードが届く→ビッグローブのマイページの契約状況が「契約中」になる→二人目のMNP転入をシェアSIM発行時に申し込む、とすると2人ともMNP転入できてシェアもできてるって状態でBIGLOBE LTE・3Gに移行できます。

LINEの通話はできる?

BIGLOBE SIMに乗り換えても、LINE同士の無料通話はちゃんとできます。

これは通話料無料です。

LINE同士での通話はネット回線を使ったネット電話なので、電波状況次第で品質は変わります。

電波良ければ品質も良いけど、悪い所は通話品質は悪いです。

自分だけでなく、相手の電波状況で変わります。

LINEの無料通話だけじゃなく、FaceTimeオーディオなんかも使えますし、LaLa CallなんかのIP電話もちゃんと使えます。

家族間通話が無料になる様なオプションは特にないので、BIGLOBE LTE・3Gにした後の家族間の電話代を節約するには、LINEの無料通話やGoogleハングアウト(Androidでは最初から入ってるアプリ)を使って電話する様にすればOKです。

電話関係のその他のオプション

BIGLOBE SIMのその他の月額かかる電話関係のオプションは以下です。

  • 留守番電話:300円+税/月
  • 割込通話:200円+税/月

スマホ本体にある留守電機能(伝言メモ機能)とは違うので注意して下さい。

スマホ本体にある留守電機能はオプションに入らなくても使えます。

参照:格安スマホで無料の留守電機能(伝言メモや簡易留守録)がある端末

通話パックやかけ放題入る必要ある?

通話パックやかけ放題に入る必要があるか迷う事があると思いますが、大抵の人は入る必要性はありません。

入ると便利なのは、「ホント電話の品質を重視してるって方(仕事で必要等)」や、「用途的にホント合致してる!って方」です。
(特に3分かけ放題の方)

あと、無料通話の手段がない「080、090等の携帯番号宛に電話をかなりかけるって方」も入ると便利だと思います。

格安SIMではどこでもそうなのですが、BIGLOBE LTE・3Gだけでなく、通話料を安く済ませるには「LINE Out」等を使うのでOKな人がほとんどです。

なので、上記の普通の電話はセーフティーのためって感じです。

LTEが入らない様な所とか電波がかなり悪い山奥とか、です。

BIGLOBE SIMでLTEが繋がるエリアについては以下の記事をご覧下さい。

BIGLOBE SIMの対応バンド(周波数帯)は何?何をどう確認すれば良いの?

LINE Outの使い方については以下をご覧下さい。

格安SIMでの電話で必須レベルな「LINE Out」の使い方

BIGLOBE SIMの通話料に関してのまとめ

という事で、BIGLOBE SIMの通話料に関してでした。

まとめると、BIGLOBE SIMでは、

  • 普通の「電話」アプリからだと30秒で20円
  • 「BIGLOBEでんわ」アプリからだと30秒10円で半額
  • オプションの「BIGLOBEでんわ通話パック60」は月額650円で最大1200円が割引される(60分相当の割引)
  • オプションの「BIGLOBEでんわ3分かけ放題」は月額650円で3分以内の国内電話なら何回でも通話料は無料
  • オプションは後々も加入・解約可能
  • これらは、ネット経由の電話ではなく、通常の音声回線を使った電話なので品質が良い電話

って状態での利用になります。

また、080、090番号はどうなんの?って疑問が出るかも知れませんが、BIGLOBE SIMは電話番号そのままで使えるので、今のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の携帯番号と同じにできます。

なので、BIGLOBE SIMに乗り換えたとしても、携帯番号に関しては知り合いに再度伝えたり、登録サービスの番号を変更する等々はやる必要性は出て来ないので安心してOKです。

BIGLOBE SIM