LINEモバイルは、LINEのID検索ができる格安スマホの会社ですが、年齢認証をしてもIDで友だち追加を許可は自動でONにはなりません。

また、ずっとONの状態で使わなきゃならないわけでもありません。

必要な時にON、ID検索されたくない時はOFFのままLINEを使うって事は普通にできます。

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の時と同じ様に使えます。

携帯やスマホ関係に苦手意識があると、知らない所で勝手にやられちゃうと怖いなって不安が出る事があると思いますが、LINEモバイルの年齢認証後のID検索機能に関しては心配しなくてOKです。

LINEモバイル

年齢認証してもOFFはそのまま

年齢認証しても、「IDで友だちを追加を許可」は、年齢認証する前と同じ状態でOFFのままです。

私は、LINEモバイルで年齢認証して、
「年齢認証結果 ID検索可」
にしましたが、プロフィールやプライバシー管理にある「IDで友だち追加を許可」はOFFのままでした。

あくまでも、自分で、ON・OFFを切り替えた後に状態が変わります。

必要な時だけIDで友だち追加を許可にしたいって時があると思うので記載。

ずっとONになるわけじゃない

また、一度ONにしてもずっとONでラインを使わないといけないわけではないです。

必要に応じてOFF・ONは切り替えて使えます。

LINEモバイルでも、docomoやau、Softbankと同じ様に使えます。

連絡帳のアップの状態も変わらない

また、同じ様な心配事として、連絡帳をアップロードして友だちを自動で追加の事もあると思いますが、これもやらずに「IDで友だち追加を許可」ができます。

これからライン始めるけど、連絡帳に入ってる人全員じゃなく、必要な人とだけLINEで友だちになりたいって事があると思いますが、LINEを始める時などに連絡帳をアップして自動で友だち追加をしない様にしてラインを使い始めたならば、LINEモバイル乗り換え後に「年齢認証」してもちゃんと同じ状態で使えます。

まとめ

LINEモバイルで年齢認証をしても自動でONにはなりません。

LINEモバイル以外の格安スマホでは、離れた相手と友だちになるにはQRコードのURLを使う必要がありますが、LINEモバイルでは、年齢確認をすればLINEのID検索自体が可能になります。

で、そのID検索機能の使い方も、相手にLINEのIDを教えてもらう、又は、相手に自分のLINE IDを教える→LINEの設定からIDで友だち追加を許可をオン、で、必要なくなったらオフって使い方がちゃんとできます。

LINEモバイルだと「LINE」ってついてる格安SIMなので、年齢認証してID検索機能を必要な時に使おうと思っていると、心配になる事があると思いますが、年齢認証したからといって、自動で勝手に「IDで友だち追加を許可」がオンになる事はないので安心してOKです。

あくまでも自分でONにした場合に、相手からIDで友だち申請できる状態でラインを使えます。

年齢認証してID検索できる様にしたとしても、あくまでも自分でONにしなければ、OFFのままです。

ちなみに、LINEモバイル契約してればSIMカード挿してなくてもID検索を使える様にできます。

また、LINEモバイル使ってても、年齢認証せずに使う事もできます。

ついでにいうと、利用者連携や契約者連携自体もせずに使うことも可能です。

これらは、LINEモバイルの使い心地が便利になるってだけで、使うにあたっては別に必須な物ではないので。

更に言うと、使うSIMカードをLINEモバイルにするからといってライン自体の利用も必須なわけではないです。

ライン利用者じゃなくてもLINEモバイルは使えます。

という事で、LINEモバイルにおける「IDで友だち追加を許可」についてでした。

LINEモバイル

スポンサーリンク