DTI SIMの申し込みを検討している場合、「契約したプランの容量を超過した場合はどうなるの?」って疑問が出るかもしれませんが、特別心配する様な事は起こらないです。

自動で追加請求される様な事はないです。

DTI SIMを利用し始めて容量をオーバーしちゃったとしても、ただ単に速度が200kbps以下の低速に制限されるだけ、です。

この速度でもLINEのテキストチャットだったり、メール等はできますし、サイトやブログの閲覧なんかでもテキスト主体(画像ほぼない、とか、あっても一枚とかで少なめ)だったら、そこまで遅くなく見れます。

DTI SIM↓が初めての格安SIMという場合は特に、上限超過の後どうなるのか不安に感じる事があるかと思いますが、知らない間に使いすぎちゃって高額請求、とか、容量超過でその月スマホが使い物にならなくなる、とかはないので心配しなくてOKです。

DTI SIM

以降の目次

  1. 上限超過するとどうなっちゃうの?
  2. 支払いは?
  3. いつ戻る?
  4. 高速通信したい時は?
  5. プランの容量変更が可能
  6. DTI SIM検討時に上限の超過が心配になった時のまとめ

上限超過するとどうなっちゃうの?

DTI SIMで契約プランの上限を超過すると、200kbps以下に速度が制限されます。

速度制限、っていうと何もできなくなるってイメージかも知れませんが、この速度でもネット検索やSNSはある程度できます。

LINEのテキストチャットだったり、メールだったりなら問題なくできます。

画像表示等は遅いですが、テキスト主体のサイトやSNSの画面はそこまで遅くなく表示できます。

支払いは?

上述しましたが、DTI SIMを利用していて、気付かない内に容量オーバーしちゃったとしても、自動で請求される様な費用はありません。

例えば、DTI SIMの音声プラン3GBでは、

  • 1490円/月
  • ユニバーサルサービス料の3円
  • 使用した電話代やオプション代
  • +税

等ですが、仮に3GB契約の方が、上限を超過しても請求されるのは通常と同じで上記の物だけです。

別途、何か新しく請求されたりはなく利用できます。

DTI SIM

いつ戻る?

上限を超えた後の速度は、翌月になれば元の高速通信に戻ります。

超過した月は、何もしなければずっと200kbps以下の速度のままです。

高速通信したい時は?

契約GBを超えた月にも、再度高速通信したいという場合には、別途追加で容量を購入する事になります。(容量チャージ)

これは、任意で追加のデータ容量を購入できるサービスなので、費用がかかります。

値段は500MB(約0.5GB):380円、1GB:600円です。

DTI SIMにはデータ繰り越し機能がありますが、この追加で購入した容量もデータ繰り越しの対象です。

追加で容量を購入できるので、使い切ったとしても高速通信する手段はあるって感じになります。

購入せずにそのまま200kbpsで翌月まで使用するなら、上述した様に、追加での費用は何も発生しないです。

プランの容量変更が可能

また、DTI SIMでは契約GBの容量を変更する事が可能です。


音声プラン1GB→音声プラン3GBに変更
データSMSプラン5GB→データSMSプラン3GBに変更、等。

変更は無料です。手数料はかかりません。

MyDTIっていうマイページから自分で変更の申請をします。

SIMカード自体の交換が必要になる「プラン変更」ではSIM交換手数料がかかります。

音声プランをデータSMSプランに変更、等です。

また、この場合、音声プランの最低利用期間内の場合のSIM交換の場合は「契約解除料」もかかります。

容量の変更は、25日までの手続きならば、翌月から変更後の容量が適用されます。

この場合、月額料金自体も翌月から変更後のGBの金額に変わります。

毎月毎月容量オーバーしていたら、それはそれで使いにくいので契約ギガ数を変更する方が使いやすいです。

DTI SIMは使用容量が分かるアプリ等は提供されていませんが、MyDTI(マイページ的な物)にログインすれば、利用できる「残容量」は確認できます

DTI SIM検討時に上限の超過が心配になった時のまとめ

という事で、DTI SIMを利用する際に上限の超過が心配になる事があるかも知れませんが、

  • 速度制限されるだけ
  • 自動で請求される様な費用はない
  • 制限された速度でもネット検索、SNSはある程度できる
  • 追加チャージ可能
  • 容量の変更も無料でできる

ので、費用の面でも超過後の選択肢の面でもほぼ心配しなくてOKです。

DTI SIM