DMM mobileはデータ容量(GB)の繰り越し機能があります

繰り越しは自分で何かするわけじゃなく、自動で反映されます。

繰り越した容量の使用期限は翌月末までです。

なので、自分に必要なGBを調べて、仮に「3GB」って分かったとしても、2GBの月額で済む可能性も出て来ます。
(DMMmobileは格安SIMの中では珍しい2GBっていう容量のプランがあります。)

DMM mobileは余った容量を翌月末まで持ち越しできるので、もっと安い料金プランで済ませられる可能性がある格安SIMです。

更に他に提供されている機能的にも、より少ないGBにしやすくなってる所です。

DMMモバイル

最大は契約GB数×2

データ繰越で使用可能になるGB数は最大で契約プランの2倍までです。

3GBを契約したとしたら最大6GBまでです。

  1. 3GB契約で当月に2GBを使用
  2. →繰り越しの容量は1GB
  3. →翌月使えるGBは3GB+1GBで4GB
  4. →その月に500MB使用
  5. →翌月に持ち越しされるのは3GB。4GB-500MBの3.5GBではないです。
    (前月に繰り越した1GBの内500MBをこの月に使い、残りの500MBは今月末が期限なので繰り越す事なく消滅します。)
  6. →翌月は6GB使用可能

関連:格安SIMでデータ繰越が可能な所


繰り越した容量の使用期限が翌月末までなので、最大で2倍までになります。

この間、月額料金は3GBの料金です。

持ち越した分の料金プランの額になったりはしません。

「ターボ機能×バースト機能」で余らすのはそんな難しくない

DMMmobileには高速通信のON・OFF機能(ターボ機能)があるので、低速でも問題のない用途の時はGB消費を節約、ってしていけば、GBを余らすのはそんな難しくありません

特に、DMMモバイルには、OFFの時にも初速は速い「バースト機能」があるので、メール、SNS(LINE、Twitter等)、ネット検索ならば、ずっとGB節約した状態(低速モードでの使用)でも、スマホの使用感はほぼ変わらないってのもあります。

その面でもGBを余らせて翌月に繰り越すのは、難易度低いです。

ニュースサイトやブログ等だと、1GBだと大体3490ページなので、日に116ページ見るのをずっと高速通信OFFにしておけば、1ヶ月で1GB余ります。

こんな見ない場合もあるかと思いますが、その場合には、もちろん使ってないので余ります。

上記は全部をニュースサイト等にした場合なので、その他のネット接続するアプリとか、毎日のLINEとか、そういう時もずっとOFFにしておけば、結構残っていきます。

で、使用されるのは、繰り越した分からです。

期限は翌月末まで、ですが、先に期限が短い方から消えてくので、月にちょっとでも余るのならば、契約GB分を消費する量はどんどん減っていきます。

1GB全部を残したとしたら次の月は、1GB(契約のGB)+1GB(繰り越した容量)で2GBです。

プラン変更は手数料かからない&翌月から適用も可能

また、DMM mobileは契約後も、契約している容量のプランは変更できます。

で、これが、手数料かからず、毎月24日までにやれば翌月から適用されます。

25日~月末は翌々月になります。

なので、20日頃に当月のGBの残量をアプリで見て、「この分だと今月高速通信容量がなくなる」ってなった時に、GBの変更をすれば、翌々月まで考えても余裕で使える様になります。

プラン変更はマイページからします。

「データ繰越&プラン変更」を加味すれば、自分に合ったプランの中でより安い物が選べる可能性が出て来ます。

特に「DMM mobile」はプラン数がかなり多く、細かく分かれているので、かなりやりやすいです。

DMMモバイル

利用中の大部分の月は「月額がより安いプラン」で使用可

例えば、自分が今使ってるGBを調べて、「月によって変わるけど平均1.5GB」だったとします。

この場合、データ繰越がない格安SIMだと、1GBではどの月も月末の方で足りなくなり、速度制限になります。

なので、選ぶなら3GB等、1.5GBより多い契約にするしかなくなります。
(格安SIMは1GBの次は3GBの料金プランの所が多いです。)

が、データ繰越を加味すれば、1GBの契約で充分に使える状態にもできます。

平均1.5GBの使用だと月によっては最大2GBあっても使い切っちゃう事も出るかと思いますが、利用中の大部分の月は余るので、大部分の月は「少ない容量のプラン」=「月額がより安いプラン」でスマホを使用できます。

DMMモバイルにはデータ繰り越し機能があるためです。

チャージが安い

また、月の早い段階で余りがなくなった月は、チャージするのもありです。

DMMmobileの100MBのチャージは200円です。

100MB:200円は、最安じゃないですが格安SIMの中でも安い方で、その上の500MB:600円は100MBあたり120円なのでかなり安い方です。

チャージした容量の期限は三ヶ月後の末日までです。

微妙なタイミングだった場合(中旬以降や月末付近)は、チャージするよりは、用途的に可能ならその月は我慢し、24日までに容量が上のプランに変更して、翌月から余裕を持って使う、とかの方が安い事は多いとは思います。

特に容量少ないGBのプランを使う場合。

容量を使い切ってもただ単にバースト効く低速になるだけ

また、容量を使い切ってもただ単に200kbpsの低速モードになるだけです。

で、この時には高速通信OFF時の時と同じ様にバースト転送機能が効くので、メール、SNS、ネット検索はあんま違いを感じずにできます。
(人口多いエリアの昼時などは遅く感じる事はあります。それでも遅いな~ぐらいで使えるっちゃ使えますが。)

関連:DMM mobileの低速モードってホントに充分使えるの?って時

DMM mobileのデータ繰り越しに関してのまとめ

という事で、DMM mobileに申し込む際に繰り越しはどうなんだろう?って思う事があるかも知れませんが、DMMmobileは

  • データ繰り越しアリ
  • 期限は翌月末まで

っていう格安SIMです。

で、更にDMM mobileは、

  • ターボ機能アリ(高速通信のON・OFF機能。GBが節約できる。)
  • バースト機能アリ(低速モードでも初速速い。SNSやネット検索ならピーク時以外なら大概充分。)
  • プラン変更が容易
  • プラン数が多く細かい(丁度良いのが選びやすい)
  • チャージが安い

って所なので、月額がより安いGBにしやすく、スマホ代を安くしやすい格安SIMです。

そもそもかなり安いのがDMM mobile↓ですが、利用できる機能的にもより安くしやすいって感じです。

また、データ繰越分を含め容量オーバーした場合、追加料金等が気になる事があるかも知れませんが、自動的にかかる費用はないのでその面は安心してOKです。

DMMモバイル