mineoに家族で申し込もうと思っても、

  • 住所が違ってもシェアできるのか?
  • 住所が違っても家族割適用できるのか?

って迷う事があると思います。

「できるんだったら家族でまとめてmineoにしたいんだけどな」みたいな感じで。

心配になる事があるかも知れませんが、この2つはmineo↓はどっちも可能です。

ちゃんとシェアできますし、家族割も適用できる所です。

mineo

以降の目次

  1. 住所が別の家族とシェアするにはパケットギフト
  2. 別住所の家族だけ「パケットシェア」はできない事に一応注意
  3. 家族割を適用するには証明書類をアップロード
    • 家族割が適用される「家族」は三親等以内
    • 最大数は5回線
    • 50円+税が割引される
  4. mineoでの離れてる家族とのシェアや家族割に関してのまとめ

住所が別の家族とシェアするにはパケットギフト

住所が違う家族とシェアするには、mineoの「パケットギフト」っていうシェアのやり方を使います。

パケットギフトはmineoに申し込み後のマイページから、あげるMBを決定してシェアする物です。

「パケットギフトコード」ってのを毎回相手に伝えてシェアする事になります。

やり方は、申し込み時に送られて来る「ご利用ガイド」等に記載されています。

別住所の家族だけ「パケットシェア」はできない事に一応注意

mineoにはシェアのやり方に、他にも「パケットシェア」ってのもあるのですが、「パケットシェア」は一緒に住んでいない別住所の家族とはできないシェアのやり方なので一応注意しておいて下さい。

同一住所の家族とは「パケットシェア」は使えます。

適用条件が「住所が同一」っていうシェアです。

※「パケットシェア」はシェアするメンバーを決めて、「繰り越したデータ容量を」、メンバー間で「自動で」分け合うっていうシェアのやり方です。

上述した「パケットギフト」(住所が違う家族ともできるシェアのやり方)は毎回自分で渡すMBを決めて分け合うっていうシェアのやり方です。
(手動でシェアする事になります。)

パケットギフトは繰り越した容量だけじゃなく、契約しているGBからもシェアできます。

関連「mineoのパケットシェアとパケットギフトの違いは何?

家族割を適用するには証明書類をアップロード

また、mineoは住所が違う家族であっても、家族割がちゃんと適用可能です。

やり方は同一住所に住んでいる家族の時にやる事と同じです。

家族割を適用するには、mineoに申請するのですが、その際に、

「同一住所かつ同一姓」なのか「左記以外」

を選ぶ項目があります。

別に暮らしている家族とシェアしたい場合は、ここで「左記以外」を選べばOKです。

こういう選択項目があるって事からも分かる様に、住所が違う(一緒には住んでない)、名字も違うって場合でも、家族ならちゃんと家族割が適用できる様になっています。「mineo」では。

その際に、「申請者が」家族の証明書類をアップロードする事になります。

家族が撮った本人確認書類の写真を送ってもらったりして、自分がアップロードできる家族の証明書を用意する事になります。

会うタイミングがあったら、そこで自分のスマホで写真撮って用意しておくのももちろんOKです。

mineo

家族割が適用される「家族」は3親等以内

家族割が適用されるのは、mineoのアカウント同士が3親等以内です。

最大数は5回線

マイネオで家族割が受けれる回線の最大数は5回線です。

50円+税が割引される

家族割の額は、もう知ってると思いますが、50円+税/月です。

家族割適用の契約関係全てが50円+税/月が月額の料金から割引されます。

mineoでの離れてる家族とのシェアや家族割に関してのまとめ

って事で、住所が違うとシェアできない事が多いのが格安SIMですが、「mineo」↓は離れて暮らしていたり、名字が異なる家族であってもちゃんとシェアできますし、家族割も受けれる様になってる格安SIMです。

疑問が出る事があるかもしれませんが、離れてる家族でもシェアや家族割に関しては安心してOKです。

mineo